キュヒョンさんが「ミュージカル俳優として大事にしていること」【韓国ミュージカルのまぶしい男たち】

実力者たちが数多くそろっている韓国ミュージカル界では、K-POPスターの活躍も目立っている。その代表的存在がSUPER JUNIORのメインボーカルとして活躍するキュヒョンだ。韓国で20年にわたって愛されてきた創作ミュージカル『ウェルテル』に5年ぶりに出演した彼に、舞台にかける思い、ミュージカル俳優として大切にしていることに加え、メンバーとのエピソードについても伺いました。
キュヒョン

キュヒョン

’88年、韓国ソウル生まれ。’06年にSUPER JUNIORに加わり、グループ内ユニットSUPER JUNIOR-K.R.Y.としても活躍。’10年に『三銃士』でミュージカルデビューし、除隊後の復帰作として’20年は『笑う男』に初挑戦した。

「ウェルテルになりきった僕を通して、愛と情熱の深さを感じてほしいですね」

演じていて気の毒にも思う愛にまっすぐなウェルテル

俳優それぞれの違いが楽しめるのが、複数キャストがいるミュージカルのよさでもある。繊細で知的なキュヒョン版ウェルテルは、愛に苦しむ青年の純粋さと苦悩を表現した素直な演技と、憂いを含んだよく響く歌声が憐れみを誘う。演じていた本人も、ウェルテルを気の毒に感じたようだ。
キュヒョン1
「初めて出演したときもそうでしたが、演じているうちにウェルテルという人がとてもかわいそうだと感じました。彼とロッテは魂のパートナーのような間柄ですが、ウェルテルは彼女にとって遅れてきた相手なんです。ロッテが安定感のあるアルベルトという婚約者を選択したのは僕も理解できます。役柄設定もですが、実際にアルベルト役の先輩俳優たちは背が高くて体格もよく、かっこいいんです。だからウェルテルがより哀れなんですよ。もちろん、ウェルテルはモラル的に正しくない行動もしますが、愛にまっすぐな彼の深い思いと情熱を見ていただきたいですね」
キュヒョン2
舞台にいるのは歌手キュヒョンではなく、あくまでもウェルテル。今回の出演で役柄への理解をさらに深め、改めて存在感を高めた。そんな彼がミュージカル俳優として大事にしていることに加え、メンバーとのエピソードについても教えてもらった。
キュヒョン3
「舞台の性格によって変わると思いますが、歌がメインの作品ではのどのために禁酒をして、極力話さないようにしています。『ウェルテル』のような演技が重要な作品では、感情をコントロールし、より没頭するために幕間の休憩時間は共演者たちとできるだけ会わないようにしていました。そうやって愛情をもって演技に臨んでいるのに、(SUPER JUNIORメンバーの)ヒチョル兄さんはアルベルトのほうがかわいそうだというんです(笑)。『笑う男』のときは来られなかったヒチョル兄さんと(同じくメンバーの)シウォン兄さんが、今回は来てくれたんですよ。メンバーたちは、だいたいいつも舞台を見にきてくれますが。今は(グループでの)公演ができないので、’21年はコンサートツアーができたらいいですし、ミュージカルを少なくとも毎年2作品はやりたいなと思っています。今回の『ウェルテル』は日本の皆さんには映像で見ていただくので生の舞台とは違いますが、劇場のリアルな雰囲気がうまく伝わったらいいなと思っています。そして、次は僕の生の舞台を見にきてもらえたらうれしいですね。期待して待っていてください!」
キュヒョン4
◆韓国ミュージカル「ウェルテル」(主演:キュヒョン)
CS衛星劇場にて、2月28日(日)午後1:00~ テレビ初放送!
出演:キュヒョン イ・ジヘ イ・サンヒョン キム・ヒョンスク イム・ジュンヒョク

What's New

Feature
Ranking