夏疲れ回復レシピ②:母の味・赤しそドリンクを食前に

プロ並みなお菓子作りの腕をもつチームJマダムのMさんは、毎年赤しそが出回る季節になると、母の味を思い出しながら赤しそドリンクを作る。ほんのり酸味があり、食前に飲むと料理がおいしく食べられると好評!
夏疲れ回復レシピ②:母の味・赤しそドリンクを食前に_1_1
Mさんが作る赤しそドリンクの材料は、赤しそ、きび砂糖、クエン酸。とてもシンプルだけれど、なかなか母の味にならないと苦戦中だそう。

「本当に母は偉大です(笑) 何度も作ってやっと分かってきたのは、赤しそを長く煮出さないこと。少しずつ鍋に入れて、色が変わったらすぐに引き上げる。時間にしてほんの1分くらいです。それさえ守れば、甘味や酸味の種類はどんなものを選んでもおいしくできますよ。青しそをひと束加えると、香りがたちます」

夏のホームパーティでは、お料理を出す前に少しだけサーブ。するとみんな、食が進むと喜んでくれる。

「最近ハマっているのが、赤しそドリンクを炭酸で割り、ベトナムサンドと一緒にいただく組み合わせ。ニョクマムや大根のなますなどをたっぷりはさんだベトナム風サンドイッチは、暑い夏にもモリモリいただけますよ!」

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

  • アラフィー女性のホンネ:アラフィーになって、新たにチャレンジしていること

    アラフォーから始めてよかったこと、始めておけばよかったことを振り返ってもらった今回のアンケート。さまざまな反省を踏まえ、あるいは気持ちも新たに、「アラフィーになってからチャレンジしていること」についても聞いてみた。

    Jマダム通信

    2019年3月9日

FEATURE
ランキング