カジュアルなかごバッグの、おおらかなただずまいをアクセントに! 五選

2017年6月18日
さまざまな民族性を感じるトライバルなかごは、夏ならではのお楽しみ。色使いにもモチーフにも甘さがないぶん、合わせやすい。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.定番同士の更新にカラフルな辛口の民族調を
水草で編まれたバスケットは、アフリカメイドらしい陽気な色使いが魅力。見た目より軽量なのも◎。

バッグ/(27×35×19)¥14,000/ロンハーマン(カバナバシュ) ロングガウン¥26,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン シャントワーズ) カットソー¥14,000/マディソンブルーヘッドストア デニム¥18,000/ラヴァンチュール マルティニーク(レッド クローバー) バングル(太)¥180,000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(ソフィー ブハイ) バングル(上から)¥16,000・¥11,000・¥20,000/essence of ANAYI(HARPO) 靴¥42,000/トゥモローランド(ソロヴィエール)
2.かごバッグは柄の中の一色。ラフなデザインもグッド
トップスやバッグの色を柄の中から選べば、大胆な花柄も簡単に攻略できる。かごのラフなデザインがフェミニンな着こなしに抜け感を出して。

バッグ(45×38×14)¥4,800/ジャーナル スタンダード 表参道(メゾン ベンガル) カットソー¥12,000/RHC ロンハーマン(ジェーン スミス) 花柄スカート¥42,000(マルティニーク)・ネックレス¥17,000(ルーベル デザイン)/以上マルティニーク丸ノ内 サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) 靴¥55,000/デ・プレ 丸の内店(アレキサンドル バーマン)
3.夏のきれい色コーデをシックなかごできわだたせる
夏に着る大人のピンクは黒を味方につければグンと取り入れやすくなる。フェミニンな着こなしのハズし役に、大きめサイズのかごバッグが効果的。ストロー×フリンジのカジュアルな黒がかっこいい!

バッグ(29×44×25)¥31,000/アルアバイル(センシ・スタジオ) レースブラウス¥16,000/エディション 表参道ヒルズ店(エディション) スカート¥23,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館(ユナイテッドアローズ) ピアス¥13,000(ルル ド ラ ファレーズ)・バングル¥12,000(ジェーン スミス)/以上メゾン イエナ 靴¥25,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ)
4.ヴィオラドーロ
カラフルなデザインが多いアバカ(マニラ麻)素材もナチュラル×黒のトライバル柄にレザーストラップがシック。肩かけできるのも◎。

バッグ(32.5×44.5×17)¥20,000/アルアバイル(ヴィオラドーロ)
5.ヴァジック
荷物を保護する中袋にファスナーをつけた"マーケット ミニ"。こちらもポリプロピレン×レザーで扱いやすく、雨の日も安心。

(22.5×44×16)¥45,000/マルティニーク丸ノ内(ヴァジック)

What's New新着記事

  • パリ&ミラノの、すぐに役立つ今夏の最新トレンド 五選

    パリとミラノの街から抽出した、大人ならではのトレンドの取り入れ方を、マダムたちの実例で一挙にご紹介。すぐに参考になる5つのおしゃれの傾向は要チェック!

    eclat五選

    2017年8月22日

  • 同窓会当日は、メイクのマジックで即席−10歳肌 五選

    今の自分に自信をもって、友人たちと素敵な時を過ごしたい。同窓会当日は、見た目年齢を操るツボを押さえたメイクアップで決まり! 当日の朝でもできることを、ヘア&メイクアップアーティストの藤原美智子さんがお教えします。

    eclat五選

    2017年8月21日

  • 目利きのプロが分析、ミラノのベーシック&モダンな着こなし 五選

    「ミラノには新旧のマダムスタイルが素敵に混在する」と話すのは、大人のセレクトショップ『ストラスブルゴ』の執行役員、植原ほのさん。今までのミラノ訪問は15年間べ約60回。「地区ごとにおしゃれのムードが変わり、ミラノマダムの存在感が再び浮き彫りになって、これからが楽しみ」という植原さんが、ミラノマダムのベーシック&モダンなスタイルを解説。

    eclat五選

    2017年8月20日

  • 豊かな香りもごちそう 日本の夏、香味野菜の夏!

    さわやかな香りとすっきりした辛味、ほろ苦さが魅力の夏の香味野菜。eclat9月号ではおもてなしにも使える香味満載の絶品レシピをご紹介。

    eclat五選

    2017年8月19日

  • 狐野扶実子さんが解説!パリジェンヌのお仕事&オフスタイル 五選

    パリ在住後、現在も年に5〜6回渡航している狐野扶実子さん。「自分を見て選ぶ」ことが日常的に身についているパリマダムたちを見て、「着たい服と似合う服は違うんだと、私にはそれがとても新鮮な発見でした。いい意味でおしゃれが自分本位。装うことを楽しむ姿勢がとても健康的で素敵です。」と話す狐野さんが、パリジェンヌのお仕事着ルールとオフスタイルを分析!

    eclat五選

    2017年8月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
  • にゃんスタ

    大人の癒し♡インスタグラムからかわいいねこちゃん写真をお届け!

  • 全国津々浦々J47

    都道府県コンシェルジュやエクラトラベル班が全国のとっておきの情報を発信!

  • eclat5選

    ファッションやビューティ、ライフスタイル情報をピックアップして毎日お届け!

ランキング