早くも名店の予感! 京都のすぐ行くべき、注目の新店 五選

2017年9月25日
eclat10月号ではエクラ京都班が厳選した、早くも名店の予感満載の注目の新店をご紹介!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.鷹峯『むろい』
とれたての野菜を主役にする
野趣と雅を取り入れたコース

 京都の西北部・鷹峯に1月オープンしたばかりの和食店。京野菜で知られる「樋口農園」の旧母屋だった築150年の民家にカウンターを設け、独自の料理を提供している。ご主人の室井茂さんは『京都吉兆』の嵐山本店や『草喰なかひがし』、ロンドンの『ノブ』をはじめ海外のレストランや大使館にも勤めるなど、国内外で27年間研鑽を積んだ経験豊富な料理人。
「京野菜に限らず、変わった野菜があれば積極的に使っています。野菜の味は日ごと変わるので、その日の素材や状態を見ながら献立を考えます」。「樋口農園」や大原の市場をめぐって素材を集め、先付からごはんのおかずまでの全料理に野菜が使われる。さらに料理を特別なものとしているのが京見峠の湧き水。下処理や下味にこの水を使い、味濃く力強い野菜に華を添えている。

¥8,000のコースから。ビーツやズッキーニなどの洋野菜も用いた野菜づくしの八寸。コースは魚や肉料理など全10 ~ 11品

☎075-491-7755
北区鷹峯黒門町6 18:00 〜22:00
休火曜 カウンター10席 夜¥8,000(別途サービス料10%)要予約
2.御所南『木山』
だしを主役にした端正な料理、
空間、器が早くも話題

 コースのメインとなるのは大ぶりの秀衡椀でいただく煮物椀。お客さまの前でかつお節の枯れ節と荒節、まぐろ節の中から数種を選んで削り、それぞれの特徴や個体差を見ながらブレンドした極上のだしを提供している。そのだしをより良いものとしているのが店の敷地内にある超軟水の井戸水。「野菜の下ゆがきなどの料理の仕込みにも使っていて、この店にはなくてはならないもの。水をはじめ、いろいろなご縁や人に支えられ、今があります」と語る店主の木山義朗さん。
 人気料亭『和久傳』やその系列店に15年勤め、店を始めたのが今年の4月。空間は数寄屋建築を得意とする京都の工務店『三角屋』が手がけ、器は長きにわたって付き合いのある岸野寛、村田森、佃眞吾らの作。五感を満たしてくれる今、最もホットな一軒だ。

¥15,000のコースから。だしのうま味と香り、椀だねとのバランスが絶妙な「茶色丸ハタと松茸の煮物椀」

☎075-256-4460
中京区堺町通竹屋町下ル西側ヴェルドール御所1F 12:00 〜13:30(入店)、18:00 〜19:30(入店)不定休 カウンター9席、個室2室(4 〜8席)昼¥10,000、夜¥15,000〜(夜は別途サービス料10%)要予約
3.祇園『祇園 華舞』
雅な味でもてなす街中の隠れ家

 八坂神社の南の路地の一画に4月にオープンしたばかりの和食店。こぢんまりとした6席のカウンターには吉野檜の一枚板を使い、網代の天井に聚楽壁、建具には名栗や竹を駆使した贅沢な空間が迎えてくれる。26年のキャリアを持つ料理長の林典孝さんが腕をふるい、目ざすのは五感で味わえる料理。「ハレの日にふさわしい華のある料理を、全国から取り寄せた食材と特別にあつらえた器で楽しんでいただきます」。さらに調理道具にもこだわり、魚の身を締めず、食べごろがキープされる木の氷室、弾力性や柔軟性に優れた最高素材とされるネコヤナギのまな板を使用。個室も完備し、昼夜ともゆったりとしたもてなしがされる。

¥15,000のコースから。大徳寺麩と柿の白あえ、しめじやほうれん草のあえ物、子持ち鮎やししとう寿司などを盛り合わせた八寸

☎075-541-1820
東山区清井町494の2 11:30 〜13:00(入店)、17:30 〜20:00(入店) 休水曜 カウンター6席、個室1室(6席) 昼¥5,000、夜¥15,000(別途サービス料10%)要予約
4.御所南『御幸町 田がわ』
緩急あるコースを町家で

 飲食店のオープンが続く御所南に開業して半年。靴を脱いで上がる畳敷きのカウンターで味わう料理は目の前で仕上げていく割烹ならではの食いきり料理。「華美な演出はせず、ところどころに歳時を織り込むのがうちのスタイル。お椀はあえてシンプルにすまし仕立てでお出しし、八寸で京都らしさを感じてもらいます」とはご主人の田川喜章さん。9月の椀物は月見ひろうす、八寸はいもの葉の上に盛りつけた月見の趣向となり、流れが単調にならないように、食材の組み合わせや味付けを工夫し、緩急がつけられる。さらに最近は田川さんの出身地の三重県から魚介や地酒を直送してもらい、京都の食材とのコラボも楽しませてくれる。

¥13,000のコースから。いちじくと巨峰のごまあえ、ぐじ酒焼き、三重県産あわび、かます小袖寿司、トマトグラッセなどの八寸

☎ 075-708-5936
中京区夷川通御幸町西入ル松本 昼(応相談)、18:00 〜20:30(LO) 不定休 カウンター12席 カード不可 夜¥13,000(別途サービス料5%) 要予約
5.先斗町『酒処 てらやま』
旬の魚と肉メニューを一品で

 先斗町と木屋町通を結ぶ路地にたたずむカウンター10席のこぢんまりした居酒屋。切り盛りするのは人気店の『食堂おがわ』や地元の居酒屋で修業を積んだ料理人の寺山主一さんとステーキハウスの名店『ゆたか』やイタリアンで働いた経験のある奥さんの絵里佳さん。それぞれが担当する魚と肉の酒肴を30~40品揃え、お酒や調味料の多くはふたりの出身地である広島と京丹後のものを使っている。京都らしいてっぱいやきずし、だし巻などのほか、一年中おでんも提供し、基本、作り置きはせず、注文を受けてから作っている。飲んで食べてひとり5000~ 6000円とリーズナブル。夜遅くまで営業しており、なにかと重宝する一軒だ。

炭火で炙った「和牛とみょうがのたたき」はポン酢で。¥1,000 

☎ 075-255-3357
中京区鍋屋町212の3 25番路地  18:00 〜翌1:00(入店) 休日曜 カウンター10席 カード一部可 アラカルトのみ 予約ベター

What's New新着記事

  • 夏のおもてなしにも使える!噂のカレーレシピ 五選

    「○○さんのカレーが絶品!」。そんな噂がたつほどおいしいカレーをリサーチ。松田美智子さんのささっと作れるのにうま味抜群のカレー、久保田加奈子さんの野菜が主役の気分が上がる夏カレー、「大岩食堂」シェフ・大岩俊介さんの最小限のスパイスで再現した南インド風カレー……。長年の試行錯誤の末にたどりついた、永久保存版のレシピを紹介します。

    eclat五選

    2018年7月16日

  • 名品バレエシューズクローズアップ 五選

    唯一無二の魅力で、今また人気が再燃中のバレエシューズ。もはや殿堂入りの名品から、新進気鋭の注目株まで。バレエシューズの「今」を知る、5つのブランドにフィーチャー。

    eclat五選

    2018年7月15日

  • 見た目マイナス3℃を目ざす、「黒」の上手な取り入れ方 五選

    ルーズになりがちな夏のコーディネートに加えればきちんと感がアップするブラック。重くならず、涼しげに見せてくれる取り入れ方を伝授!

    eclat五選

    2018年7月14日

  • キーワードは鱧、鮎、氷!「夏の京都」最新美味案内 五選

    注目を集める新しい和食店が多く誕生している京都。予約困難になる前に、夏の風物詩を味わうべく駆けつけたい。暑い時期だけ登場するかき氷も、秋を待たずに「今」京都に行くべき大きな理由!

    eclat五選

    2018年7月13日

  • 亜希、夏着物でお出かけ。緑陰に惹かれて、大人の街・目白へ 五選

    しゃりっとした綿や麻、透け感が美しい絹の縮。清涼感のある素材をまとい、街へ出かけよう。お屋敷の風情が残る、大人の街を散策した亜希さん、軽やかな夏の装いに、きものへの憧れがいっそう募った。目白は徳川家、細川家ゆかりの土地柄。落ち着きのある住宅街に溶け込むように、店主の個性が光る小さなお店が点在する。そんな古きよき街には、和の装いがなじむ。明石縮、小千谷縮、伊勢型浴衣……、涼感たっぷりなきものと帯でお散歩へ。

    eclat五選

    2018年7月12日

FEATURE
ランキング