「50代、今が保険の見直しどき?」の疑問にプロが解説!【アラフィー・保険の見直し】

20代のころや結婚したばかりのころに入った“保険”、「今の自分に合っていない気がする」「いつか見直さなきゃ」――、そう思っている人は必見! 実はアラフィーは、保険を見直すちょうどいい時期。ファイナンシャルプランナーの清水さんが、アラフィーが保険を見直すべき理由をしっかりと解説します。

教えてくれたのは…

ファイナンシャルプランナー 清水 香さん

ファイナンシャルプランナー 清水 香さん

FP&社会福祉事務所OfficeShimizu代表、生活設計塾クルー取締役。社会福祉士。著書に『どんな災害でもお金とくらしを守る』(小学館クリエイティブ)ほか。

保険は“間つなぎ”。いらなくなったら“卒業”も

「実は私も、最近保険を見直したんですよ」と話すのは、自身もアラフィーのファイナンシャルプランナー・清水香さん。

「子供がこの春に大学に入学しました。教育費の支払いのメドがたったので、生命保険はぼちぼち不要だなと思い、一部を解約しました」

アラフィーは、夫婦の定年まであと10年ほど。今後の収入や貯蓄について考え直し、老後資金もしっかり準備していきたい時期。子供がいる人は、そろそろ手が離れ、教育費の必要がなくなるケースも多いはず。「アラフィーはまさにライフステージの大きな変化がある時期ですよね。保険が本当に必要かどうか、見直すのにいいタイミングなんですよ」。

若いときに職場に保険の営業さんが来て、よくわからないまま保険に入り、そのままずっと入り続けているかたも多いはず。でも保険は、貯蓄がしっかりできるまでや、保障が不要になるときまで入る、いわば“間つなぎ”だと清水さん。

「保険にずっと入り続けていると、老後資金などの貯蓄がなかなか進みません。保険は一生入り続けるものではなく、“いつか卒業するもの”だと考えて」
保険が本当に必要かどうかを見直す

「損・得」ではなく、「必要なのか」で判断を

保険を見直す際に知っておきたいことが、まず「人のリスク」には公的制度があるということ。「損害や賠償に比べ、病気やけが、死亡など“人”に対する公的制度は整っています。それを知らずにたくさんの保険に入っていることも多々。実は保険がまったく不要か、保障がもっと小さくていいという可能性もあるんですよ」

とはいえ、保険が不要だと頭でわかったとしても、「これまでずっと保険料を払ってきたのにもったいない」「保険をやめたあとに、何かあったら損をしてしまう」と不安になることも多いはず。

「それはよくある誤解です。保険は“得するため”ではなく、万が一の際に必要な保障を得るために入るもの。漠然とした不安に備えられるのは、保険ではなく“貯蓄”のほうが万能。保険が不要なら、保険料を払っている分を貯蓄にまわせば、大きなお金が貯まります。今は長生きする時代で老後資金の準備も大切。保険は『本当に必要なのか』で判断しましょう」

What's New

Feature
Ranking