50代が選ぶべきカラーは「ライトグレー」「濃ベージュ」の2択で決まり!

ワードローブに欠かせない定番の2色「グレー」と「ベージュ」。この冬、グレーは明度が上がり、より軽やかに。ベージュは、赤みを多く含み、こっくりとした印象に。2色とも上品で表情を明るく見せてくれるから、アラフィー世代にはもってこい! ぜひ味方につけて!

 

 
①今年の基本色はこの2択

 濃ベージュ 

赤みを含んだ「絶妙な濃さ」がポイント。血色がよく見え、印象もぐっとモダンに。
赤みを含んだ「絶妙な濃さ」がポイント。血色がよく見え、印象もぐっとモダンに。

「独特の赤みをたたえた濃ベージュは、匂いたつようなふんわりとした華やかさを添えてくれる色。それはまるでチークのような効果をもたらし、顔まわりも全身もふんわりと上気させてくれます。いわゆるベージュ特有のコンサバ感もなく、ぱっとあかぬけて、頼りになる色です。」

――スタイリスト・徳原文子

濃ベージュの輪郭がホワイトコーデに旬のオーラをプラス

クリーンな白を重ねたパンツスタイルに、濃ベージュのコートをさらりとはおって。 光を呼び込む白と、素肌を美しく引き立てる濃ベージュの相乗効果で、何げない立ち姿も絵になり、洗練された雰囲気に。

コート¥253,000・Vネックニット¥99,000・タートルネックニット¥99,000・パンツ¥93,500/ブラミンク ピアス¥31,900・ネックレス¥23,100/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥204,600/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥52,800/アマン(ペリーコ)

 ライトなグレー 

品格あるグレーの中でも明るめの色。洗練された華やぎを約束してくれる。
品格あるグレーの中でも明るめの色。洗練された華やぎを約束してくれる。

「ホイップクリームを加えたような、ふんわりとした柔らかさ、上品な明るさをはらんでいるライトなグレーは、着るだけでリッチな幸福感を与えてくれ、まさに大人を引き立ててくれる色。素材の表情がぐっと豊かになる秋冬こそ、この色の魅力を実感してもらえると思います。」

――スタイリスト・村山佳世子

まろやかなグレーニットでリッチなつやめきを堪能して

フォックスにウールとシルクをブレンドした、しなやかで繊細なシャギーニットを素肌にまとうように装って。気品のあるライトなグレーだから、ほのかにセンシュアルでどこか知的なムードさえ漂う。同系色のウールのパンツと合わせれば、リッチ感も格別。

ニット¥39,600/ebure GINZA SIX店(ebure) パンツ¥40,700/モールド(チノ) ピアス¥15,400/ショールーム セッション(マリア ブラック) ネックレス¥39,600/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ)

 
②暖かみとリッチ感のある「ニット」

まろやかなグレーニットでリッチなつやめきを堪能して

フォックスにウールとシルクをブレンドした、しなやかで繊細なシャギーニットを素肌にまとうように装って。気品のあるライトなグレーだから、ほのかにセンシュアルでどこか知的なムードさえ漂う。同系色のウールのパンツと合わせれば、リッチ感も格別。

ニット¥39,600/ebure GINZA SIX店(ebure) パンツ¥40,700/モールド(チノ) ピアス¥15,400/ショールーム セッション(マリア ブラック) ネックレス¥39,600/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ)

トーンをそろえるだけでしゃれた雰囲気が手に入る

トーンをそろえるだけでしゃれた雰囲気が手に入る
ユニセックスなムードのニットは、ネックと身頃がドッキングする新感覚のデザイン。耳もとから足もとまで色調を整えれば、記憶に残るたたずまいに。
ニット¥56,100・ピアス¥41,800/トムウッド プロジェクト(トム ウッド) パンツ¥42,900/ebure GINZA SIX店(ebure) サングラス¥37,400/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥145,200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥68,200/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

クール&リッチなグレーでケーブルニットも大人顔に

クール&リッチなグレーでケーブルニットも大人顔に
エクストラファインウールをふっくらと編み立てたケーブルニット。クールなグレーがほっこり感を払拭し、美しくクラスアップ。タイトスカートですっきりと。
ニット¥39,600/ebure GINZA SIX店(ebure) スカート¥19,800/アストラット 新宿店(アストラット) イヤカフ¥16,500/リューク スカーフ¥26,400(参考価格)/アマン(アルテア) バッグ¥30,800/トゥモローランド(ヴァジック) 靴¥121,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

白で光を足して、ニットスタイルをアップデート

白で光を足して、ニットスタイルをアップデート
やや毛足の立ったアルパカ混のニットは、暖かくて軽い着心地が魅力。質のよいハイネックのカットソーをレイヤードすることで、顔まわりにクリーンさと美しい立体感を生みつつ、装いもぐっとノーブルに、今っぽく。
ニット¥31,900/スリードッツ青山店(スリードッツ) カットソー¥13,200/サンスペル 表参道店(サンスペル) パンツ¥30,800/デ・プレピアス¥34,100/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) バッグ¥204,600/トッズ・ジャパン(トッズ)

上品なグレーのIラインが知的なモード感を演出

上品なグレーのIラインが知的なモード感を演出
シンプルなシャツスタイルに、ざっくりと編まれたハイネックのノースリーブニットを合わせて。グレーと畦編みの風合いで、カジュアルがさりげなくこなれる。
ニット¥22,000/ショールーム セッション(アダワス) シャツ¥86,900/マディソンブルー パンツ¥18,700/アストラット 新宿店(アストラット) ピアス¥29,700/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) バッグ¥240,900/ジミー チュウ 靴¥59,400/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

バックスタイルにひと技!色の上品さで大人向きに

アダワスのグレーニット

ゆるやかなフォルムでリラクシーなムードのニットは、意外性のあるバックスタイルのスリットで印象も新鮮に。ウルトラファインメリノにカシミヤをブレンドしたソフトなグレーで、モードなデザインも大人っぽく。
ニット¥28,600/ショールーム セッション(アダワス)

スタンダードな一枚こそディテールで旬を匂わせて

マディソンブルーのグレーニット

体につかず離れずの絶妙なシルエットで、一枚でも、シャツなどをインしても、思いどおりに着こなしやすい。やや広めのクルーネックが、レイヤードスタイルの首もとを美しくこなれさせて。サックスブルーの刺繡もしゃれ見えにひと役。
ニット¥42,900/マディソンブルー

カシミヤを自由に重ねてリッチな奥行き感を満喫

アンスクリアのグレーニット

しっかりと着丈のある深めのVニットに半袖ニットをイン。カシミヤならではの柔らかな発色も、肌ざわりの柔らかさも重ねることでよりいっそうきわだつ。肘のパッチやフロントの刺繡も黒だからシャープ。
ニット¥49,500・インした半袖ニット¥42,900/アマン(アンスクリア)

装いをアップデートする新顔のノースリーブニット

ドゥロワーのグレーニット

カットソーやシャツ、ワンピースに自由にトッピングするだけで、おしゃれに新しい空気感を呼び込んでくれるゆったりシルエットのノースリーブニット。上品なライトグレーと贅沢素材で、大人の装いにもなじみやすい。
ニット¥58,300/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)

 
③甘くなりすぎない「フェミニンスカート」

「デイリーのおしゃれに欠かせないスカートもライトなグレーなら、甘すぎず大人向き。 ニット同様、素材のバリエーションも多いので、特に生地量の多いAラインのロング丈は、 その動きもおしゃれのエッセンスになってくれます。フェミニンさもほどよく、シンプルスタイルをシックに、かつバランスよく見せてくれます」

――スタイリスト・村山佳世子

透けるシルクの重なりがさりげないクラス感を演出

透けるシルクの重なりがさりげないクラス感を演出
織り模様の入った繊細なシルク素材をていねいに縫製したスカートは、同素材のシャツと合わせてセットアップスタイルに。透明感のある美しいグレーがネイビーのシャギーニットを軽やかに受け止め、華やかかつモダンに。
スカート¥165,000・シャツ¥121,000・カーディガン¥132,000/ブラミンク ピアス¥25,300/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥40,700/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) 靴¥29,700/プレインピープル青山(プレインピープル)

モードな素材感のグレーでジャケットを軽やかに

モードな素材感のグレーでジャケットを軽やかに
ライトなグレーのスカートは光沢感のあるナイロン素材。コーディネートの土台にするだけで、ジャケットスタイルがぐっと軽やかに、エレガントに。
スカート¥42,900/エイトン青山(エイトン) ジャケット¥50,600/トゥモローランド(バッカ) ニット¥38,500/スローン ピアス¥39,600/ショールーム セッション(マリハ) ブレスレット¥47,300/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) バッグ¥237,600・靴¥105,600/トッズ・ジャパン(トッズ)

シンプルコーデを特別にする贅沢なプリーツスカート

シンプルコーデを特別にする贅沢なプリーツスカート
優美なアコーディオンプリーツスカートは、ウールカシミヤの贅沢な風合いと、ライトなグレーが相まってドラマチックな雰囲気。ざっくりとしたタートルニットを合わせるだけで印象的に。
スカート¥75,900/ebure GINZA SIX店(ebure) ニット¥75,900/エイトン青山(エイトン) イヤカフ(2個セット)¥13,200(アンセム フォー ザ センセズ)・バッグ¥58,300(ア ヴァケーション)/以上アマン 靴¥68,200/ゴールデン グース 東京店(ゴールデン グース)

 
④鮮度も品格も上がる「薄アウター」

一番最後に装うアウターは、全身を包み、おしゃれの輪郭になる“締め”のアイテム。その色が明るければ、装いも、着る人の印象も確実に明るくしてくれます。かといって鮮明な色はむずかしいから、大人には、淡く、明度の高いグレーはまさにちょうどよい色なんです。トーンを上げるほど印象は華やぎ、色の上品さがおしゃれを前進させてくれます。

――スタイリスト・村山佳世子

端正なフォルムのコートも柔らかなグレーで優美に

端正なフォルムのコートも柔らかなグレーで優美に
ノーボタンのすっきりとしたフォルムで、仕立ての美しさがきわだつリバーコート。淡く繊細なニュアンスカラーをていねいに重ねれば、冬に映えるリッチカジュアルに。
コート¥121,000/モールド(チノ) カットソー¥12,100/ebure GINZA SIX店(ebure) パンツ¥39,600/デ・プレ(ベルナールザンス) ピアス¥83,600/ヒロタカ 東京ミッドタウン店(ヒロタカ) パールネックレス¥38,500/リューク バッグ¥140,800/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

合わせやすい色みのジレでレイヤードも自由自在

合わせやすい色みのジレでレイヤードも自由自在
この冬ぜひチェックしたい、チュニック丈のゆったりフォルムのジレ。グレーの濃淡のリバーシブルなので、その日の装いに合わせてみて。Tシャツから厚手のニット、さらにジャケットやコートの上にも重ねられるアレンジ力の高さも魅力。
ジレ¥107,800/アマン(アンスクリア)

明度の高いグレーならジャケットもドレッシーに

明度の高いグレーならジャケットもドレッシーに
端正でフォルムの美しいジャケットも、ふんわりと明るいトーンのグレーならぐっとモダンで華やいだ雰囲気に。オフィスのジャケットとは一線を画すエレガントさで、何げない日常のシンプルなおしゃれを美しくドレスアップしてくれる。
ジャケット¥85,800/モールド(チノ)

かっこよくても女っぽい。それは品のよいカラーゆえ

かっこよくても女っぽい。それは品のよいカラーゆえ
さらりと着るだけでドラマチックなたたずまいをかなえてくれるロング丈のチェスターコート。ベルトをきゅっと結んだり、襟を立てたり、ハンサムに着こなしても、優しげなグレーだからトゥマッチにならない。
コート¥69,300/イウエン マトフ 横浜店(イウエン マトフ)

気軽さと品のよい見た目でシーンレスに対応できる

気軽さと品のよい見た目でシーンレスに対応できる
上品な光沢感をたたえた、リバーシブルのシンプルなデザインのノーカラージャケット。ふっくらと暖かなウールの風合いは見た目以上に軽く、身につけたときのサイドスタイルも美しい。カーディガンのような気楽さで、車で移動する日にも重宝。
ジャケット¥49,500/デ・プレ

 
⑤「白」と合わせたクリーン&抜け感スタイル

白のまばゆさで、簡単かつ美しくトーンアップ!ベージュの"コク"もよりヘルシーでリッチな印象に。

素肌を美しく見せてくれる赤みのある濃ベージュに光を呼び込む白。このコンビネーションは、黄色みのあるベージュではかなえられない、いきいきとした華やぎをもたらしてくれます。 あえてほかに色を足さないのが、洗練の秘訣です。ゴールドやシルバーのきらめきを、小物やアクセサリーで散らすくらいで十分。

ーースタイリスト・徳原文子

 

白ニットがアクティブなセットアップを優雅に

白ニットがアクティブなセットアップを優雅に
モードなデザインのセットアップも、コクのあるベージュなら品よく着映える。顔まわりに白いニットを配して、抜け感を保ちつつ大人っぽい装いにシフト。
コート¥220,000・スカート¥159,500/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ニット¥28,600/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) ピアス¥39,600/エイチ ビューティ&ユース(プリーク) ネックレス¥46,200/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥121,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥94,600/アマン(ペリーコ)

純白のスカートとなら華やかカジュアルに

純白のスカートとなら華やかカジュアルに
迷いなく、真っ白なスカートをプラス。美しいメリハリが濃ベージュに華を添え、おしゃれ度を高めてくれる。
ニット¥16,500/イウエン マトフ 横浜店(イウエン マトフ) スカート¥26,400/エストネーション ピアス¥35,200/ショールーム セッション(マリハ) ネックカフ¥42,900/ロンハーマン(ロンハーマン ジュエリー) スカーフ¥41,800/エクラプレミアム通販(ピエール ルイ マシア) バッグ¥126,500/ドゥロワー 六本木店(ワンドラー) 靴¥196,900/ジミー チュウ

流れるようなシルエットがくつろいだムードを演出

流れるようなシルエットがくつろいだムードを演出
濃ベージュのパンツは光のもとで表情を変えるベルベット素材。そこにカシミヤの白を贅沢に重ねて。このリッチさが大人っぽい。シルバーの輝きを全身に散らして、優雅なつやめきをプラス。
パンツ¥38,500/サードマガジン(サードマガジン×ミコモリ) ニット¥74,000・ストール¥120,000(ともにピセア)・ピアス¥75,900(ソフィー ブハイ)・2重にしたネックレス¥70,400(ハルポ)/以上エスケーパーズオンライン バッグ¥107,800/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥52,800/アマン(ペリーコ)

 
⑥「黒」をベースにしたモードなスタイル

定番色の黒に、濃ベージュをアクセントとして投入。黒の強さと相まって、モード感が一気に加速。

黒の装いに、濃ベージュを効かせるイメージです。だから、濃ベージュのアイテムはスパイス的に1点だけ。定番の黒に旬のムードを加えてくれます。コクのあるベージュそのものが、エレガントでどこかグラマラス。その女っぽさと、モードな黒の強さが重なり合って、おしゃれをつやっぽくこなれさせてくれるんです。

ーースタイリスト・徳原文子

上質な濃ベージュの輪郭で黒の全身に明るさをプラス

上質な濃ベージュの輪郭で黒の全身に明るさをプラス
定番配色でも、旬顔のベージュだからコンサバ感とは無縁。足もとのレオパード柄が色のつなぎ役に。
コート¥178,200(エス マックスマーラ)・ニット¥61,600・バッグ¥86,900(ともにマックスマーラ)・パンツ¥49,500(スポーツマックス)/以上マックスマーラ ジャパン サングラス¥39,600/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ネックレス¥52,800/エイチ ビューティ&ユース(プリーク) 靴¥100,100/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

発色のいいウールワンピースで甘さと辛さのバランスをとって

発色のいいウールワンピースで甘さと辛さのバランスをとって
辛口な黒の装いに、濃ベージュのワンピースで柔和さを加えて。
ワンピース¥59,400/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ニット¥47,000/ピセア サングラス¥33,000/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ネックレス¥14,850/ザ ストア バイシー 代官山店(ラウラ ロンバルディ) ストール¥39,600/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥237,600/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥196,900/ジミー チュウ

ニットパンツも濃ベージュなら手抜き感なく着映えも簡単

ニットパンツも濃ベージュなら手抜き感なく着映えも簡単
ほどよく緊張感のある黒のジャケットに、リラクシーなニットパンツを合わせて。首もとにあしらったスカーフが配色をまとめ、全身に統一感が。そのひと手間がおしゃれをブラッシュアップ。
ジャケット¥96,800/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) パンツ¥27,500/エストネーション スカーフ¥19,800/トゥモローランド バッグ¥264,000/ジミー チュウ 靴¥148,500/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

 
⑦「ピンク」と合わせたワントーン感覚のスタイル

ピンクは、濃ベージュの赤みと親和性が高く、合わせるのに最適。上品な甘さも大人にはうれしい!

この冬の旬カラーのピンクと濃ベージュは、赤みを含んでいる色同士、ある意味同系色。コントラストがつきすぎず、ピンク特有のかわいさも中和し、自然になじませてくれます。久しぶりのピンクにためらいがあるなら、ぜひ濃ベージュとセットにして。ネオン系からペタルまで、いろいろなピンクに意外と合うので、おしゃれが楽しくなりますよ。

ーースタイリスト・徳原文子

素材感と温度感を合わせてピンクをワントーン感覚で

素材感と温度感を合わせてピンクをワントーン感覚で
優美なムードのペタルピンクのパンツも、濃ベージュをベースにすれば、甘さが前に出ることなく全身が品よくつながる。足もとにはヌーディなパンプスをあしらって、大人の装いを意識して。
コート(マッキントッシュ別注)¥141,900/トゥモローランド ニット¥51,700・パンツ¥49,500/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ネックレス¥8,800(アンセム フォー ザ センセズ)・靴¥52,800(ペリーコ)/以上アマン バッグ¥198,000/シジェーム ギンザ(ザンケッティ)

ネオン系のピンクも大人っぽく仕上げる

ネオン系のピンクも大人っぽく仕上げる
挑戦アイテムを品よく見せてくれるのも濃ベージュの強み。旬度の高い鮮やかなピンクもさらりと受け止め、こじゃれた雰囲気に。
ジャケット(共布ベルトつき)¥75,900/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(レリタージュ マルティニーク) ニット¥47,300/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) スカート¥58,300/ebure GINZA SIX店(ebure) バングル¥17,600(アンセム フォー ザ センセズ)・靴¥94,600(ペリーコ)/以上アマン バッグ¥221,100/ジミー チュウ

透明感のあるピンクで定番コーデをアップデート

透明感のあるピンクで定番コーデをアップデート
濃ベージュのニットとデニムの定番カジュアルは、淡いピンクをポイントにして印象をリフレッシュ。
ニット¥31,900/ウィム ガゼット 青山店(ジェイジェイマーサー) パンツ¥29,700/アマン(アンスクリア) ネックレス¥49,500/エイチ ビューティ&ユース(プリーク) ストール¥29,700/サードマガジン(チェザーレガッティ) バッグ¥47,300/サザビーリーグ(ステート オブ エスケープ) 靴¥121,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

 
⑧「ブラウン」と合わせた旬スタイル

より濃度が高いブラウンとなら、ワントーンコーデ感覚で着こなしも簡単。上品なメリハリも生まれ、装いに美しい立体感を加えてくれる。

ビターなブラウンと合わせればやんわりと引き締まり、ミルクチョコレートのようなブラウンとなら、ほんのりと甘やかに。ブラウンは地味になってむずかしいというかたは、試しに濃ベージュを1点加えてみてください。優しげでほのかに華やいで、おしゃれがぐっと広がりますよ。

ーースタイリスト・徳原文子

コート(ベルトつき) ¥609,400/モンクレール ジャパン(モンクレール) 
ショート丈のダウンジャケットとドッキングしたムートンのアウターも、濃ベージュのモダンさでぐんと都会的な印象に。カットソー素材の柔らかなブラウンのセットアップの上に重ねれば、全身印象もほんのりと女っぽく。
コート(ベルトつき) ¥609,400/モンクレール ジャパン(モンクレール) カットソー¥13,200・スカート¥19,800/カオス丸の内(カオス) ピアス¥13,200/アマン(アンセム フォー ザ センセズ) チョーカー¥35,200/エイチ ビューティ&ユース(プリーク) バッグ¥188,100/ジミー チュウ

顔まわりの濃ベージュが全身をよりリッチに演出して

顔まわりの濃ベージュが全身をよりリッチに演出して
旬度の高いワンピースとパンツのレイヤードスタイルも、ベージュからブラウンの色幅なら大人向きで品格もキープ。顔まわりの濃ベージュのストールをつなぎ役にすれば、全身がよりリッチに洗練される。
ワンピース¥61,600/ebure GINZA SIX店(ebure) パンツ¥42,900(コキュカ)・帽子¥47,300(ブルックス ボスウェル)/以上ザ ストア バイシー 代官山店 ストール¥28,600/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥143,000/カオス丸の内(ザンケッティ) 靴¥104,500/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

デニムとも相性のよい濃ベージュをコーディネートのアクセントに

デニムとも相性のよい濃ベージュをコーディネートのアクセントに
端正なブラウンジャケットも、濃ベージュのタートルニットをインするだけで、明るく洒脱にアップデートできる。シルエットの美しいブルーデニムを合わせれば、ほどよくきちんと感のある上級カジュアルスタイルが完成。
ジャケット¥49,500/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ニット¥25,300/アナイ パンツ¥49,500/マディソンブルー ネックレス(短)¥14,300・(長)¥28,600/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥328,900/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥59,400/エストネーション(ブレンタ)

▼その他のおすすめ記事もチェック

What's New

Feature
Ranking
Instagram