「なんちゃって金継ぎ」は楽し♡

形あるものはすべて壊れる。…と、かっこよく言いたいところですが、実際はお気に入りの器をパッカリ割った日には「目の前が暗くなるサン・トワ・マミー」状態に陥ってしまいます。
「なんちゃって金継ぎ」は楽し♡_1_1
そんな私に「金継ぎ」を教えてくれたのは、行きつけの和食店「台処かみ谷」さんの若き大将。
お料理はもちろん、器のチョイスと盛り付けのセンスが素晴らしくて、目にも美味しいんです。
「なんちゃって金継ぎ」は楽し♡_1_2
  • 「なんちゃって金継ぎ」は楽し♡_1_3-1

  • 「なんちゃって金継ぎ」は楽し♡_1_3-2

  • 「なんちゃって金継ぎ」は楽し♡_1_3-3

全国の作家さんの素敵な器を扱うdandeliOnさんも大将に教えていただきました。
本格的な金継ぎは、欠けをご飯粒で継いだり、工程ごとに1週間ほど乾かしたり、と技術と時間が必要なもの。
が、この「なんちゃって金継ぎ」は、瞬間接着剤で貼り合わせた上から、漆と金粉を混ぜたものを継ぎ目に乗せていくだけで簡単!私は爪楊枝を使いました。
「なんちゃって金継ぎ」は楽し♡_1_6
↑よくもこんなに粉々に…作家さん、ごめんなさい。新たな形で大切にします。
「なんちゃって金継ぎ」は楽し♡_1_7
↑沖縄土産の「やちむん」にも。
「なんちゃって金継ぎ」は楽し♡_1_8
↑小皿の取手にも金のアクセント。
「なんちゃって金継ぎ」は楽し♡_1_9
↑しずく型の小鉢だったのが、先が欠けました。それにしてもたくさん割ったもんだ…。
「なんちゃって金継ぎ」は楽し♡_1_10
↑こちらが金継ぎキットです。

「『割れた茶碗は戻らない』ということわざがあるけど、戻るよ。つぎはぎでも、それごと楽しんじゃえばいいよ」という先人たちの知恵。これって人生にも通じるのでは…?!
「なんちゃって金継ぎ」は楽し♡_1_11
すっかり金継ぎの味を占めた私。壊れるのが前ほど怖くなくなりました。
「パンが無いならお菓子を食べたらいいのに♪壊れたのなら金継ぎしたらいいのに♪」とマリー・アントワネット並みの能天気にて、なんなら「なにか壊れないかな〜」と軽く期待すらしているこの頃です・笑
stella

stella

神戸出身・大阪府在住の会社員です。おいしいご飯とお酒、Jazzライブ、アートや街角の風景、インテリア雑貨などなど、幸せな気持ちをくれるモノやコトをあれこれお届けできればと思います。

Instagram:stella_starlight_2022

What's New

Feature
Ranking