肌くすみもクリアに!カジュアルリッチなシルクバンダナの巻き方【マダム戸野塚の“今どきスカーフ”の取り入れ方】

“今どきスカーフ”を極めれば、おしゃれレベルも顔映りも上々。こなれた雰囲気に仕上がる巻き方を、マダム戸野塚ことスタイリストの戸野塚かおるさんがアドバイス。今回は、初心者にもおすすめのシルクバンダナをご紹介。
エルメスのシルクバンダナでリッチカジュアルコーデのRINA

つややかなバンダナが、ニットを心ときめくものにしてくれる

「トライしやすく、入門アイテムとしておすすめなのはこのシルクバンダナ。バンダナならではのちょっとした遊び心とシルクのつやめきが相まって、今こそ目ざしたいカジュアルでリッチな大人のムードをかなえてくれます。ざっくりとした風合いのニットやカットソーをまとったときに、素肌のくすみを感じたときにも、このカジュアルなシルクの光沢感は有効。つやっぽさは気持ちにもダイレクトに作用するから心もきっとときめくはず」。

シルクバンダナ¥28,600・帽子¥97,900/エルメスジャポン(エルメス) ニット¥53,900/コロネット(エアロン)

エルメスのシルクバンダナ《ブリッド・ドゥ・ガラ》

シルクバンダナ《ブリッド・ドゥ・ガラ》(55×55)¥28,600/エルメスジャポン(エルメス)

優美でエッジーなシルクツイルバンダナ

優美でエッジーなシルクツイルバンダナ

式典用馬具のモチーフをモダンなバンダナ柄に昇華。「最初に対角線上の2つの角を結び、きゅっと引っぱる」

スカーフ巻きかたレシピ
「余った2つの角を結び目の中に折り込み棒状にする。そのまま首に巻いて後ろで結んで完成」
スタイリスト 戸野塚かおる
とのつか かおる●雑誌やカタログのみならず、ハイブランドの買い付けなどにも指名されるなど幅広く活躍。個人向けにスタイリング提案を行うパーソナルスタイリングも大好評。 Instagram:kaoru.tonotsuka

How to動画も必見!

What's New

Feature
Ranking