洗練ムードのワンピースで、女友だちと夜のお出かけ! 五選

2017年7月18日
今、私たちが欲しいのは一枚でさらりと着られるワンピース。暑い日も何かある日も、身にまとうだけで、素敵な雰囲気があふれ出る一枚とは? 大人のボディを美しく盛り上げてくれることは大前提、女の楽しみを思い出させてくれるような、夜のお出かけにぴったりのワンピースを見つけて。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.地味でも派手でもない、シックなきらめきが気分
夜のお出かけに欠かせないのが上質な"キラキラ感"。大人はリブニットの中に控えめに感じさせるぐらいがエレガント。ゆったりとした袖のボリュームと、カーヴィーさを演出するリブニットのフィット感は、マチュアな大人の女性だからこそ映える一枚。

ワンピース¥84,000/ブラミンク(ブラミンク) バングル¥11,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(メゾン ボワネ) ベルト¥9,000/プレインピープル青山(プレインピープル) バッグ¥58,000/ショールーム セッション(マリー ローレンス ステヴィニー バイ アニェル) 靴¥75,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(ミッシェル ヴィヴィアン)
2.肌透け感と前後のVあきで大人の女度がぐっと上がる
適度に厚みのあるジャカードレースから、うっすら肌が透けるぐらいのバランスが、大人の肌見せにはちょうどいい。シックなネイビーなら上品さもキープできる。前後ともにVネックになっているので、髪をまとめて背中を見せればさらに女っぽく。ややコクーンになったフォルムなら、油断してたくさん食べてしまいがちな女同士の食事会でもボディラインが気にならないので安心。

ワンピース¥24,000/エリオポール銀座(エリオポール) バッグ¥60,000/YOKO CHAN 靴¥82,000/ジミー チュウ ワンピースの中のインナー/スタイリスト私物
3.アシンメトリーなデザインで普通じゃないブラックを堪能
夜のお出かけには、ほんの少し攻めたモード感があると日常とは違うテンションに切り替えられ、お出かけ自体が楽しくなるはず。例えば肩にドレープを効かせたアシンメトリーなブラックワンピース。基本はシンプルなデザイン&安心感のある黒なのに、華やかさとかっこよさを備えたディテールに視線が集中。ヌーディなサンダルと小さなポシェットを合わせてさっそうと出かけたい。

ワンピース¥64,000/ストラスブルゴ(サポート サーフェス) バッグ¥68,000/八木通商(ジェローム ドレフュス) 靴¥82,000/アパルトモン 青山店(アクアズーラ)
4.構築的な技ありパターンで誰もがきれいに決まる一枚
フィット&フレアのシルエットは、誰が着ても脚長に見え、メリハリのあるボディラインに導いてくれる鉄板。今季らしい前後差のあるフィッシュテールなら、美脚も印象づけることができる。シボ感ある素材と黒いリボンベルトが、甘めのフォルムをほどよく辛口に引き締めて。チャンキーヒールのパンプスなら、身長も気分も疲れずにアップ。

ワンピース(ベルトつき)¥47,000/FUN Inc.(フォンデル) バッグ¥140,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(エムツーマルティエ) 靴¥73,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
5.気品あるロイヤルブルーでワンランク上の女らしさを
黒やネイビーが多いときは、きれい色がパッと目をひく存在感を発揮する。なかでもロイヤルブルーは若づくりに見えず、まわりから浮かない、今季らしい絶妙色。フロントにドレープを効かせたフェミニンなディテールにより、一枚でコーディネートが完成し、寂しく見えないのもいい。ツヤのあるシルクコットン素材で着心地も快適。

ワンピース(同色ペチコートつき)¥92,000/ストラスブルゴ(ザ ハイアリン) バッグ¥360,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥28,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)

What's New新着記事

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

    「最近どうもデニムが似合わない」そんなモヤモヤを抱えているなら、ぜひブラックデニムを取り入れてみてほしい。インディゴにはないスタイリッシュさ、下半身をすっきりと細見えさせてくれるシャープさ、デニムならではのこなれ感はエクラ世代にこそうれしい要素。今どきなブラックデニムが一本あれば、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 昼間のミモレワンピースは、カジュアルムードの中にさりげない女らしさを 五選

    スカートで使いやすさは実証ずみのミモレ丈。この春はさらにワンピースが充実。素材や色使い、ディテールで女らしさを取り入れた一枚なら、パートナーとのお出かけにも活躍。カジュアルムードのデイタイムには、スタイルアップのワザありデザインを選んで!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング