お能の世界観

「能に行かない?」ベテラン選手!友人の一言から始まる物語
ご挨拶
ご挨拶
こんにちは、Etsuです!

「まだ早いわね!」なんてモコモコのお布団に包まれる至福

後5分なんて考えていると、しっかりものの娘に先を越されてしまう

「好きなんです!」1番にカーテンを開けて外を眺める雰囲気が

長年の習性でしょうか?

日の出、日没の時間を近頃確認項目に入れました

こんなにお洋服を重ねられる時期はない!

季節を満喫して行こうと思います。

国立能楽堂

門から
門から
せっかくだから敷地内の雰囲気を味わいましょう!とこなれたお友達

正門をくぐり目の前に広がる日本庭園、都会の喧騒を忘れる

中央には立派な松がお出迎え下さり、「ピース」があれば内観の松と統合するのだろう

1983年に開場されたらしい
外観の松
外観の松

時と所と場所

正面サイド コートなし
正面サイド コートなし
テーマは、柔らかく

色味は全体的に淡く、ほんわかと酸性でもアルカリ性でもなく中性をイメージ

黒でも白でもないグレーの鞄にはポンポンと荷物を入れて「らしさ」は忘れず
タートルネックセーター「ESTNATION」
タートルネックセーター「ESTNATION」
膝下のタイトなスカートできちんと感を演出してくれる強い味方は「Max Mara」

足元はいくら歩いても疲れないヒールのある「Sergiorossi」をチョイス
木造屋根
木造屋根
渋谷区千駄ヶ谷4丁目18-1 国立能楽堂

「お能」事前講座に参加して

扇 

1/8

長絹(ちょうけん)

2/8

唐織

3/8

天冠 お月様

4/8

能面 増

5/8

能面 増(緑ががっている)

6/8

天冠 鳳凰

7/8

天冠 白蓮

8/8

扇 
長絹(ちょうけん)
唐織
天冠 お月様
能面 増
能面 増(緑ががっている)
天冠 鳳凰
天冠 白蓮
「良かった」が内側からの感想

舞台を見る前の、未知なる奥深い世界には予習は必須だと感じた

場所は駿河国、三保の松原=富士山の景勝地

季節は春、主人公は天女

単語から「シテ」「ワキ」私にとったら謎々の嵐

羽衣のお装束(衣装)は、鳥の羽のようにフワリと軽いものではなく、六百年を超える歴史の詰まった重厚感

能面も間近で拝見すると、美し過ぎて怖いくらいだった

形式は「夢幻能」

夢なのか幻(現実)なのか、うつらうつらと鑑賞するのが脳(能)にはよいのか

想像する力は人それぞれ、頭の中を空っぽにして鑑賞してみよう!

学ぶ(愛ぶ)ことは楽しい‼︎

扇
終了後のティータイム

友人からの何気ない言葉「えっちゃんは幸せよ〜普通は小道具なんて持たせていただけないのよ」

なんだか嬉しい気持ちになり、ありがたくも感謝した

チケットが入った封筒を開くと「銀座でお能を。」と

当日は着物で行こう!

予習をした後の学習(能舞台)は自身にどんな感情を与えて下さるのであろう

後日、復習として会話が弾むことを念頭に。

そうね…あと3回はテキストを読み返してみよう^ ^

Etsu

Etsu

東京都在住。20年共に歩むパートナーと、個を尊重し成長した娘ふたりの4人家族。優秀ではないが、ゴルフ・水泳・ヨガ・旅行・食・車などを嗜む。人生のモットーはポジティブ!等身大の発信をして行きたいです。

Instagram:coco_etsuco

What's New

Feature
Ranking
Instagram