夏疲れ回復レシピ③:なんとなく不調…を改善! 薬膳粥

2017年9月19日
漢方食材に凝っているチームJマダムのMさんがおすすめするのが、オリジナルの薬膳粥。ほっとする穏やかな味わいで、体も心も健康に!
1週間に1度は中華食材のお店へ買い出しに行き、家族の体調に応じた薬膳食材をふだんの料理に加えるMさん。夏バテしてたり夏疲れを感じたら、薬膳粥を炊いて元気を回復する。

「食材は42種類ほど使いますが、スープに入れて煮込むだけなので手間はかかりません。これを食べると、なんとなくだるい、胃がもたれる、体内時計が乱れてきた、むくむ、といった症状を改善して、元気が出てきます」

発芽玄米や雑穀米、17種の雑穀ブレンド、鶏肉、ほうれん草やチンゲン菜、ニラといった葉物野菜、大根や長芋、ニンジンなどの根菜類、そしてニンニクやショウガ、クコの実、松の実、かぼちゃの種、竜眼、えごま、ナツメ、いわしの削り節などを、火の通る時間を配分して順に加え、煮込んでいく。

「ベースになるスープもオリジナルです。何首鳥(かしゅう)や夜交藤(やこうとう)、当帰片といった漢方食材に中華スープの素と野菜だしを水で煮だし、少量の醤油や塩、こしょう、ごま油などで味付けします。家族のほか遊びに来てくれる友人や親戚にもふるまいますが、特に胃腸が弱い方や便秘で悩んでいる方に大好評。冷房で冷え性が気になっている方ならショウガを多めに加えてお出ししています」

お粥といっても、ゴボウやニンジン、椎茸など噛みごたえのある食材もゴロゴロ。ひと皿で満腹感も得られるのが、Mさん流だ。

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:「夫とふたりきり」の生活になったらしたいこと

    ふと気がつけば街の樹々の葉も色づきはじめていて、季節はすっかり秋。夜が長くなると考えごとをする余裕もでてきたのでは? そこで、みなさんに聞いてみました。「夫のリタイア後、何をしたい?」

    Jマダム通信

    2018年11月10日

  • アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言

    ハロウィンが近づいてきて、街にはカボチャやおばけがいっぱい。さすがにもう、子どもたちのように怖がることはないけれど、大人の社会にはもっと背筋の凍るようなことが……。Jマダムたちの心を凍りつかせた一言について、聞いてみた。

    Jマダム通信

    2018年10月27日

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

FEATURE
ランキング