ファッションプロ発、"トキメキ"の秋シューズ 五選

2017年8月8日
素材、色、シェイプ、快適性……。せっかく秋一番に手に入れる靴だから、選ぶための確かな情報も欲しい。本誌おなじみのプロによる、さまざまな視点から、この秋の傾向を把握したい。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.シックなカラーとファーは見逃せない流行。
快適性を求める靴にもトレンドをたっぷりと
あらゆる靴がそろうと評判の伊勢丹新宿店。「全体のトレンドの流れは装飾的な方向に向かっていると思います。また、スエードやベルベットなどの素材が多いのも今季の特徴。色がいっそう落ち着いて見えるので、取り入れやすいと思います。それから、ファー使いも楽しい要素。毛足の長いものを大胆にあしらうほど、今年らしい味わいに」。上野さんが担当するプライベートブランドの履き心地とファッションの両立を目ざすラインにも、流行はしっかりと反映。「足にお悩みのあるかたも快適にトレンドを楽しんでいただくのが目標です」(三越伊勢丹「ナンバートゥエンティワン」バイヤー上野優子さん)。

ブランドの中でも「ザ マジック」は伊勢丹新宿店の顧客約500人の統計から導かれた足の悩みに応えるシリーズ。親指の側面や底のクッションが快適。ファーはクリップ式。(4)各¥20,000/伊勢丹新宿店(ナンバートゥエンティワン ザ マジック ファシネーション)
2.服の流行に合わせて、足もとも軽い印象に。
ほっそりとスマートなシェイプに注目
服の流行によって、合わせたい靴は変わってきます」と小野瀬さん。「今シーズンの服は、どこかフェミニンさが漂う装いにシフト。例えばフォルムのしっかりしたアウターに、とろみのあるソフトな素材のインナーを合わせるなど、凛とした中に漂う女性らしさ。そうなると、足もとは今までよりすっきりとして、軽い量感がふさわしい。キレのあるシェイプで、かといってエレガントになりすぎないミュールは、まさにイメージどおりの一足です。ファブリックの素材感も、堅くならずおすすめです」(「The SECRETCLOSET」オーナー・「シクラス」クリエイティブディレクター小野瀬慶子さん)

右はハトメを連ねた"eyelet"、左は新木型の"NEBI"でソフトなポインテッドトゥ。王道のパンプスだからこそ色で遊びたいという、おしゃれ心に訴えるラインナップ。ブルー(7.5)¥52,000・オレンジ(6.5)¥46,000/The SECRETCLOSET(ペリーコ)
3.ベルベットやファーなど、トレンドの
ヴィンテージ感を演出する個性派も続々
ベーシックからエッジーなものまでレンジの広いラインナップからエクラ世代にすすめるのは、デザイン性のある靴。「今季の全体の印象はヴィンテージ。どこか懐かしさのあるディテールで、個性のあるデザインが魅力的です」と大場さん。「例えばフラットシューズでも、ベルベットにゴールドのヒールを組み合わせたりと、素材も色もレトロな雰囲気がトレンドです。昨年から続くファーも甲をたっぷり覆うスリッパなど、大胆なデザインに進化しています。コーディネートにクラシックな靴を足すことで、今年らしい雰囲気を楽しんでいただきたいです」(ハイブリッジインターナショナル「ファビオ ルスコーニ」プレス大場慶子さん)。

ベルベット素材にスクエアのゴールドヒールがユニーク。(2)¥22,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店 モコモコしたデザインが愛らしいスリッパ。(2.5)¥31,000/ハイブリッジ インターナショナル
4.ストレッチブーツの心地よいフィット感は
今までにないエレガントさ!
エクラ世代にとって一番大切なのは、快適さ。心地よい靴を履けば気分がよく、それが素敵な雰囲気を漂わせることになると思います」と笠原さん。小物セレクトショップならではの視点で集めた靴は、ストラップつきのバレエシューズ、ストレッチ素材のショートブーツ、遊び心の効いたマニッシュ靴など、テイストもさまざま。「心地よさを追求したら、魅力的で今年らしいデザインがそろいました。今季は特に新しいフィット感の靴が楽しくて。進化したストレッチ素材のブーツは、まるでソックスのようにフィットします」(「シジェーム ギンザ」MDディレクター笠原安代さん)。流行が実用も兼ねている。

「ぐっと進化したのがストレッチレザー。新しいフィット感にほれ、カラーを別注。肌となじむピンクベージュはシジェーム限定です」。(8.5)¥130,000/シジェーム ギンザ(ニナリッチ)
5.ヴィンテージカラーやスモーキーカラーで
クラシックなパンプスに彩りを添えて
今季はクラシックなイメージで装うカラーパンプスが気になります」と蒲生さん。ベーシックなパンプスもマテリアルやヒールからヴィンテージを意識したものにシフト。「ポインテッドトゥもやや丸みのあるソフトなシェイプになっていたり、ヒールがやや内側にカーブしていたり…。さりげなくクラシックで女らしい雰囲気が漂い、しかもはき心地がよいのも魅力です」。ほどよいヒールのパンプスはカラーが豊富。「服では臆する色も靴ならさらりと取り入れていただけると思います」(AMAN「ペリーコ」事業部 PR蒲生瑛梨さん)。奇をてらわないパンプスだからこそ、色で遊ぶ。トーンを抑えた色調は、大人のさし色にもぴったり。

右はフランネル、左はベルベット素材。「トゥはソフトポインテッド。スマートだけれど上品な量感になります」。(3.5)各¥59,000/ザ シークレットクロゼット神宮前(シクラス)

What's New新着記事

  • 年齢に合わせてアップデート!50歳のリトルブラックドレス 五選

    古くはA・ヘップバーン。少し前は日焼けした肌で着こなすミラノマダムをお手本にと、’90年代に大ブレイクしたリトルブラックドレス。"一生もの"と思った一着も、時の流れとともに今の自分に合わせた選び直しがマスト。成熟した女性にふさわしい、進化したデザインに注目!

    eclat五選

    2017年12月12日

  • 小さい財布が幸せを連れてくる! 五選

    手帳やメモもスマホにまとめられる今、荷物の少ない人が軽やかでおしゃれ。それに伴い、今、財布は小さいサイズが大人気。手のひらに乗る愛らしさ、お札やカードも入る機能性、どちらも満足の財布でスマートに新年をスタート。

    eclat五選

    2017年12月12日

  • 品のあるフェミニンワンピースで、好感度の高い同窓会ファッションに 五選

    洗練された空間で行われる同窓会には、上質な素材感や色でリュクスなムードを演出するワンピースを選びたい。着席での食事も幸せ見えする華やぎをキープできるデザインや、ほんのり甘さをきかせたデザインなら、地味にならずクラシカルな場にもふさわしい!

    eclat五選

    2017年12月10日

  • スニーカーは大人配色で魅せる"バイカラー"でおしゃれ見え 五選

    おしゃれを格上げして気分よく堂々と振る舞うことのできるスニーカーといえば? レトロ&フューチャーなモデルにこだわりの配色が、スニーカー通のこなれ感を醸し出す。大人カジュアルのアップデートに推薦!

    eclat五選

    2017年12月9日

  • 誰よりも輝いて見える「ザ・同窓会メイク」のポイント 五選

    同窓会という名の社交場では、"いきいきと幸せそう"こそ最高のほめ言葉! がんばりすぎの若見せメイクや、生活感丸出しの手抜きメイクで失敗しない、同窓会メイクのコツを、岡野瑞恵さんが伝授!

    eclat五選

    2017年12月9日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング