齋藤薫さんが語る「2020年スキンケアコスメの傾向」【美肌ベストコスメ大賞2020】

私たちの生活が大きく変わった2020年。美容的にも特別な年で、実は2020の節目に向け、多くのブランドが“革命的エイジングケア”を黙々と用意してきたという。美容ジャーナリスト・齋藤薫さんが、実際に試して感じた今年のスキンケアコスメの傾向をご紹介。

綺麗を諦めない。エイジングケア革命の2020年
美容ジャーナリスト 齋藤 薫さん

“特別な一年”となった今年、美容的にも特別な年で、実は2020の節目に向け、多くが“革命的エイジングケア”を黙々と用意してきた。例えば、10年を超える研究期間を経て満を持して発表されたのが、ポーラ B.Aの“異次元の遺伝子ケア”。正直、遺伝子の話は途方もなさすぎて、何がどう効くのか、実感が持てなかったが、今度の B.Aは違う。生まれつき綺麗な人は何もしなくたって綺麗で、そうでない人は何をしても綺麗になれないという「遺伝子には勝てない」的諦めを一掃。これまで遺伝子のゴミ箱とされてきた98%の領域が、実はすべてケアできる、だから数十年分の肌状態を遡れると言う、とんでもない新事実と取り組み、結果今年最高の評価を得た。でも一方、衰えた肌を立て直すスピードを競うような、肌再生、肌蘇生といった究極の目的を持つ蘇りモノも目白押し、今年を更に特別な年にした。

例えばイヴ・サンローランのオールージュ、ヘレナ ルビンスタインのプロディジー、シスレーの集中ケアと、最上級にして最高額のケアがここまでのレベルで揃い踏みしたことは過去なかっただろう。4万、6万、10万円の強気な価格にも違和感がないのは、今年が物理的にも精神的にもスキンケアを極める年だったからか。

最大の肌悩み「たるみ」には、別格のハリ弾力が次々と!

もう1つの目玉となった懸案の“たるみ”にも各社プライドをかけ、それぞれ最強のリフト技を出してきた。ディオール プレステージのローズパール1万個入り、美し過ぎるオイル美容液を筆頭に、コスメデコルテやラ・プレリーといったリフトケアに定評があるブランドが、別格のハリを競うシーズンとなった。さらなるキーワードは「夜」。シャネル サブリマージュの夜用美容液は、睡眠中を1分たりとも無駄にしない濃密処方で一晩中回復と修復を行い、ハリ弾力を作りつづけるし、クレ・ド・ポー ボーテも夜集中。ゴースト毛細血管を蘇らせつつ、簡単マッサージで他を圧倒する弾力を狙う。

かくして、リフトケアが注目の年は、化粧品が効きまくる。一品で感動できる精鋭たち、ぜひ臆せず挑んでみてほしい。

《Jマダム®にアンケート!》「あなたが一番気になる肌悩みは?」

Jマダム100人に緊急アンケートを実施したところ、以下の6つの肌変化に悩んでいる人が多数。発売中のエクラ1月号では、この悩みを解決するコスメを自信をもってご紹介。お見逃しなく!

1位 たるみ

2位 ハリ、弾力不足

3位 顔のしわ

4位 目もとのたるみ&しわ

5位 くすみ

6位 肌力の低下

What's New

Feature
Ranking