mizuiro indさんで買ったもの

退院後初めてのショッピング
半年の入院生活を経て日常生活に戻りつつある現在、
ちょいと困ったなと思うことの一つが、お洋服。
手に後遺症があることは前回のブログにも書きましたが、
肩の可動域も狭まってるし、
足は幸いにも自立歩行ができるほど回復したものの、しゃがむ動作がまだまだ困難であったりと、
要するに全身の状態が入院前とは変わってしまったのですね。

退院を控え、着替えの訓練が始まった時には正直、
もう永遠に病衣でいいよと思うほど億劫に感じたものです。
何せ袖を通そうとすると腕が痛いし、ボタンは自力では嵌められないし。
最初は看護師さんに手伝っていただきながら、
それでもたった一着の着替えに要する体力は相当なものでした。

余談ですが、入院前から愛用しているブラトップ。
あの着脱も今の私には難易度が高くて、
担当の作業療法士さんに退院直前まで練習に付き合ってもらいました。
そんな風に沢山の方々のお力添えをいただき、お陰様で退院した今、何とか一人で着替えができております。
とはいえ改めて自身のワードローブを眺めてみますと、
今の私には着られないな、と思うものも多いのですね。

例えばジッパー付きのボトムス。
あるいはボタン付きのトップス……は、専用の自助具があるので(また別の機会にご紹介できればと思います)何とかなるとしても、タイトなデザインや生地だと袖がうまく通せない、など。

そこで退院後初のショッピング、向かった先はミズイロインドさん!
着やすそうなオーバーサイズの服が多くて且つモードでおしゃれ。
主観ですが、そんなイメージで真っ先に思いついたブランドだったからです。
今回まず欲しかったのが、ウエストゴムのパンツ。
指先に力が入らなくて、ジッパーの上げ下げやホックの留め外しが出来ないから、
というのが主な理由ですが実はもうひとつ。

入院中に体重が増えてお腹が出てきちゃったんですよね……。
なので手持ちのデニムのジッパーがそもそも上がらない、みたいな。

脱ぎ穿きが楽で且つ体型カバーもしてくれる可愛いパンツ、
そんな私の希望を叶えてくれたのがこちら↓
ミズイロインドのパンツ。ワイドすぎずタイト過ぎないデザインがいい感じです
ウエスト総ゴムで楽ちん
穿きやすいウエストゴムです
一見ジッパー付きかのようなステッチが施されていますが、ウエスト総ゴムです。
ハリ感のある素材がお腹周りをカバーしてくれますし
ワイド過ぎずタイト過ぎないデザインも、今の私には有り難い。
アンクル丈なので、靴下の色や柄で遊ぶのも楽しそう。
……と思いつつ今回その靴下が黒でしたので、niko and...のカンフーシューズで柄をプラス。

またボトムスがゆったりしている分、トップスはtheoryのベーシックなニットでバランスを取ってみました。ニットは柔らかいので、タイトな形でも大丈夫なのです。

そして今回もうひとつのお目当てが、春物のコート。
こちらもやはり、手持ちのスプリングコートだとうまく袖に腕を通すことが出来ず……

mizuiro indさんで買ったもの_1_3
同じくミズイロインドにてさくっと羽織れるコートを見つけました!
こちらはボタンもついてないし、軽いし、まさに今の私にうってつけ。
首回りのドレープも可愛いんです。
首回りのドレープがお気に入りです
首回りのドレープを写したくて悪戦苦闘の挙句、ピンボケ
ミズイロインドで購入したもの。店員さんも優しくて良いお買い物ができました。
店員さんも優しくて良いお買い物ができました
広げるとちょっと不思議な形で、なかなか上手に撮れなかったものの(毎度のことです)、
このコートにマキシ丈のスカートを合わせても可愛いだろうな、などと妄想は尽きません。

好きだった体にピタッとフィットするデザインの服はもうこの先着られないかも、と
お洒落に対して後ろ向きな気分の時もあるけれど、
これを機に新たなファッションに挑戦してみるのもまた一興とばかりに、
ワクワクする気持ちの方が今は強いです。
特に今回買ったようなゆるりとしたシルエットの服を、格好良く
こなれた感じに着こなせるアラフィーを目指して……!

とはいえ、リハビリも引き続き頑張る所存です。
まずはお腹を引っ込めなくては。

ヒタスラマダム

ヒタスラマダム

九州在住の主婦。夫、息子の3人家族です。趣味は手織り、そして数ヶ月前から始めたベリーダンス!年齢を重ねてますます好奇心に溢れ、何ならとっ散らかり気味な私の日常を楽しくお伝えしたいです。

What's New

Feature
Ranking