読者のおしゃれにまつわる悩みに大草直子さんが回答!【スタイリスト大草直子の「おしゃれ塾」】

エクラ本誌で毎度大好評のスタイリスト・大草直子さんによるお悩み相談企画。今回のテーマは、「アラフィーのおしゃれの基盤の見直し」。早速、読者Y・Mさんからから寄せられたお悩みに、大草さんがアンサー。
スタイリスト 大草直子さん

スタイリスト 大草直子さん

おおくさ なおこ●スタイリングの提案にとどまらず、私設メディアの開催、ブランドとの商品開発、トークイベント、執筆などエネルギッシュに活動中。5回目となる本誌でのお悩み相談企画も毎度大好評。
Instagram:naokookusa
悩みのつきないアラフィーを救済したい!
スタイリスト 大草直子さん
ブラウス¥89,100/イーストランド(コー) デニムパンツ¥8,470/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) ピアス¥35,200・ネックレス〈パール〉¥84,700・ネックレス〈コイン〉¥25,300/マリハ(マリハ) ネックレス〈ハート〉¥97,900(ベッティーナ ジャヴァエリ)・ネックレス〈ターコイズ〉¥70,400(ミズキ)/以上RHC ロンハーマン リング¥426,800/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) 靴/大草さん私物(ロペ)

Dear, 大草直子さま

はじめまして。大草直子さんの大ファンで、いつもいろいろな記事を拝読し、参考にさせていただいております。

若いころからおしゃれは好きなほうで、雑誌を読みながらいろいろなおしゃれに挑戦してきました。20代、30代とそれなりに楽しんできましたが、40歳になり少し違和感が。そして45歳を過ぎたころから顕著に、特にベーシックアイテムがこれまでのように着こなせなくなってしまいました。体重もあまり大きく変わっておらず、実際のところ洋服のサイズも30代からはほぼ変わっていません。

ならばと、バッグや靴など小物で今っぽくおしゃれ上手に見せたいと買ってみるのですが、手持ちの服とのバランスがしっくりこなくて、結局手にするのは見映えのしない無難なものばかり。明るい色が好きだからと選んでみても、おしゃれというより奇抜で痛々しく見えてしまうのではないかと、なんとなく落ち着きません。洋服もバッグも靴もそれなりに数はあるのですが、コーディネートがうまくいかず、出かける前に鏡の前でうんざり。そんなことばかりでなんとなく消極的になってしまいます。

若いころと同じようにとは望みませんが、今の自分なりにおしゃれが楽しめたら、もっと気分もよく、自分自身にももう少し自信がもてるのではないかと思ってしまいます。ぜひ大草さんのポジティブな意見をおうかがいしたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

エクラ読者Y・M より


スタイリスト 大草直子さん
バッグ(H17×W20×D14.5㎝)¥19,800/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) ニット¥22,000/コロネット(スコッチ アンド ソーダ) スカート¥38,500/カレンソロジー 青山(カレンソロジー) ピアス¥121,000/ボン マジック

シャツが、ジャケットが。あんなに愛していた「ベーシックなアイテム」は、いつから私と距離ができてしまったのだろう? そんなふうに気づくタイミングは、私たちにとっての“ベーシック”を見直すとき。

全体的に柔らかく女性らしくなった輪郭には、少しゆるやかなシルエットのシャツが似合うし、意外と長いジャケットのほうがしっくりくることも。

とろみとゆるさのある素材は、明らかに以前よりなじんでくれます。

コーディネート
ニット¥63,800/サザビーリーグ(マーレット) パンツ¥50,600/ロンハーマン(ロンハーマン) バッグ¥20,900/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町(マニプリ) 靴¥86,900/トッズ・ジャパン(トッズ)

ベーシックは変わらないこと、ではありません。服を選んで着こなす、という地道な訓練を20代のころから回数を重ねた今、もっとフィットする一枚が必ずあるから、それを自分らしく着こなして。

色や小物選びもそう。

セレクトの仕方さえ見直せば、ワードローブそのものが整えられますよ。そして、きっと違う自分を、鏡の中に発見できるのです。

アイテム
バッグ(H14.5×W16×D12㎝)¥152,900/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ) 靴(H8.5㎝)¥104,500/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) シャツ¥20,900/カレンソロジー 青山(カレンソロジー) デニムパンツ¥39,600/マディソンブルー メガネ¥48,400/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ブレスレット¥40,700/ズットホリック(パズ コレクティブ)

迷ったときにはこの記事を見返してくださいね。きっと、この解答集には探している答えがあるはずです!

Y・Mさんはじめ、質問を送ってくださった皆さま、ありがとうございました。

from Naoko Okusa

次回から大草さんのベーシックアイテム更新テクニックをご紹介。お楽しみに。

  • 大草直子さんが提案!女性らしさ2割増し「50代のフェミニンスタイル」

    たっぷりと着込むうえに、マスクでメイクも隠れてしまう今年の冬は、いつにも増して"女性らしさ"を見せにくくなりそう。そんなときは、服や小物の力を借りてフェミニンなムードをプラスするのが正解!今までよりも女性らしさを2割増ししている大草直子さんの最新スタイルと、大人にちょうどいいフェミニンスタイルをかなえるアイテムたちをご紹介!

  • 50代の新しい日常のスタイル「ワンマイルコーデ」おしゃれプロ&読者スナップ集

    生活様式の変化で、これまで以上にご近所、ワンマイルの比重がアップ。そんなときに選ぶ服こそ、自分が本当に着たい服。アラフィー女性が行きついた〝心地よく〟〝気分が上がる〟おしゃれスタイルとは?誌面でも大活躍の「おしゃれプロ」、トレンドにアンテナを張って時代の流れに敏感な「読者ブロガー&インスタグラマー」のワンマイルスタイルを大公開!

What's New

Feature
Ranking