カジュアルなかごバッグの、おおらかなただずまいをアクセントに! 五選

2017年6月18日
さまざまな民族性を感じるトライバルなかごは、夏ならではのお楽しみ。色使いにもモチーフにも甘さがないぶん、合わせやすい。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.定番同士の更新にカラフルな辛口の民族調を
水草で編まれたバスケットは、アフリカメイドらしい陽気な色使いが魅力。見た目より軽量なのも◎。

バッグ/(27×35×19)¥14,000/ロンハーマン(カバナバシュ) ロングガウン¥26,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン シャントワーズ) カットソー¥14,000/マディソンブルーヘッドストア デニム¥18,000/ラヴァンチュール マルティニーク(レッド クローバー) バングル(太)¥180,000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(ソフィー ブハイ) バングル(上から)¥16,000・¥11,000・¥20,000/essence of ANAYI(HARPO) 靴¥42,000/トゥモローランド(ソロヴィエール)
2.かごバッグは柄の中の一色。ラフなデザインもグッド
トップスやバッグの色を柄の中から選べば、大胆な花柄も簡単に攻略できる。かごのラフなデザインがフェミニンな着こなしに抜け感を出して。

バッグ(45×38×14)¥4,800/ジャーナル スタンダード 表参道(メゾン ベンガル) カットソー¥12,000/RHC ロンハーマン(ジェーン スミス) 花柄スカート¥42,000(マルティニーク)・ネックレス¥17,000(ルーベル デザイン)/以上マルティニーク丸ノ内 サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) 靴¥55,000/デ・プレ 丸の内店(アレキサンドル バーマン)
3.夏のきれい色コーデをシックなかごできわだたせる
夏に着る大人のピンクは黒を味方につければグンと取り入れやすくなる。フェミニンな着こなしのハズし役に、大きめサイズのかごバッグが効果的。ストロー×フリンジのカジュアルな黒がかっこいい!

バッグ(29×44×25)¥31,000/アルアバイル(センシ・スタジオ) レースブラウス¥16,000/エディション 表参道ヒルズ店(エディション) スカート¥23,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館(ユナイテッドアローズ) ピアス¥13,000(ルル ド ラ ファレーズ)・バングル¥12,000(ジェーン スミス)/以上メゾン イエナ 靴¥25,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ)
4.ヴィオラドーロ
カラフルなデザインが多いアバカ(マニラ麻)素材もナチュラル×黒のトライバル柄にレザーストラップがシック。肩かけできるのも◎。

バッグ(32.5×44.5×17)¥20,000/アルアバイル(ヴィオラドーロ)
5.ヴァジック
荷物を保護する中袋にファスナーをつけた"マーケット ミニ"。こちらもポリプロピレン×レザーで扱いやすく、雨の日も安心。

(22.5×44×16)¥45,000/マルティニーク丸ノ内(ヴァジック)

What's New新着記事

  • 隠れ家の趣き タイ チェンマイのラーンナースタイルホテル 5選

    東南アジアで一番人気を誇る観光国タイは、4つの地域に分けられる。ビーチリゾートに恵まれた南部タイ、首都バンコクを含む中部タイ、イーサンと呼ばれる東北部タイ、そしてチェンマイを中心とする北部タイ。クメールやモン文化の影響を受けている他の3つの地域とは異なり、北部タイには13世紀末から16世紀の中頃まで断続的に続いたラーンナー王朝の影響が色濃く残されている。ラーンナー王朝は、チェンマイを首都に定め、豊かな土壌に恵まれて米作が盛んになり、仏教を信仰して多くの寺院を建立した。なだらかなカーブを描く大きな屋根を特徴とする寺院建築や、独特のテキスタイル、クラフトなど、その総称がラーンナー文化と呼ばれている。1995年、このラーンナースタイルの寺院建築をホテルデザインに取り入れたフォーシーズンズ チェンマイがオープン。これが起爆剤となり、次々にラーンナースタイルのホテルや、西洋建築と融合したラーンナーコロニアルのホテルが誕生した。いまやその数50軒を越えるが、そのなかから、隠れ家の趣きがある、ゲストたちに好評な5軒をセレクトした。

    eclat五選

    2018年1月15日

  • 品格小物と美脚靴でワンランク上の装い、今夜はデニムでレストラン 五選

    デニムがファッションとしての地位を確立した今、ドレスアップする場面でもデニムが市民権を獲得。デニムをはきこなしてきたエクラ世代だからこそ楽しめる、きちんと感とこなれ感のある大人な上質コーディネートで、さあ、レストランへ出かけよう!

    eclat五選

    2018年1月15日

  • パリ&ミラノマダムたちは、パワーのある「赤」に夢中だった! 五選

    2017年は、バッグで「赤」を取り入れていたヨーロッパマダムたち。この冬は主役級アイテムで、よりパワフルな「赤」が好まれている傾向に。「赤」の効力でさらにおしゃれが加速中!

    eclat五選

    2018年1月13日

  • お箸がとまらない! ワタナベマキさんが教える、香りでメリハリをきかせた和の「香り鍋」五選

    スープはシンプルな味付けにして、香味野菜や柑橘類の香りでメリハリをきかせるのが今どきの“香り鍋”。eclat2月号では料理家のワタナベマキさんがレモン鍋・梅干し鍋・柚子こしょうすき焼き・柑橘鍋・塩鍋の作り方をご紹介。

    eclat五選

    2018年1月12日

  • 女らしさが際立つ、大人の個性派ウォッチ 五選

    今、注目するなら、女らしさをきわだたせる時計。文字どおりの"フェミニンさ"だけでなく、女性が身につけることでつややかに見える名品も存在する。大人っぽく時計を装いたいなら、ベルトと文字盤が同系色のワントーン。「女らしさ」の大本命には、小さく上質なダイヤモンドウォッチなど、とっておきの美時計を厳選!

    eclat五選

    2018年1月11日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング