50代の夏バテ対策②:たよれる食材は、鰻より…⁉

今回は、夏バテ対策の第2位にあがった「食事」についてリサーチ。やっぱり定番の鰻でスタミナ補給? いえいえ、知性が光るJマダムたちには、鰻よりもたよりにしている食材があるらしい。
50代の夏バテ対策②:たよれる食材は、鰻より…⁉_1_1
前回の「50代の夏バテ対策①」で、「睡眠」に続いて第2位にあがった「食事」。料理上手が多いJマダムたちは、夏バテの特効薬として日々の食材選びにも心を砕いている。
夏バテを感じたときに食卓にあげる食材・料理として人気だったのが、下のグラフ。僅差ではあるけれど、1位に輝いたのは「薬味や香辛料が効いた料理」(36ポイント)だった。2位は、ゴーヤやトマトなどの「夏野菜」。3位にようやく、定番の「鰻」がランクインした。てっとり早く鰻でスタミナを補給するのもアリだけれど、それ以上に毎日の食事でさまざまな食材をバランスよくおいしくいただけるように工夫し、低カロリーでヘルシーな食生活を目指すのがJマダム流のようだ。
50代の夏バテ対策②:たよれる食材は、鰻より…⁉_1_2
具体的にはどんな食材や料理をたよりにしているのだろう。Jマダムたちの声をピックアップ。
「いつもの料理でも、ミントや大葉、ミョウガ、ショウガなどの薬味をトッピングするだけで、味にアクセントが効いて食がすすみます」(Yさん)「キムチ鍋。暑くても食が進む味です。豚肉やニラ、ネギなど疲労回復にいい食材がたっぷり!」(Iさん)「食が細って野菜不足になりがちなので、毎朝野菜ジュースは欠かしません」(Kさん)「ポリフェノールなどをたっぷり含む黒ニンニク。体が疲れにくくなったような気が」(Mさん)「ラッキョウの甘酢漬け。今年初めて自分で作りました。血の巡りがよくなったのか、冷房の中でも冷えが気になりません」(Sさん)「筋トレ後にハチミツ入りのヨーグルトを食べています。若返りホルモンと言われるマイオカインを多く分泌するのを願って」(Kさん)
50代の夏バテ対策②:たよれる食材は、鰻より…⁉_1_3
いろいろな食材や料理があがったが、中でも特にJマダムたちの熱い視線が集中したのが甘酒。“飲む点滴”と言われ、美肌効果や体力の回復に効果があるとして人気だ。「夏疲れ回避に食べたい食材」ランキングでも、堂々の5位にランクインしている。
「甘酒は3年前から欠かさず飲んでいます。おかげで夏でも疲れ知らず!」(Yさん)「朝晩飲んでいます。お腹の調子がよくなり夏でも絶好調」(Kさん)「甘酒をはじめ塩麹や醤油麹、味噌などの発酵食品を手作り。以来めったに体調不良を感じません」(Mさん)「料理で砂糖のかわりに甘酒を使っています。白砂糖は体の疲労感が増すので使いません」(Tさん)
そのほか、豆腐や豆料理、モロヘイヤや山芋などのネバネバ食材も人気が高かった。どんな食材になんの栄養が含まれるのか、暑さの中でも食欲を保つためにどう工夫すればいいのか。Jマダムたちが健康な輝きを放つ秘訣は、どうやら食への頭脳戦にもあるようだ。

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

  • アラフィー女性のホンネ:アラフィーになって、新たにチャレンジしていること

    アラフォーから始めてよかったこと、始めておけばよかったことを振り返ってもらった今回のアンケート。さまざまな反省を踏まえ、あるいは気持ちも新たに、「アラフィーになってからチャレンジしていること」についても聞いてみた。

    Jマダム通信

    2019年3月9日

FEATURE
ランキング