リアルJマダムの「今、これが欲しい!」 五選

2017年6月6日
ジャストエクラ世代の編集部員&スタッフが、「欲しい!」と一目惚れした夏のおしゃれアイテムをピックアップ!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.セオリーのリネンワンピース
私の夏の定番、肌なじみのいい落ち着いた朱赤のワンピース。今年は、街で着るときにはこげ茶や深い赤など濃いめの同系色、リゾートでは白、とシーンによってはおるアイテムの色を変えて楽しむ予定です。(編集長S)

。ワンピース¥39,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)
2.マッキントッシュ ロンドンのツインニット
なめらかな肌ざわりが心地いいツインニットは、糸と織りにこだわったスペシャルエディション。ノースリーブの肩まわりに、カーディガンをうまく巻いて着たい!(副編集長I)

カーディガン¥33,000・ハイネックニット¥26,000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ ロンドン)
3.FIRO BIANCO UNOの
Tシャツ
タートルは汗ばむとチクチクしがちだけれど、首に触れる部分には薄いコットンが使われていて快適です。襟ぐりや袖の感じなど、すべてがジャストマイタイプで、このブランドを見つけた自分をほめたいくらい(ヘア&メイク徳田さん)

コットンTシャツ(ブラック、ネイビー、ホワイトの3色展開) 各¥15,000/ブラゾン ドゥ テール(フィーロ ビアンコ ウノ)
4.J&M デヴィッドソンのバッグ「JOY」
着こなしを明るくしてくれる白のバッグに目がありません。J&Mデヴィッドソンのバケツ型バッグはいつも素敵ですが、この穴あきデザインの抜け感あるかわいさは◎!(編集U)

(縦27×横18×マチ18㎝)¥138,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
5.ロベール クレジュリーのデニムのミュール
秋~春は毎日ローヒールですが、夏になるとボリュームのある厚底サンダルが履きたくなります。明るいブルーデニムのミュールは、存在感がありながらも、カジュアルに楽しめそうなところが素敵。(編集SH)

(ヒール10㎝)¥64,000/ヒラオインク(ロベール クレジュリー)

What's New新着記事

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

    「最近どうもデニムが似合わない」そんなモヤモヤを抱えているなら、ぜひブラックデニムを取り入れてみてほしい。インディゴにはないスタイリッシュさ、下半身をすっきりと細見えさせてくれるシャープさ、デニムならではのこなれ感はエクラ世代にこそうれしい要素。今どきなブラックデニムが一本あれば、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 昼間のミモレワンピースは、カジュアルムードの中にさりげない女らしさを 五選

    スカートで使いやすさは実証ずみのミモレ丈。この春はさらにワンピースが充実。素材や色使い、ディテールで女らしさを取り入れた一枚なら、パートナーとのお出かけにも活躍。カジュアルムードのデイタイムには、スタイルアップのワザありデザインを選んで!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング