夏疲れ回復レシピ②:母の味・赤しそドリンクを食前に

2017年9月12日
プロ並みなお菓子作りの腕をもつチームJマダムのMさんは、毎年赤しそが出回る季節になると、母の味を思い出しながら赤しそドリンクを作る。ほんのり酸味があり、食前に飲むと料理がおいしく食べられると好評!
Mさんが作る赤しそドリンクの材料は、赤しそ、きび砂糖、クエン酸。とてもシンプルだけれど、なかなか母の味にならないと苦戦中だそう。

「本当に母は偉大です(笑) 何度も作ってやっと分かってきたのは、赤しそを長く煮出さないこと。少しずつ鍋に入れて、色が変わったらすぐに引き上げる。時間にしてほんの1分くらいです。それさえ守れば、甘味や酸味の種類はどんなものを選んでもおいしくできますよ。青しそをひと束加えると、香りがたちます」

夏のホームパーティでは、お料理を出す前に少しだけサーブ。するとみんな、食が進むと喜んでくれる。

「最近ハマっているのが、赤しそドリンクを炭酸で割り、ベトナムサンドと一緒にいただく組み合わせ。ニョクマムや大根のなますなどをたっぷりはさんだベトナム風サンドイッチは、暑い夏にもモリモリいただけますよ!」

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:「夫とふたりきり」の生活になったらしたいこと

    ふと気がつけば街の樹々の葉も色づきはじめていて、季節はすっかり秋。夜が長くなると考えごとをする余裕もでてきたのでは? そこで、みなさんに聞いてみました。「夫のリタイア後、何をしたい?」

    Jマダム通信

    2018年11月10日

  • アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言

    ハロウィンが近づいてきて、街にはカボチャやおばけがいっぱい。さすがにもう、子どもたちのように怖がることはないけれど、大人の社会にはもっと背筋の凍るようなことが……。Jマダムたちの心を凍りつかせた一言について、聞いてみた。

    Jマダム通信

    2018年10月27日

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

FEATURE
ランキング