"シンプル"のその先に進む、ドラマティックな袖コンシャス 五選

2017年9月4日
さまざまなファッションブームを乗り越え、今や身も心も熟したエクラ世代。シンプルシックのその先は、ベースは辛口ながらもどこか華やいだ雰囲気を感じさせる大人の装い! バルーン袖やベルスリーブ。ボリュームのある袖は手を動かすたびに表情が変わり、それが繊細な女らしさを漂わせる。さりげないのに、ドラマティックなアイテムをピック。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.清潔感が持ち味のコットンブラウスもほんのり甘く
パリッとした素材感がさわやかなブラウスも、たっぷりとボリュームのある袖で女らしさがアップ。けれど、素材との相性で甘くなりすぎないのが、今の気分にフィットする要。パンツに合わせ、辛口に装うほど、袖のふんわり感がきわだって、目をひく素敵な人に。

ブラウス¥55,000・パンツ¥60,000/ブラミンク(ブラミンク) ソファに置いたバッグ¥115,000/テアトル アッシュ・ペー・フランス(DELPHIN DELAFON)
2.白ブラウスはベルスリーブで手首をちらりと見せて
スリットネックのオーバーブラウスは、短めのベルスリーブ。張りのある素材だからベルのシルエットがきれい。広がる袖口からシュッとのびる手首をほっそりと女らしく見せる効果あり。華奢な手首、これも着こなしにドラマティックなムードを添えるパーツのひとつ。

ブラウス¥39,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(J&M デヴィッドソン) パンツ¥48,000/トゥモローランド(サヤカデイビス) イヤリング¥11,000・リング¥11,000/エストネーション(ドミニク ドゥネーヴ パリ) バッグ¥295,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)
3.甘さ控えめのビターなキャラメル色で、クールに装う
ふんわりと広がるバルーン袖をエレガントな素材や色で着てしまうと、ただ甘いだけの人になってしまう。袖コンシャスは辛い色、切れ味のよい素材に的を絞りたい。ほろ苦いキャラメル色なら甘すぎに転ぶことがない。

ブラウス¥33,000/クルーズ(ELIN) サングラス¥36,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) バングル¥42,000/ストローラー PR(プリュイ) バッグ¥59,000/エストネーション(ペリーコ)
4.ボリュームたっぷりの袖の威力を見せつけるニット
肘まではフィットし、その先を大胆に広げたベルスリーブは、ほんの少し動いただけで揺れ、袖にドラマが宿ることを確信させてくれる。辛口ドラマティックに必要なのは、静より動、小さくまとまらずに躍動する女らしさ。タイトなフリンジスカートを合わせて、揺れる袖を主役に。

ニット¥39,000/ADORE スカート¥42,000/オットデザイン(ルーム エイト ブラック) バッグ¥72,000/アッシュ・ペー・フランス(meli melo)
5.透け感のあるアースカラーは、詰まった襟もとで小粋に
ギャザーたっぷりの袖も落ち感のある透け素材でしっとりと。繊細な素材は、女らしさを抑えめにする詰まった襟もとを選択して。優雅なことよりリラックスしたすきが、見る人をときめかせるはず。

ブラウス¥19,000/プレインピープル青山(プレインピープル) パンツ¥36,000・頭に巻いたスカーフ¥32,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) テーブルに置いたバッグ¥295,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)

What's New新着記事

  • 夏のおもてなしにも使える!噂のカレーレシピ 五選

    「○○さんのカレーが絶品!」。そんな噂がたつほどおいしいカレーをリサーチ。松田美智子さんのささっと作れるのにうま味抜群のカレー、久保田加奈子さんの野菜が主役の気分が上がる夏カレー、「大岩食堂」シェフ・大岩俊介さんの最小限のスパイスで再現した南インド風カレー……。長年の試行錯誤の末にたどりついた、永久保存版のレシピを紹介します。

    eclat五選

    2018年7月16日

  • 名品バレエシューズクローズアップ 五選

    唯一無二の魅力で、今また人気が再燃中のバレエシューズ。もはや殿堂入りの名品から、新進気鋭の注目株まで。バレエシューズの「今」を知る、5つのブランドにフィーチャー。

    eclat五選

    2018年7月15日

  • 見た目マイナス3℃を目ざす、「黒」の上手な取り入れ方 五選

    ルーズになりがちな夏のコーディネートに加えればきちんと感がアップするブラック。重くならず、涼しげに見せてくれる取り入れ方を伝授!

    eclat五選

    2018年7月14日

  • キーワードは鱧、鮎、氷!「夏の京都」最新美味案内 五選

    注目を集める新しい和食店が多く誕生している京都。予約困難になる前に、夏の風物詩を味わうべく駆けつけたい。暑い時期だけ登場するかき氷も、秋を待たずに「今」京都に行くべき大きな理由!

    eclat五選

    2018年7月13日

  • 亜希、夏着物でお出かけ。緑陰に惹かれて、大人の街・目白へ 五選

    しゃりっとした綿や麻、透け感が美しい絹の縮。清涼感のある素材をまとい、街へ出かけよう。お屋敷の風情が残る、大人の街を散策した亜希さん、軽やかな夏の装いに、きものへの憧れがいっそう募った。目白は徳川家、細川家ゆかりの土地柄。落ち着きのある住宅街に溶け込むように、店主の個性が光る小さなお店が点在する。そんな古きよき街には、和の装いがなじむ。明石縮、小千谷縮、伊勢型浴衣……、涼感たっぷりなきものと帯でお散歩へ。

    eclat五選

    2018年7月12日

FEATURE
ランキング