「今、きてる」上半期のメイクアップコスメはこれ! 五選

2017年6月19日
Jマダムたちが、エクラ世代のきれいに磨きをかけてくれると太鼓判を押す注目のトピックスをピックアップ。想像以上に進化を遂げたコスメは、再びあなたの肌を目覚めさせ、あなた自身の輝きを更新してくれるに違いない──。
麗しマダムはこの10名(50音順)
美容ジャーナリスト・安倍佐和子さん、美容ジャーナリスト・小田ユイコさん、美容ジャーナリスト・倉田真由美さん、美容家・小林ひろ美さん、ヘア&メイク・千吉良恵子さん、美容ライター・中島 彩さん、美容愛好家・野毛まゆりさん、トータルビューティアドバイザー・水井真理子さん、ヘア&メイク・山本浩未さん、エクラ編集部・副編O

1.「こんな肌が欲しかった」がかなう高機能を備えた実力派

アルビオン/タイトフィルム ファンデーション PRO

「ほどよいツヤ感も上品で、『今日、いい感じ!』と思わせてくれるクセになる一品」(小林)。肌温を利用した、収縮性の高いポリマーを使用し、かつてないリフトアップ効果を実現。トラブルカバー力も秀逸。SPF32・PA+++ 全6色 30g 各¥6,000

ランコム/ UV エクスペール BB

「紫外線、大気汚染、炎症、酸化ストレスなどの肌ダメージから、徹底的に守るBBクリーム。高い防御効果に加え、フレッシュな使用感、カバー力、若々しい輝き感とすべてにおいてハイレベル」(副編O)。SPF50・PA++++ 全2色 30㎖ 各¥5,800

資生堂/dプログラム アレルバリア エッセンス BB

「サラッと軽いつけ心地と色ムラやお疲れぐすみをほどよくカバーするところも心強い」(小田)。低刺激設計かつ肌改善効果もあり、デリケート肌の心強い味方に。不調時の肌荒れやくすみ、赤みもカバー。SPF40・PA+++ 全2色 40㎖ 各¥3,000

シャネル/ル ブラン コンパクト ラディアンス

「粉っぽさが皆無のパウダリーは、シャネルならではの品のよさをのぞかせる仕上がり。肌呼吸できる通気性の高さもお気に入り」(千吉良)。毛穴の開きや乾燥などを招く、湿度や温度変化からも肌をプロテクト。SPF25・PA+++ 全6色 各¥7,500

花王ソフィーナ/ソフィーナ プリマヴィスタ きれいな素肌質感 パウダーファンデーション

「毛穴やくすみなど年齢感が気になる肌でも、ひと塗りでぱっと明るく、きめ細かいスムーススキンに仕上げてくれる」(安倍)。ムラづきも厚み感もなく、肌悩みを自然にカバー。SPF25・PA++ 全7色 各¥2,800・ケース¥1,000(編集部調べ)

What's New新着記事

  • 隠れ家の趣き タイ チェンマイのラーンナースタイルホテル 5選

    東南アジアで一番人気を誇る観光国タイは、4つの地域に分けられる。ビーチリゾートに恵まれた南部タイ、首都バンコクを含む中部タイ、イーサンと呼ばれる東北部タイ、そしてチェンマイを中心とする北部タイ。クメールやモン文化の影響を受けている他の3つの地域とは異なり、北部タイには13世紀末から16世紀の中頃まで断続的に続いたラーンナー王朝の影響が色濃く残されている。ラーンナー王朝は、チェンマイを首都に定め、豊かな土壌に恵まれて米作が盛んになり、仏教を信仰して多くの寺院を建立した。なだらかなカーブを描く大きな屋根を特徴とする寺院建築や、独特のテキスタイル、クラフトなど、その総称がラーンナー文化と呼ばれている。1995年、このラーンナースタイルの寺院建築をホテルデザインに取り入れたフォーシーズンズ チェンマイがオープン。これが起爆剤となり、次々にラーンナースタイルのホテルや、西洋建築と融合したラーンナーコロニアルのホテルが誕生した。いまやその数50軒を越えるが、そのなかから、隠れ家の趣きがある、ゲストたちに好評な5軒をセレクトした。

    eclat五選

    2018年1月15日

  • 品格小物と美脚靴でワンランク上の装い、今夜はデニムでレストラン 五選

    デニムがファッションとしての地位を確立した今、ドレスアップする場面でもデニムが市民権を獲得。デニムをはきこなしてきたエクラ世代だからこそ楽しめる、きちんと感とこなれ感のある大人な上質コーディネートで、さあ、レストランへ出かけよう!

    eclat五選

    2018年1月15日

  • パリ&ミラノマダムたちは、パワーのある「赤」に夢中だった! 五選

    2017年は、バッグで「赤」を取り入れていたヨーロッパマダムたち。この冬は主役級アイテムで、よりパワフルな「赤」が好まれている傾向に。「赤」の効力でさらにおしゃれが加速中!

    eclat五選

    2018年1月13日

  • お箸がとまらない! ワタナベマキさんが教える、香りでメリハリをきかせた和の「香り鍋」五選

    スープはシンプルな味付けにして、香味野菜や柑橘類の香りでメリハリをきかせるのが今どきの“香り鍋”。eclat2月号では料理家のワタナベマキさんがレモン鍋・梅干し鍋・柚子こしょうすき焼き・柑橘鍋・塩鍋の作り方をご紹介。

    eclat五選

    2018年1月12日

  • 女らしさが際立つ、大人の個性派ウォッチ 五選

    今、注目するなら、女らしさをきわだたせる時計。文字どおりの"フェミニンさ"だけでなく、女性が身につけることでつややかに見える名品も存在する。大人っぽく時計を装いたいなら、ベルトと文字盤が同系色のワントーン。「女らしさ」の大本命には、小さく上質なダイヤモンドウォッチなど、とっておきの美時計を厳選!

    eclat五選

    2018年1月11日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング