[富岡佳子 私服レシピ] <デザインシャツ> part2

2017年4月1日
富岡佳子さんの私服を見せるファッション・ レシピ連載。第5回目は、冬のトレンドにもなったデザインの効いたトップス。この春も人気継続の様子に富岡さんは、「ほんのり甘めディテールのデザインシャツは要チェック! おしゃれの楽しみが広がりそう」とウキウキ。

張りのある素材感がシャツの甘さを軽減

フェミニンなパフスリーブは一見ハードルが高いように思われるかもしれませんが、見た目以上に張りのある素材感がボリューミーなデザインとうまく調和しているため、デザインの割には冒険度は低め。いつものシャツの延長線上で取り入れられます。インパクトのあるトップスがあれば、定番ボトムも今年らしいムードに着こなせます。この春は、デザインシャツが断然新鮮!

私服レシピ

トップスをデザインの効いたシャツにするだけで、デニムスカートでもきれいめスタイルに。「ランチなど着席の日はおしゃれトップスは本当に便利。大きめパフはそのままだと割烹着のようですが(笑)、たくし上げると今年トレンドのバルーンスリーブに」。
Shirt:THE IRON
Skirt:MOTHER
Bag:Valextra
Shoes:CÉLINE
Choker:SOPHIE BUHAI
Watch:Cartier
Ring(Silver):white buffalo
(Pearl):YASHIMA PEARL
Earing:TIFFANY & CO.

What's New新着記事

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング
FOLLOW US
編集部から届くメールマガジン
会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載
新規会員登録