スタイリスト 徳原文子さんの「スカート×辛口アイテム」で今どきにしゃれる法則【冬こそロングスカートの出番です】

冬こそ「ロングスカート」の出番。「スカート=きれいめフェミニン」だけじゃないスカートの着こなし方を提唱する、スタイリスト 徳原文子さん。今どきにしゃれて見せるコーディネートの最新ルールとは?

スカート先生・スタイリスト 徳原文子さん直伝!
スカート以外は「辛口合わせ」の法則

大人のスカートスタイルに定評のある徳原文子さんが、この冬注目するスカートとその着こなしとは?

「全体的にマキシ丈が主流ですが、ロングブーツ合わせや重ね着前提で少し短めのロング丈も増えていますね。そして素材のバリエーションがとても豊富に! これまであまり見かけなかったナイロンやフリースなど、フェミニン系とは一線を画す素材が登場。また合わせるアウターや小物類のバランスもとても重要で、キーワードは“辛口”。後述の3つのルールを意識して着こなしを更新してみてください」(徳原さん)

今季徳原さんが購入した4枚がこちら。

今季徳原さんが購入した4枚がこちら。
(右から)ギャザーをたっぷり寄せたティアードデザインに、ぎっしり描かれた花柄が個性的な、ホラーヴァキュイのスカート。コーデュロイ素材でロマンチックになりすぎないのがこの冬らしい。スカート/徳原さん私物 (中右)ストンとしたシルエットと深みのあるブラウンが着回しやすいベルベット素材。ほんのりツヤのある質感が大人向き。スカート¥39,600/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) (中左)パンツやブルゾンなどが主流のナイロン素材を、ふんわりシルエットのスカートに。ブラウンも新鮮。スカート¥42,900/エイトン青山(エイトン) (左)ふっくらとしたフリースの質感とたっぷりとしたシルエットが、スポーティとは違う新しいスカートの表情をつくり出してくれる。ボリュームがありつつ軽量なのはフリースならでは。スカート¥53,900/エイトン青山(エイトン)

この冬の徳原流スカートスタイル

この冬の徳原流スカートスタイル

今季ドゥロワーで購入した、ホラーヴァキュイの花柄スカートを黒アイテムと合わせた徳原さん。「華やかな小花柄ですが、コーデュロイ素材なのでほどよく甘さを引き算。少し短めなのでスニーカーではなくゴツめブーツを合わせてバランスよく」。

この冬の徳原流スカートスタイル「3つのルール」

この冬の徳原流スカートスタイル「3つのルール」

Rule.1

辛口アウターはヒップが隠れる丈を選ぶ

Rule.2

「大きめバッグ」か「斜めがけバッグ」で大胆なメリハリを

Rule.3

「ボリュームのある足もと」が今らしいスカートスタイルの決め手

 

「この冬のロングスカートの着こなしを今っぽく更新して見せるポイントは、少し長めのアウターの丈、バッグの大きさ、靴のボリューム感の3つ。これらを押さえることで、手持ちのスカートでもぐっと旬度がアップするので、ぜひ意識してみてください」(徳原さん)。
(右上から)ジャケット¥79,200/アパルトモン 青山店(シュタンバウム) ストール¥41,800/エクラプレミアム通販(ピエール ルイ マシア) サングラス¥41,800/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ニット¥46,200/エイトン青山(エイトン) ニットにつけたネックレス(短)¥14,300・(長)¥15,400/ショールーム セッション(マリア ブラック) レーススカート¥143,000/ebure GINZA SIX店(ebure) バッグ¥281,600・靴¥119,900/トッズ・ジャパン(トッズ) バングル¥20,900/アマン(アンセム フォー ザ センセズ)

What's New

Feature
Ranking
Instagram