ファッションプロ発、"トキメキ"の秋シューズ 五選

2017年8月8日
素材、色、シェイプ、快適性……。せっかく秋一番に手に入れる靴だから、選ぶための確かな情報も欲しい。本誌おなじみのプロによる、さまざまな視点から、この秋の傾向を把握したい。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.シックなカラーとファーは見逃せない流行。
快適性を求める靴にもトレンドをたっぷりと
あらゆる靴がそろうと評判の伊勢丹新宿店。「全体のトレンドの流れは装飾的な方向に向かっていると思います。また、スエードやベルベットなどの素材が多いのも今季の特徴。色がいっそう落ち着いて見えるので、取り入れやすいと思います。それから、ファー使いも楽しい要素。毛足の長いものを大胆にあしらうほど、今年らしい味わいに」。上野さんが担当するプライベートブランドの履き心地とファッションの両立を目ざすラインにも、流行はしっかりと反映。「足にお悩みのあるかたも快適にトレンドを楽しんでいただくのが目標です」(三越伊勢丹「ナンバートゥエンティワン」バイヤー上野優子さん)。

ブランドの中でも「ザ マジック」は伊勢丹新宿店の顧客約500人の統計から導かれた足の悩みに応えるシリーズ。親指の側面や底のクッションが快適。ファーはクリップ式。(4)各¥20,000/伊勢丹新宿店(ナンバートゥエンティワン ザ マジック ファシネーション)
2.服の流行に合わせて、足もとも軽い印象に。
ほっそりとスマートなシェイプに注目
服の流行によって、合わせたい靴は変わってきます」と小野瀬さん。「今シーズンの服は、どこかフェミニンさが漂う装いにシフト。例えばフォルムのしっかりしたアウターに、とろみのあるソフトな素材のインナーを合わせるなど、凛とした中に漂う女性らしさ。そうなると、足もとは今までよりすっきりとして、軽い量感がふさわしい。キレのあるシェイプで、かといってエレガントになりすぎないミュールは、まさにイメージどおりの一足です。ファブリックの素材感も、堅くならずおすすめです」(「The SECRETCLOSET」オーナー・「シクラス」クリエイティブディレクター小野瀬慶子さん)

右はハトメを連ねた"eyelet"、左は新木型の"NEBI"でソフトなポインテッドトゥ。王道のパンプスだからこそ色で遊びたいという、おしゃれ心に訴えるラインナップ。ブルー(7.5)¥52,000・オレンジ(6.5)¥46,000/The SECRETCLOSET(ペリーコ)
3.ベルベットやファーなど、トレンドの
ヴィンテージ感を演出する個性派も続々
ベーシックからエッジーなものまでレンジの広いラインナップからエクラ世代にすすめるのは、デザイン性のある靴。「今季の全体の印象はヴィンテージ。どこか懐かしさのあるディテールで、個性のあるデザインが魅力的です」と大場さん。「例えばフラットシューズでも、ベルベットにゴールドのヒールを組み合わせたりと、素材も色もレトロな雰囲気がトレンドです。昨年から続くファーも甲をたっぷり覆うスリッパなど、大胆なデザインに進化しています。コーディネートにクラシックな靴を足すことで、今年らしい雰囲気を楽しんでいただきたいです」(ハイブリッジインターナショナル「ファビオ ルスコーニ」プレス大場慶子さん)。

ベルベット素材にスクエアのゴールドヒールがユニーク。(2)¥22,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店 モコモコしたデザインが愛らしいスリッパ。(2.5)¥31,000/ハイブリッジ インターナショナル
4.ストレッチブーツの心地よいフィット感は
今までにないエレガントさ!
エクラ世代にとって一番大切なのは、快適さ。心地よい靴を履けば気分がよく、それが素敵な雰囲気を漂わせることになると思います」と笠原さん。小物セレクトショップならではの視点で集めた靴は、ストラップつきのバレエシューズ、ストレッチ素材のショートブーツ、遊び心の効いたマニッシュ靴など、テイストもさまざま。「心地よさを追求したら、魅力的で今年らしいデザインがそろいました。今季は特に新しいフィット感の靴が楽しくて。進化したストレッチ素材のブーツは、まるでソックスのようにフィットします」(「シジェーム ギンザ」MDディレクター笠原安代さん)。流行が実用も兼ねている。

「ぐっと進化したのがストレッチレザー。新しいフィット感にほれ、カラーを別注。肌となじむピンクベージュはシジェーム限定です」。(8.5)¥130,000/シジェーム ギンザ(ニナリッチ)
5.ヴィンテージカラーやスモーキーカラーで
クラシックなパンプスに彩りを添えて
今季はクラシックなイメージで装うカラーパンプスが気になります」と蒲生さん。ベーシックなパンプスもマテリアルやヒールからヴィンテージを意識したものにシフト。「ポインテッドトゥもやや丸みのあるソフトなシェイプになっていたり、ヒールがやや内側にカーブしていたり…。さりげなくクラシックで女らしい雰囲気が漂い、しかもはき心地がよいのも魅力です」。ほどよいヒールのパンプスはカラーが豊富。「服では臆する色も靴ならさらりと取り入れていただけると思います」(AMAN「ペリーコ」事業部 PR蒲生瑛梨さん)。奇をてらわないパンプスだからこそ、色で遊ぶ。トーンを抑えた色調は、大人のさし色にもぴったり。

右はフランネル、左はベルベット素材。「トゥはソフトポインテッド。スマートだけれど上品な量感になります」。(3.5)各¥59,000/ザ シークレットクロゼット神宮前(シクラス)

What's New新着記事

  • 夏のおもてなしにも使える!噂のカレーレシピ 五選

    「○○さんのカレーが絶品!」。そんな噂がたつほどおいしいカレーをリサーチ。松田美智子さんのささっと作れるのにうま味抜群のカレー、久保田加奈子さんの野菜が主役の気分が上がる夏カレー、「大岩食堂」シェフ・大岩俊介さんの最小限のスパイスで再現した南インド風カレー……。長年の試行錯誤の末にたどりついた、永久保存版のレシピを紹介します。

    eclat五選

    2018年7月16日

  • 名品バレエシューズクローズアップ 五選

    唯一無二の魅力で、今また人気が再燃中のバレエシューズ。もはや殿堂入りの名品から、新進気鋭の注目株まで。バレエシューズの「今」を知る、5つのブランドにフィーチャー。

    eclat五選

    2018年7月15日

  • 見た目マイナス3℃を目ざす、「黒」の上手な取り入れ方 五選

    ルーズになりがちな夏のコーディネートに加えればきちんと感がアップするブラック。重くならず、涼しげに見せてくれる取り入れ方を伝授!

    eclat五選

    2018年7月14日

  • キーワードは鱧、鮎、氷!「夏の京都」最新美味案内 五選

    注目を集める新しい和食店が多く誕生している京都。予約困難になる前に、夏の風物詩を味わうべく駆けつけたい。暑い時期だけ登場するかき氷も、秋を待たずに「今」京都に行くべき大きな理由!

    eclat五選

    2018年7月13日

  • 亜希、夏着物でお出かけ。緑陰に惹かれて、大人の街・目白へ 五選

    しゃりっとした綿や麻、透け感が美しい絹の縮。清涼感のある素材をまとい、街へ出かけよう。お屋敷の風情が残る、大人の街を散策した亜希さん、軽やかな夏の装いに、きものへの憧れがいっそう募った。目白は徳川家、細川家ゆかりの土地柄。落ち着きのある住宅街に溶け込むように、店主の個性が光る小さなお店が点在する。そんな古きよき街には、和の装いがなじむ。明石縮、小千谷縮、伊勢型浴衣……、涼感たっぷりなきものと帯でお散歩へ。

    eclat五選

    2018年7月12日

FEATURE
ランキング