目利きが夢中になるのはコレ! 麗しマダムの最新美容ニュース 五選

2017年2月27日
多くの美容情報の中から、エクラ世代の肌を変える力をもつ "効くコスメ・施術" を鋭く見ぬき、それらを駆使して美肌をキープしつづける美容業界のJマダムたち。そんな彼女たちが私的にハマっている特上の美容ネタ、ホントは人に教えたくないマル秘情報をスクープ。その魅力を、リアルボイスとともに惜しみなくお届けします。

1. ゆらぎがちな季節。優しいけれどパワフルなケアをお探しのかたへ

花粉症や大気汚染により、肌がゆらぎがちな季節。そんな季節でも、安心して果敢にエイジングケアできると信頼を寄せる人が多いのがこの2品。リニューアル前からずっと愛用する、美容ライターNによると、「皮膚が薄く、花粉症のためひどくゆらぎがちですが、ただ優しいだけだともの足りないんですよね。これは、無添加処方で刺激レスなのに、しわにもたるみにもガツンと効くんです。 さらに、この時期、肌が化粧水の浸透を拒絶しがちですが、たっぷり潤ってキープできるところもお気に入り」。
(上)荒れた肌にも潤いが隅々まで行き渡り、ふっくらとしたハリのあるつややかな肌へ。BC 化粧液 30㎖ ¥2,857・(下)肌を柔らかくほぐしつつも、しっかり潤いキープ。BC 乳液 30㎖ ¥2,857/ファンケル化粧品

What's New新着記事

FEATURE
ランキング