グリーンのスカートはマンネリ脱出に最も威力を発揮! 五選

2017年6月21日
夏に映える鮮やかで楽しい色合いと、寒色系の辛口なテイストが両立するグリーン。光沢やラメ、リボンなど、ちょっとした遊びをプラスしたデザインも豊富にラインナップ。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.遊び心あふれる冒険カラー
自分らしい個性を発揮したいならグリーンを選んで。夏らしさを与えながら、人とは被らないセンスの良さを感じさせる。

スカート¥27,000/インターリブ(サクラ) シャツ¥41,000/マディソンブルーヘッドストア(マディソンブルー) バッグ¥27,000/フレームワーク ルミネ新宿店(アベニュー67)
2.色で遊ぶなら形はシンプルに。
夏を呼び込む鮮やかグリーン
どんなベーシックカラーを合わせても無難な印象にならないのは、グリーンという色のパワーのおかげ。リネン素材やウエストゴムのシンプルなデザインでも、十分にグリーンのおしゃれ感を堪能できる。トレンドの袖コンシャスニットを合わせれば、夏の定番ワンツーコーデも今年仕様にアップデート。

スカート¥22,000/アデュー トリステス ロワズィール 代官山アドレス・ディセ店 ニット¥68,000/ストラスブルゴ(ザ ハイアリン)サングラス¥31,000/モスコット トウキョウ(モスコット) バングル¥33,000/ストローラーPR(プリュイ) バッグ¥39,000/アマン(ペリーコ)
3.光沢グリーンのモード感と定番ベージュが絶妙バランス
光沢のある素材と細かなプリーツがモード感たっぷりなスカートは、他アイテムをベージュのワントーンで統一。スカートの華やかさが目立ちすぎることなく、グリーンのおしゃれなムードはキープ。

スカート¥64,000/ストラスブルゴ(ハイアリン) カーディガン¥28,000/フィーリック トップス¥9,500/アンタイトル エッセンシャルクルー バングル¥43,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館(グーセンス パリ) バッグ¥69,000/ドレステリア 京都店(OAD NEW YORK)靴¥15,400/N.D.C.Japan(ラ テナーチェ)
4.安心のネイビー合わせにラメが新鮮な緊張感をプラス
グリーン×ネイビーの洗練配色のコーディネート。寒色系同士ながら決して地味に見えないのは、スカートにたっぷり施したキラキラ輝くラメが理由。ベーシックなシャツや小物を合わせることで上品な雰囲気は損なわず、華やかで人とかぶらない個性も発揮できる。快適なはき心地のニット素材ながら、ギャザー入りのふんわりシルエットなので、体型を拾わないのもうれしい。

スカート¥33,000/サザビーリーグ(デミリー) シャツ¥25,000/八木通商(オリアン) バッグ¥135,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥80,000/ジミー チュウ
5.ウエストのリボンベルトがグリーンにかわいげを与えて
カーキを着慣れている人がトライしやすいのが、落ち着いた色みのグリーン。タックが入っていることで、すそにかけて自然に広がるシルエットが美しい。共布リボンベルトは取りはずしができるので、着こなしに合わせて変化させて。

スカート¥43,000/ナイツブリッジ・インターナショナル(オールド イングランド) ニット¥36,000/ビームス ハウス 丸の内(クルチアーニ) ストール¥19,000/wb バッグ¥360,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥21,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)

What's New新着記事

  • 美味しいもの好きは今、岡山に! 瀬戸内海に面した山海の幸の宝庫、岡山の食の五選

    山海の幸はもちろん、農作物も豊富にして上質。そんな岡山を訪れる人が今、増えている。お目当ては料理、そしてその先にあるつくり手や美しい自然……。東京から新幹線で3時間あまり、関西からなら1時間。目ざす価値のある「岡山の食」をeclat 3月号でご紹介。

    eclat五選

    2018年2月15日

  • 結論!大人スニーカーで頼れるのは「スタンスミスの白」 五選

    トレンドに左右されない定番であり、カジュアルが苦手な人でも履きこなせるスニーカーを考えたとき、行きついたのはこの1足。「スタンスミス」は伝説のテニス選手、スタン・スミスをたたえるべく、1973年に命名。今やファッション界からの注目度もNo.1、有名ブランドとのコラボも多数。クリーンな白レザーとスマートなフォルムは「カジュアルすぎず、大人の着こなしにハマる!」と評判!

    eclat五選

    2018年2月13日

  • スタイリスト村山佳世子さんが教える、大人のこなれジャケット・イン 五選

    ジャケットは着回し力も抜群とはわかっていても、何をインしてアレンジすればいいのか、その攻略法はなかなかむずかしいところ。その悩みを解決すべく エクラ屈指の人気スタイリスト・村山佳世子さんが、インに特化した5通りのスタイリングを提案。村山さんのジャケットスタイル、どれもまねしたくなる!

    eclat五選

    2018年2月11日

  • アップデートをするなら、今!最新「名品バッグ」 五選

    春の到来とともに、毎日をともに過ごすパートナーであるバッグをアップデートしたくなっていませんか。そんなJマダムにぜひ持ってほしい、「名品バッグ」の最新バージョンを徹底的にリストアップ!あなたの美意識にぴったり合う、新たなパートナーを、いち早く見つけて。

    eclat五選

    2018年2月10日

  • 品格と機能を備える、端正なビジネスウォッチ 五選

    「腕時計を見れば、その人の格がわかる」とは、もはや男性だけではなく、女性にも向けられる言葉。働くアラフィー女性ならなおのこと、これまで築いてきたキャリアにふさわしい一本を身につけたいもの。実用性と品格ある高級感を兼ね備えつつ、決して華美ではない、エグゼクティブらしい格上げ時計が一堂に集結!

    eclat五選

    2018年2月9日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング