ファッションで応援! 児童養護施設などを巣立った子供たちへ

~児童養護施設などを巣立った人たちのその後を支える「+IPPPPO PROJECT」(プラス・一歩・プロジェクト)が発進。アフターケア相談所「ゆずりは」と手を繋ぎ、「ファッション」から生まれるポジティブな力を、社会問題に繋げて、新しい循環を作っていきます。~
ファッションで応援! 児童養護施設などを巣立った子供たちへ_1_1
スタイリスト井伊百合子さん、編集者渡部かおりさん、PR枝比呂子さんが主催する「+IPPOPROJECT」。

寄付先は児童養護施設などを巣立った人たちのためのアフターケア相談所、「ゆずりは」。

代表の高橋亜美さんによるお話しで、「貧困や虐待の問題は繋がっており、その解決の糸口も繋げて考えてゆく必要がある」と改めて感じたとことから、このプロジェクトがスタート。
こんな問題を1人でも多くの方に知っていただくきっかけを作りたい、考えるだけでなく行動したい・・そんな思いをもとに、このプロジェクト名そのままに、一歩踏みだす事を大切に。

早速、第一回目の「ドネーションバザー」が開催に!


<第1回目の活動「ドネーションバザー」について>
 編集者渡部かおりさんとプロデューサー塩見祥子さんが主催する「THE SHE」にてオンラインバザーを開催。持ち物を循環させることで、社会貢献につなげることを目的としています。今回は、ファッション関係者の皆様にお声がけし、愛用していらっしゃる洋服や雑貨などを寄付していただいて、ウェブ上でバザーを開催。
総点数は「100点」。運営費を除いた売り上げのすべてを児童養護施設を出る子どもたちの自立支援を支える、アフターケア相談所「ゆずりは」へ寄付。
「THE SHE magazine」にて「+IPPO PROJECT」コンテンツを設け、対談やインタビュー、取材などをしてこの活動を広げていくとともに、寄付の詳細やレポートを記載予定。
また、オンラインだけではなく、実際に手に取って選んでいただけるPOP-UPSHOPも3月に開催を予定しています。

ドネーションバザー開催日

≪オンライン≫
2021年1月13日(水)~2月28日(日)/会場:THE SHE特設サイト内
≪POP-UP SHOP≫

2021年3月6日(土)~3月8日(月)/会場:ヘアサロンTWIGGY.ギャラリースペース「Flat101」東京都渋谷区神宮前3-35-7-1F
ドネーションバザー参加者23名(五十音順・敬称略)
伊藤信子(スタイリスト)市川実和子(モデル・女優)江藤公昭(パピエラボ)小川夢乃(スタイリスト)KASUMI(モデル)草場妙子(ヘアメイク)河村慎也(ヘアメイク)河村敏栄(MAGBYLOUISEオーナー) 木津明子(スタイリスト)合六美和(編集者)
サリュコワマリア(MOYSTOREディレクター/JOHNBULLPR)三部正博(フォトグラファー)
柴田隆寛(編集者)竹厚綾(モデル)長澤実香(スタイリスト)長島有里枝(写真家)平野太呂(写真家) 平野妃奈(NO.12 GALLERY)古田千晶(スタイリスト) 松浦美穂(TWIGGY.オーナースタイリスト) 増崎真帆(マネージメント) 松原博子(フォトグラファー) 山野英之(グラフィックデザイナー)
寄付先「アフターケア相談所ゆずりは」
社会的養護のもとを巣立った人達のその後の人生をサポートするアフターケア相談所。児童養護施設や里親、同じようなアフターケアを担う団体など、支援する側からの相談なども幅広く受け付けている。代表は高橋亜美さん。

What's New

Feature
Ranking