"シンプル"のその先に進む、ドラマティックな袖コンシャス 五選

2017年9月4日
さまざまなファッションブームを乗り越え、今や身も心も熟したエクラ世代。シンプルシックのその先は、ベースは辛口ながらもどこか華やいだ雰囲気を感じさせる大人の装い! バルーン袖やベルスリーブ。ボリュームのある袖は手を動かすたびに表情が変わり、それが繊細な女らしさを漂わせる。さりげないのに、ドラマティックなアイテムをピック。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.清潔感が持ち味のコットンブラウスもほんのり甘く
パリッとした素材感がさわやかなブラウスも、たっぷりとボリュームのある袖で女らしさがアップ。けれど、素材との相性で甘くなりすぎないのが、今の気分にフィットする要。パンツに合わせ、辛口に装うほど、袖のふんわり感がきわだって、目をひく素敵な人に。

ブラウス¥55,000・パンツ¥60,000/ブラミンク(ブラミンク) ソファに置いたバッグ¥115,000/テアトル アッシュ・ペー・フランス(DELPHIN DELAFON)
2.白ブラウスはベルスリーブで手首をちらりと見せて
スリットネックのオーバーブラウスは、短めのベルスリーブ。張りのある素材だからベルのシルエットがきれい。広がる袖口からシュッとのびる手首をほっそりと女らしく見せる効果あり。華奢な手首、これも着こなしにドラマティックなムードを添えるパーツのひとつ。

ブラウス¥39,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(J&M デヴィッドソン) パンツ¥48,000/トゥモローランド(サヤカデイビス) イヤリング¥11,000・リング¥11,000/エストネーション(ドミニク ドゥネーヴ パリ) バッグ¥295,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)
3.甘さ控えめのビターなキャラメル色で、クールに装う
ふんわりと広がるバルーン袖をエレガントな素材や色で着てしまうと、ただ甘いだけの人になってしまう。袖コンシャスは辛い色、切れ味のよい素材に的を絞りたい。ほろ苦いキャラメル色なら甘すぎに転ぶことがない。

ブラウス¥33,000/クルーズ(ELIN) サングラス¥36,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) バングル¥42,000/ストローラー PR(プリュイ) バッグ¥59,000/エストネーション(ペリーコ)
4.ボリュームたっぷりの袖の威力を見せつけるニット
肘まではフィットし、その先を大胆に広げたベルスリーブは、ほんの少し動いただけで揺れ、袖にドラマが宿ることを確信させてくれる。辛口ドラマティックに必要なのは、静より動、小さくまとまらずに躍動する女らしさ。タイトなフリンジスカートを合わせて、揺れる袖を主役に。

ニット¥39,000/ADORE スカート¥42,000/オットデザイン(ルーム エイト ブラック) バッグ¥72,000/アッシュ・ペー・フランス(meli melo)
5.透け感のあるアースカラーは、詰まった襟もとで小粋に
ギャザーたっぷりの袖も落ち感のある透け素材でしっとりと。繊細な素材は、女らしさを抑えめにする詰まった襟もとを選択して。優雅なことよりリラックスしたすきが、見る人をときめかせるはず。

ブラウス¥19,000/プレインピープル青山(プレインピープル) パンツ¥36,000・頭に巻いたスカーフ¥32,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) テーブルに置いたバッグ¥295,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)

What's New新着記事

  • 隠れ家の趣き タイ チェンマイのラーンナースタイルホテル 5選

    東南アジアで一番人気を誇る観光国タイは、4つの地域に分けられる。ビーチリゾートに恵まれた南部タイ、首都バンコクを含む中部タイ、イーサンと呼ばれる東北部タイ、そしてチェンマイを中心とする北部タイ。クメールやモン文化の影響を受けている他の3つの地域とは異なり、北部タイには13世紀末から16世紀の中頃まで断続的に続いたラーンナー王朝の影響が色濃く残されている。ラーンナー王朝は、チェンマイを首都に定め、豊かな土壌に恵まれて米作が盛んになり、仏教を信仰して多くの寺院を建立した。なだらかなカーブを描く大きな屋根を特徴とする寺院建築や、独特のテキスタイル、クラフトなど、その総称がラーンナー文化と呼ばれている。1995年、このラーンナースタイルの寺院建築をホテルデザインに取り入れたフォーシーズンズ チェンマイがオープン。これが起爆剤となり、次々にラーンナースタイルのホテルや、西洋建築と融合したラーンナーコロニアルのホテルが誕生した。いまやその数50軒を越えるが、そのなかから、隠れ家の趣きがある、ゲストたちに好評な5軒をセレクトした。

    eclat五選

    2018年1月15日

  • 品格小物と美脚靴でワンランク上の装い、今夜はデニムでレストラン 五選

    デニムがファッションとしての地位を確立した今、ドレスアップする場面でもデニムが市民権を獲得。デニムをはきこなしてきたエクラ世代だからこそ楽しめる、きちんと感とこなれ感のある大人な上質コーディネートで、さあ、レストランへ出かけよう!

    eclat五選

    2018年1月15日

  • パリ&ミラノマダムたちは、パワーのある「赤」に夢中だった! 五選

    2017年は、バッグで「赤」を取り入れていたヨーロッパマダムたち。この冬は主役級アイテムで、よりパワフルな「赤」が好まれている傾向に。「赤」の効力でさらにおしゃれが加速中!

    eclat五選

    2018年1月13日

  • お箸がとまらない! ワタナベマキさんが教える、香りでメリハリをきかせた和の「香り鍋」五選

    スープはシンプルな味付けにして、香味野菜や柑橘類の香りでメリハリをきかせるのが今どきの“香り鍋”。eclat2月号では料理家のワタナベマキさんがレモン鍋・梅干し鍋・柚子こしょうすき焼き・柑橘鍋・塩鍋の作り方をご紹介。

    eclat五選

    2018年1月12日

  • 女らしさが際立つ、大人の個性派ウォッチ 五選

    今、注目するなら、女らしさをきわだたせる時計。文字どおりの"フェミニンさ"だけでなく、女性が身につけることでつややかに見える名品も存在する。大人っぽく時計を装いたいなら、ベルトと文字盤が同系色のワントーン。「女らしさ」の大本命には、小さく上質なダイヤモンドウォッチなど、とっておきの美時計を厳選!

    eclat五選

    2018年1月11日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング