粋な文化が感じられる関東の銘菓 五選

2017年6月7日
見た目はシック。けれど、食べると奥深い味わいが楽しめる関東地方の銘菓をご紹介。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.【東京都】帝国ホテル 東京『ガルガンチュワ』「オーチャード」
果実たっぷり、見た目も華やか。発酵バターやハチミツを加えた生地は十数種のフルーツとナッツ入り。「しっとりとして、奥行きのある味」(エクラ美食チーム)。¥10,000(1本) ※一日10本限定。

●東京都 千代田区内幸町1の1の1
☎03・3539・8086(ガルガンチュワ直通)
www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/
2.【神奈川県】珠屋本店「ザバロール」
「ときどき食べたくなる老舗のバタークリームのケーキ。少し塩気を感じる後味が思い切り懐かしい!」(さとうあきこさん)。特製バタークリームにココアスポンジがマッチ、リピートしたくなるおいしさ。¥2,280(1本)※冷凍でお届け。

●神奈川県逗子市逗子1の5の8
☎︎046・871・2242
www.tamaya1950.com/

3.【千葉県】千葉郷菓処房洋堂「花菜っ娘」
房総の風物詩で県花の菜の花をイメージした黄味あん入りの焼き菓子。「昔からずっと変わらぬ味で、大人も子供も大好きです。房総らしく、菜の花が描かれたレトロなパッケージもかわいい」(小山美千代さん)。¥972(8本入り)

●千葉県館山市安布里780
☎0470・23・5111
www. boyodo.co.jp/
4.【埼玉県】小松屋本店「つる」
「見た目よりも甘さ控えめ。素朴で優しい味がたまりません」(松本美保さん)。さらしあんを包んだ黒砂糖饅頭に砂糖をまぶしたお菓子で、1791年の創業以来変わらぬ味。素朴さが江戸の昔を彷彿とさせる。¥1,240(12個)

●埼玉県秩父郡東秩父村安戸41
☎ 0493・82・0016
www.komatuyahonten.net/
5.【山梨県】ピーチ専科ヤマシタ「農家のジェラート」
桃農家が自家農園の果物で作るピュアな味わいのジェラート。「桃も品種によって味が違うと感動。果実が生かされています」(木田和さん)。¥3,333(6個入り/桃2個、ブドウ2個、おすすめ果物2個) ※桃は時期により品種が替わる。

●山梨県山梨市正徳寺1131の1
☎0553・22・8899
www.momo-net.co.jp/

What's New新着記事

FEATURE
ランキング