落ちにくいアイメイクをオフする「極・大人のクレンジング道」 五選

2017年5月17日
最近は「落ちにくいコスメ」も進化しているだけに、どう落とすかが問題。専用のリムーバーを使うのはもちろん、厄介なのが種類によって落とし方が違うところ。まずは、自分が使っているアイテムが何タイプなのかをチェックして、それぞれに合った落とし方を選択することが大切。今回は一番複雑なお湯落ちマスカラ×ウォータープルーフアイライナーの2タイプ混合のアイメイクの落とし方をマスターするべく、スキンケアのプロに大人専科のクレンジング方法を聞いた!
クレンジング道 師範・水井真理子さん
トータルビューティアドバイザー。肌を見るだけで生活スタイルや食生活まで見ぬいてしまうカウンセリングが大人気。美肌に導く的確な美容法を雑誌などを中心に提案。エステティシャンとしても多くの肌に触れている。

1. 最初にお湯落ちタイプを部分的にオフするのが鉄則

お湯落ちタイプのマスカラやアイライナーはリムーバーをつけるとかえって落ちにくくなる場合も多いので、まずはその部分だけお湯で落とすのが正解。綿棒を37℃以上のお湯につけ、根元から毛先に向かってマスカラをからめとるようにくるんとさせてオフする。

What's New新着記事

  • おいしい食材を使った旬のグルメNEWS 五選

    eclat3月号では、素材を引き立てるシンプルな味付けが魅力の『荒木町 たつや』、九州の食材の魅力を最大限に引き出す『リストランテ Kubotsu』、米にとことんこだわって作られた日本酒『守破離 no title.』など最新のグルメ情報五つをご紹介。

    eclat五選

    2018年2月21日

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

    「最近どうもデニムが似合わない」そんなモヤモヤを抱えているなら、ぜひブラックデニムを取り入れてみてほしい。インディゴにはないスタイリッシュさ、下半身をすっきりと細見えさせてくれるシャープさ、デニムならではのこなれ感はエクラ世代にこそうれしい要素。今どきなブラックデニムが一本あれば、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング