肌の"枯れ"と"疲れ"を止める!名品化粧水で「水浴び」ケア 五選

2017年8月7日
うだるような暑さ……。何もする気がわかない今の季節に、頼りたいのが名品化粧水! 心地よくパシャパシャと「水浴び」しているうちに、名品ならではの圧倒的な保湿力とエイジングケア力で、しわ、たるみ、シミをストップ!
「名品」選者は…
美容ジャーナリスト・小田ユイコさん
美容記者歴25年以上。長年にわたり化粧水の進化を見続け、名品化粧水ならではの効果効能を熟知する。

1.潤いが湧き上がるスーパー保湿、「泉肌」化粧水

「エクラ世代になったら、化粧水こそ機能性に優れたものを選ぶべき。過酷な夏でダメージを受けた肌はゴワつき、水分をはじいてしまいがち。しっかりと潤いを浸透させ、細胞ひとつひとつに届けるには、テクノロジーの力が必要です。この2品は、角層に潤いを抱え込ませる特別な技術を搭載。驚くほどスッと浸透します。中から潤いがかぎりなく湧き出る、まるで泉のように水をたたえた肌に生まれ変わります!」(小田)

エスト ザ ローション

エジプトの砂漠の塩湖でも生き続ける生命体が生み出す成分、エクトイン。このエクトインを配合し、角層細胞ひとつひとつに潤いを抱え込ませる化粧水。とろみのあるテクスチャーが、肌にのばした瞬間、スッとほどけて浸透。キメ密度がアップし、むっちりとハリのある肌に。エアコン乾燥下でも潤いの持続効果も抜群。140㎖(9/9発売)¥6,000

シャネル サブリマージュ ラ ローション シュプレーム

肌なじみを格段に高める技術、マグネティック ウォーター コンプレックスを採用。配合されたヴァニラ由来の成分が肌の奥まで途切れることなく引き込まれ、再生力を発揮。肌はみるみる柔らかさとしなやかさを取り戻し、目に見えてふっくら! 決してベタつかず、リラックス感とさわやかさを堪能できるので、残暑の肌挽回に最適。125㎖ ¥14,500

What's New新着記事

  • 食のプロがおすすめ!鍋をぐっとおいしくする「あるとうれしい調味料」五選 

    eclat2月号では、食のプロたちが、おうち鍋をさらにおいしくする“調味料”をご提案。つけダレとして使ってもおいしい「唐芙蓉」、野菜仕立ての鍋によく合う「パクチーレモンオイル」や、モロッコの辛味調味料「アリッサ」など常備したいとっておきのアイテムばかりです。

    eclat五選

    2018年2月22日

  • おいしい食材を使った旬のグルメNEWS 五選

    eclat3月号では、素材を引き立てるシンプルな味付けが魅力の『荒木町 たつや』、九州の食材の魅力を最大限に引き出す『リストランテ Kubotsu』、米にとことんこだわって作られた日本酒『守破離 no title.』など最新のグルメ情報五つをご紹介。

    eclat五選

    2018年2月21日

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング