年齢で似合う色・デザインは変わる?どう着こなせばいい?【スタイリスト大草直子のおしゃれ悩みQ&A】

スタイリスト大草直子さんが、編集部に寄せられたアラフィーのおしゃれ悩みに徹底回答。大草さんの愛ある言葉と明快な解説でおしゃれの基盤を見直そう。今回は、年齢とともに感じる好きな色やデザインへの違和感をピックアップ。
スタイリスト 大草直子さん

スタイリスト 大草直子さん

おおくさ なおこ●スタイリングの提案にとどまらず、私設メディアの開催、ブランドとの商品開発、トークイベント、執筆などエネルギッシュに活動中。5回目となる本誌でのお悩み相談企画も毎度大好評。
Instagram:naokookusa

Q.年をとるにつれて白が似合わなくなってきた気がします。アラフィーにも似合う白の選び方、着こなし方はありますか?

A.真っ白ではない「白」を選びましょう。モード感のある小物を加えるのもコツ。

青みを帯びた眩しい「真っ白」は、若い子たちの白。大人の白は、素肌にすっとなじむ、ほんのりと黄みを含んだ柔らかくて品のある「白」です。合わせる小物は、黒などモダンで強めなものを。素材感の異なる白を重ねるだけでも、よりおしゃれ上手な印象になりますよ。

全身白コーデのスタイリスト 大草直子さん
シャツ¥27,500/サザビーリーグ(エキップモン) ワンピース¥35,200/エスケーパーズオンライン(ル ディセット セプトンブル) サングラス¥49,500/グローブスペックス エージェント(アーレム) バングル¥29,590/ズットホリック(ソコ) リング〈右手、グリーン〉¥30,800/アルティーダ ウード(アルティーダ ウード) リング〈右手、ライトグリーン〉¥148,500/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) バッグ¥47,300/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥97,900/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

Q.大人になってもやっぱり「かわいい」が好き。取り入れ方のポイントとさじかげんを教えてほしいです。

A.「かわいい」は、顔から離した場所にしてみる。そして髪型を見直すのも手。やや辛口、マニッシュに仕上げると服とのバランスがとりやすくなりますよ。

例えば、ピンクのブラウスを着ていたのなら、ボトムに移行。顔から離してみるだけで印象は変わります。そして髪型をチェンジするのも効果的。セミウェットにするなど、辛めな女性像で「かわいい」を取り入れると、ぐっと大人っぽくなります。

Q.似合う色は変わるものですか? 年齢を重ねた今、自分に似合う色の見つけ方を改めて知りたいです。

A.「年齢によっても変わります。写真を撮って客観的に似合うか見直してみるのも効果的ですよ。

好きな色をずっと信じて身につけるのはとても尊いことですが、肌の色もうっすらと変わってくるのが大人の現実。今の自分に似合うかどうか、一番わかりやすいのは、似合うと思っている色の服を着て、写真に撮る。そして自分の目で確認してみること。そうやって客観視することは、おしゃれを前進させるためにもとても有効。ぜひ試してみてください。

What's New

Feature
Ranking