「老舗」万平ホテルへ

「プラスα旅」の行先は、軽井沢で初めて誕生した西洋式ホテルへ
「老舗」万平ホテルへ_1_1
こんにちは、Etsuです。

皆さまのお住まいの葉の色付き具合は如何でしょうか?

渋谷の自宅では椿が花開き、時節を知らせてくれております。

食に関しましては、ありがたくもいただきものの旬のお野菜が勢揃い!

せっせっとお料理せねば…

たもぎ茸、あわび茸、舞茸、菌床しいたけ、はなびら茸と多種類のきのこ達

栄養素を調べてみると、「元気、きれい、美味しい」の三拍子が揃っているスーパーフード

ちょうど京都のお出汁を入手しましたので、得意の「チャキチャキ時短きのこ鍋」でも!

胃袋を温めて、猫ちゃんの手も借りたい師走に備えてまいります^ ^

チェックイン

廊下
廊下
到着時は、日没前

伝統を重んじ、古き良きを堪能せずにはいられぬ客室。

猫足のバスタブに浸かっての入浴は、まるで西洋のモノクローム

レトロな世界である

伝統(歴史)とは、機械ではなくやはり人が創り出す美学なんだと…
鏡台
鏡台
鏡台、備品類(軽井沢彫)は1936年(昭和11年)から使用されているとのこと
紅葉狩り
紅葉狩り
ライトアップされた照明が一層幻想的に…紅葉する景色をお部屋(本館アルプス館)から

メインダイニングルーム

メインダイニングルーム 折り上げ格天井
メインダイニングルーム 折り上げ格天井
浅間山をさまざまな角度から拝ませていただいた日中

快く送り出してくれた「家族」に感謝して女子旅を堪能させていただこう!

メニューカードは1900年代初期、大正時代から使用されているとのこと

その様な深いこだわりに親近感を覚え、ホコっとする

カードに記されているDetente〜くつろぎ

言葉通りにお客さまひとりひとりのリラクゼーションのお手伝いして下さる目配り、気配り

ディナータイム

メニューカード

1/6

シャンピニヨンのテリーヌ ポルチーニ茸のエスプーマ

2/6

栗のポタージュ

3/6

八千穂産信州大王イワナのムニエルノワゼットバターソース

4/6

国産牛フィレ肉のグリル マデラ酒ソース温野菜を添えて

5/6

デザート

6/6

メニューカード
シャンピニヨンのテリーヌ ポルチーニ茸のエスプーマ
栗のポタージュ
八千穂産信州大王イワナのムニエルノワゼットバターソース
国産牛フィレ肉のグリル マデラ酒ソース温野菜を添えて
デザート
重たくもない、私にはやや軽めのディナーで胃袋に優しい

出発前、真っ暗な外を眺めながらおむすびをニギニギ約2時間のドライビングコース

車中では終始ルンルン、良き気分転換

ただ人間の体は正直だ、合言葉は日本的に「山」「川」ではなく「おやすみ〜」

早起きの似合うホテル

正面玄関
正面玄関
澄んだ空気に、吐く息は白い
斜めから
斜めから
葉が落ち、木も冬眠の準備中
会話が弾みすぎのブレックファスト
会話が弾みすぎのブレックファスト

ジェンダーフリー

立ち
立ち
タイムレスでホールドしてくれるアウターは「BRUNELLO CUCINELLI」

お恥ずかしながら、清水の舞台から…

まるで羽織っているのか、いないのか忘れてしまう程の軽やかさ

熟睡してスッキリした身体と、比例する羽織り物は紳士のもの⁈

思い返せば学生の頃から、父のシャツやニット、ネクタイを巻いて楽しんだり

はたまた、祖父のベレー帽を内緒で被ったりと

今も昔も変わらず、ジェンダーレスファッション(男女の境界線がない)が好きである

その方が幅広く、沢山のアイテムを身に付けられるから…

ときめく器、使える器をお土産に

アンティーク和食器
アンティーク和食器
売店で出会った江戸時代から昭和初期に作られた日本の古い食器に注目する

普段なら見過ごしてしまったであろう場所でバチバチっと意気投合

初めて手に(購入)した骨董品

藍色に黄色も映えそう!朝食でいただいたプレーンオムレツが浮かびすっかり万平イズム

和食器に洋食を合わせてみるのも素敵‼︎

ジョン・レノンがこの「地」でミルクティーとアップルパイを愛したように^ ^
Etsu

Etsu

東京都在住。20年共に歩むパートナーと、個を尊重し成長した娘ふたりの4人家族。優秀ではないが、ゴルフ・水泳・ヨガ・旅行・食・車などを嗜む。人生のモットーはポジティブ!等身大の発信をして行きたいです。

Instagram:coco_etsuco

What's New

Feature
Ranking
Instagram