中国発コスメブランド 花西子 Florasis

コロナ禍にもかかわらずメイクアップのトレンドを賑わせたチャイボーグメイク。中国発話題のコスメブランドをQoo10にて購入してみました!
中国発コスメブランド 花西子 Florasis_1_1
皆様、こんにちは。

師走に入り、今年もあと僅かとなりました。
昨年の今頃に比べていくらか外出の機会も増えてまいりました。
マスクをしながらのメイクは勿論のこと、
外食などでマスクを外すシーンもあり、
外した際を考えて
より丁寧なリップメイクを求められる
と感じている今日この頃です。


中国古くから伝わる美肌美容法の知恵に基づく中国コスメ。
昨今ではアジアの流行を作り出している存在とあっ
て益々注目度が高まっています。

そんななか、出会ったのが「花西子 Florasis」
フローラシスとは、「美しい花の女神」を意味する造語で
ブランドポリシーの
「花を持って美を養う」という言葉にもつながっています。

この言葉を聞いてたいへん共感したことが
こちらのブランドに興味を持つ
きっかけとなりました。

中国発コスメブランド 花西子 Florasis_1_2
シグネチャーアイテムの「百花同心錠 彫刻リップ」は、
ポーチを開けて
これが入っているだけでもテンション上がる逸品。

繊細なデザインの美しいパッケージに一目惚れ!!

秘密の鍵のような謎めいたデザインに、
チェーンのチャーム。

一見するとリップとはとても思えない、宝箱のようなデザイン。


さらに、
リップの表面もご覧になってください。
見まごうばかりの繊細な彫刻が!!!

これまでにないリップに
心が躍ります♪


むしろ誰かの目の前でこれを使って指摘されたい!と、
欲望を抱いてしまう程の美しさといったら!!

口元にメリハリをつけ、きりりとした東洋美人のイメージを彷彿とさせる
落ち着いたレッド系のM9240(写真右)と、
大人唇に馴染むピンク系のM9213(写真左)。


私的には、マスクを外した直後、
あまり強い色が現れるとギャップの強さに「わっ!」という印象があるのですが、
こちらはどちらも派手すぎる印象はなく、
むしろ「きちんと感」が表現できる色調と感じました。

なんといってもアジア発のブランドなので
アジア人の肌色調にあったカラーとして
しっかりと考えられているような気がします。

中国発コスメブランド 花西子 Florasis_1_3
さらに、パッケージの美しさで
ついついカートに入れてしまった
「玉容睡蓮クッションccファンデーション」と
伝統の浮彫工芸を用いた「灵美東方 マルチパレット」。


小軒窓をモチーフにしたファンデーションのケースと
クジャクのようなデザインのパレットの立体的なゴージャスさは、
実物が届いてからも本当に繊細な作りで驚くばかり!


チャイボーグの陶器肌を作るに欠かせない
クッションファンデーションは、
スキンケア成分も配合されており、
軽く滑らかなのにシミをカバー。

透明感のあるセミマット肌を実現。

いずれも、中国の少数民族
タイ族風采コレクションシリーズ限定のデザインのもので、
中国文化の伝統を継承するという
ブランドの確固たるポリシーに繋がるもの。

まだまだ知らないことがある中国の伝統文化から、
こうしたプレゼンテーションにより、
すこしでも理解と知識を深められたら嬉しいばかりです。



ホリデーシーズンのギフトにもおすすめです!
私は、コスメ好きの友人たちとのクリスマスの集まりに、
彫刻リップを何色か購入しようと思っています♪
AKI

AKI

フラワーアレンジメント講師を経て、食空間プロデューサーとして活躍中。趣味はシャンパンと着物。シャンパーニュ騎士団シュヴァリエ叙任。夫と二人暮らし。銀婚式を迎えました。東京近郊在住。

Instagram:akikocinema

What's New

Feature
Ranking