ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

<保険のギモンQ&A②>これって入るべき?解約するべき?【アラフィー・保険の見直し】

ふだんあまり身近でない保険は、よく分からないことがたくさん! 気になるあんなことやこんなことの疑問に、ファイナンシャルプランナーの清水さんがお応え。今回は「入るなら「女性向け保険」がいい?」「先進医療特約」はつけるべき?」「貯蓄型保険は解約するべき?」といった読者の声にアドバイス。

教えてくれたのは…

ファイナンシャルプランナー 清水 香さん

ファイナンシャルプランナー 清水 香さん

FP&社会福祉事務所OfficeShimizu代表、生活設計塾クルー取締役。社会福祉士。著書に『どんな災害でもお金とくらしを守る』(小学館クリエイティブ)ほか。

Q.入るなら「女性向け保険」がいい?

A.女性特有の病気だからといって医療費負担が増すわけではありません。

「女性特有の病気を手厚く保障する『女性向け保険』が気になるかたも多いかもしれません。でも女性特有の病気の治療でも、もちろん健康保険を使えますし、民間の医療保険でもカバーされます。『女性向け』と名づけて、女性に入ってもらおうという戦略ともいえます。私はあえて入る必要はないと思います」

保険のギモンQ&A

Q.「先進医療特約」はつけるべき?

A.メリットがあるのはほんのひと握りの人だけ。

「『先進医療』の特約をつける医療保険が増えています。先進医療は保険外診療なので、高額療養費制度が使えず、約300万円かかる重粒子線治療などがあります。ですが、実際にこの治療を受けている人が少ないのは、保険診療にまだ含まれていない、いわば実験段階の治療だから。それでも試したい人の特約です」

Q.貯蓄型保険は、やっぱり解約したほうがいい?

A.今からは入るのは検討が必要。契約時期によってはお宝保険も。

「貯蓄型保険は、今は超低金利なので今から入ることはおすすめではありませんが、大昔に入った保険は、金利が高い『お宝保険』の可能性もあります。特に50代のかたは、そんな保険をもっているかたも多いかも。掛け金総額より満期金が大きく上回るなら、そのまま満期まで持ち続けたほうがお得でしょう」

What's New

Feature
Ranking