実演つき!50代の目を大きく見せるコスメ選びとテク【ウェブエクラ編集長オサニャイの「これ、いただくわ」#30】

大人で「大きな目」をメイクでつくるには? マスカラをゴテゴテと塗るのも、不自然なアイラインで無理やり目尻をリフトアップさせるのも、大人にはご法度。目指すべきは、「感じのいい人」になれる華やかな目もと。美容エディター歴30年以上のオサニャイが、個人的におすすめするコスメや道具、そして身につけたテクニックを実演!
ウェブエクラ編集長 オサニャイ

ウェブエクラ編集長 オサニャイ

50代女性のための雑誌&ウェブメディア「エクラ」ブランド統括。北海道出身。蟹座、B型。愛するもの/ワイン、日本酒、エスニック料理全般、肉、鮨、北海道産の食材、映画、海外ドラマ、本、マンガ、旅行、フィギュア観戦、美容。ネコチャン。
メイクしていない目もとのアップ
こちらが私の「素の目」です。肌はファンデーションをして、眉はアイブロウパウダーで描いていますが、アイメイクはしていません。50代ともなると、まぶたが重く下がるので、「目」の面積が小さく狭くなり、いわゆる「小粒目」になります。まつ毛も短く、本数そのものも減るので、どうしても「さびしい目」に。昔はやや釣り目だったのに、目尻も下がってきたなあ。
まぶたの重さで、目の瞳の上の部分が隠れているのも残念。
下まつげは、わりとしっかりあるのが自慢(笑)。

モデルがオサニャイ本人、というのが、本当に申し訳ないのですが、実演のため、やむをえませんのでご了承ください。そして、あまり見苦しくないように、カメラアプリ「SNOW」で、肌だけはキレイに調整しています。ソフトフォーカスですね(笑)。でも目に関しては、まったく修正していません!

では、実演、がんばらせていただくわ!
使用するカーラー、マスカラ、アイライナー
今回はオサニャイが、私的に愛用しているメイクアイテムとツールを紹介。どれも優秀なんです!使いかけの私物なので、あまりきれいじゃなくてごめんね!

(写真・中央)
アイプチⓇ ビューティ フィットカーラー ¥1,650/イミュ
「ひとえ、奥ぶたえ用カーラー」なのですが、大人のたるんだ目元には、たとえ二重まぶたの人でも、これがおすすめ!ひとえや奥ぶたえのように、まぶたのたるみで、まつ毛の付け根が見えない状態のときは、これが活躍するんです!交換用の「替えゴム」(¥330)もあるので、もう何年も使っています。

(写真・左)
UNMIX アイラッシュライナー(アイライナー)03 セーブル ¥1,650(6月1日発売)
まつ毛を強調するためのアイライナーですが、芯の細さ、なめらかさなどが、もう、絶妙なのよ!今回使用しているのは、これから発売になる新色・03カラーです。ほかの色もおすすめよ!

(写真・右)
FASIO パーマネントカールマスカラ WP(ロング)01 ブラック \1,320/コーセー
マスカラに関しては、みなさん、それぞれ好みがあると思いますので、自分のなりたいまつ毛に合わせて選んでいいと思います。オサニャイが今回使ったのは、このウォータープルーフ、セパレートロングタイプのマスカラ。カールキープ力がありつつも、「まつ毛が自然な感じに長く見える」のが好きなんです。

アイプチⓇ ビューティ フィットカーラー
まず、目を大きく見せるための一番大事なところから。
「自まつ毛を根本からグッと上げるために、カーラーをしっかりかける」!
このアイプチのカーラーのすごいところは、矢印の部分、カーラーのプレートの部分が広く大きいこと。「ひとえ、奥ぶたえ用」だけあって、まぶたのお肉を持ち上げて、まつ毛を挟み込んでいる間も、しっかり押さえておいてくれるんです。50代のたるんだまぶたにも、とてもいいの!「面」でしっかりまぶたを持ち上げ、まつ毛の付け根を掘り起こします。
アイプチⓇ ビューティ フィットカーラーをかける
ほら、こんな感じ。まぶたに当てて軽く押さえると、まぶたのたるみに埋もれていたまつ毛の生え際が出てくるでしょ?こんな感じで、毛先に向かって軽く何度かまつ毛を挟みながら、しっかりカールをつくります。
正面から見たときにパッと花が咲くように上向きにカールされたまつ毛は、目を大きく見せる効果がありますが、それ以上に、たるみまぶたの「ストッパー」としての役割が大きいのです。まぶたが落ちてこないように、まつ毛で持ち上げましょう!
カーラーをかけた目もと
はい、ここまでで、まつ毛がしっかり上がって、目が大きくなりました!まだアイライナーもマスカラもしていません。まつ毛カールだけでも、かなり効果がありますよね!
UNMIX アイラッシュライナー(アイライナー)
続いて、アイライナーです。まつ毛にカーラーをかけてから、アイラインを描きます。(あとからカーラーをかけると、ラインがよれたり、とれてしまったりするので)。
私は筆ペンタイプのアイライナーもよく使いますが、今回は「ナチュラルに見せたい」ので、こちらのジェルライナーを使用。この芯の細さがいいの!これだけ細いとまつ毛の付け根に描くことができますし、「太くてガタガタの線になっちゃった」みたいな、大きな失敗も少ない。そして「描いたあとは綿棒でぼかす」みたいな面倒なプロセスも不要。
UNMIX アイラッシュライナー(アイライナー)で描く
アイラインといっても、線を描くのではなく(そういうメイクをあえてする、ということもりますが)、「まつ毛が密集して見えるよう、上まぶたのキワにまつ毛の影をつける」つもりで!
大人のまぶたの場合、ちゃんと片手でまぶたを持ち上げて、もう片手で描きましょう。まつ毛の間に「芯を差し込む」ように。
アイラインを描く
上まぶたのキワを埋めていきますが、目尻だけは、キワとはお別れして、実際のまぶたよりも少し上の角度に向かって描きます。(キワに沿ってそのまま描くと、下がった目尻を強調してしまう”下降線”になってしまうので)。ときどき鏡を見て、調整しながら描いてください。
今回はナチュラルに仕上げたいのと、顔のパーツの重心を下げたくないので、下まぶたにはラインを入れません。また、昔流行った「囲み目」は、目が小さく見えてしまうので、注意。
まつ毛カールとアイライン終了
ここまで「まつ毛カール+アイライン」が終了したところです。わりとナチュラルだけど、向かって左の、なにもしていない目と比べるとよく違いがわかる。さあ、次はマスカラですよ!
FASIO パーマネントカールマスカラ
マスカラは「カール&ロングタイプ」を使用。50代の私の顔に「ボリューム」まつ毛は、ほかのパーツの印象とのバランスが悪いような気がするので。同じ理由で、マスカラ下地も今回は使いませんでした。もっと全体的にしっかりメイクアップする日はボリュームタイプでもいいかもね。
今回は、スーッと自然に伸びた「オサニャイさん、自まつ毛、長いの?」という錯覚を起こさせるくらいの自然な感じを目指します。
マスカラのブラシ部分を拭く
はい、ここ、注目!
マスカラをつける前に、まずはブラシに溜まった古い液を、ティッシュペーパーで拭き取ります!
もったいないと思っちゃダメ!ヘア&メイクアップアーティストの広瀬あつこさんにエクラの美容特集をお願いしたときに教えていただいた方法です。ブラシの部分をティッシュペーパーで挟んで下から上へ、しごくようにして、余分な液を拭き取ります。ブラシに古いドロッとしたマスカラ液が溜まったままだど、まつ毛にもドロッとムラについてしまう。
あらかじめ拭き取ることで、マスカラを塗る際にブラシの間にちゃんとまつ毛が入っていくので、毛の1本1本、全体に均一にコーティングできるんです。きれいに、ダマにならずにマスカラ液がつくんですよ!

ホント、だまされたと思って、やってみて!

マスカラを塗る
まず、持ち上げるように塗っていきます。マスカラをつけるときは目の中央部分は上方向に、目尻と目頭は、それぞれ斜め上方向にと、まつ毛全体で目を扇状に広げるつもりで。目尻の端の1本、目頭の端の1本を大事に塗ることで「そこまでが目の幅」になるので、目が大きく見えます。
実演つき!50代の目を大きく見せるコスメ選びとテク【ウェブエクラ編集長オサニャイの「これ、いただくわ」#30】_1_14
下まつげも、毛流れを扇状に整えるように、ブラシの先端で、ちょちょっと。
実演つき!50代の目を大きく見せるコスメ選びとテク【ウェブエクラ編集長オサニャイの「これ、いただくわ」#30】_1_15
いかがでしょう?
向かって左の「素の目」と、右側の「カール+アイライン+マスカラの目」。
  • 実演つき!50代の目を大きく見せるコスメ選びとテク【ウェブエクラ編集長オサニャイの「これ、いただくわ」#30】_1_16-1

  • 実演つき!50代の目を大きく見せるコスメ選びとテク【ウェブエクラ編集長オサニャイの「これ、いただくわ」#30】_1_16-2

同じ目でも、比較してみますね。
メイク効果で右のほうが大きく見えるのはもちろんですが、まぶたも持ち上がっているので、「目」部分の開き方も大きくなったと思います。


50代の、目を自然な感じに大きく見せるメイク、まとめます。

1まつ毛をしっかりカールすることで、目の大きさを強調。また、カールしたまつ毛は、下がったまぶたを持ち上げてキープしてくれる「フック」になってくれる。
2アイラインは、目のラインを描くのではなく、まつ毛の「密集&増毛を演出するもの」と心得て。
3マスカラは「余分な液を拭いてから使う」だけで、もっと上手に使える!
20代のころ、30代のころに覚えたメイクは、50代の今は、もう常識が変わっています。そして、コスメはとても進化しています。

どうぞこれからもエクラ本誌の美容記事や、ウェブエクラで、「大人の品格メイク」を研究してくださいね。

What's New

Feature
Ranking