夏疲れ回復レシピ③:なんとなく不調…を改善! 薬膳粥

漢方食材に凝っているチームJマダムのMさんがおすすめするのが、オリジナルの薬膳粥。ほっとする穏やかな味わいで、体も心も健康に!
夏疲れ回復レシピ③:なんとなく不調…を改善! 薬膳粥_1_1
1週間に1度は中華食材のお店へ買い出しに行き、家族の体調に応じた薬膳食材をふだんの料理に加えるMさん。夏バテしてたり夏疲れを感じたら、薬膳粥を炊いて元気を回復する。

「食材は42種類ほど使いますが、スープに入れて煮込むだけなので手間はかかりません。これを食べると、なんとなくだるい、胃がもたれる、体内時計が乱れてきた、むくむ、といった症状を改善して、元気が出てきます」

発芽玄米や雑穀米、17種の雑穀ブレンド、鶏肉、ほうれん草やチンゲン菜、ニラといった葉物野菜、大根や長芋、ニンジンなどの根菜類、そしてニンニクやショウガ、クコの実、松の実、かぼちゃの種、竜眼、えごま、ナツメ、いわしの削り節などを、火の通る時間を配分して順に加え、煮込んでいく。

「ベースになるスープもオリジナルです。何首鳥(かしゅう)や夜交藤(やこうとう)、当帰片といった漢方食材に中華スープの素と野菜だしを水で煮だし、少量の醤油や塩、こしょう、ごま油などで味付けします。家族のほか遊びに来てくれる友人や親戚にもふるまいますが、特に胃腸が弱い方や便秘で悩んでいる方に大好評。冷房で冷え性が気になっている方ならショウガを多めに加えてお出ししています」

お粥といっても、ゴボウやニンジン、椎茸など噛みごたえのある食材もゴロゴロ。ひと皿で満腹感も得られるのが、Mさん流だ。

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:私がひそかにハマっていること

    アンチエイジング対策として、スキンケアやボディケアはもちろん、メンタル面の若さを保つことも大切。そのためにも、何か「夢中になれること」があるといいらしい。そこでみなさんに聞いてみました、「ひそかにハマっていること」。メンバーたちは、そしてあなたはどんな沼にハマっている?

    Jマダム通信

    2019年5月26日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

FEATURE
ランキング