50代女性のホンネ:私はこうして夫を手のひらで転がしています!?

若い世代では、家事や育児を手伝ってくれる男子も少なくないけれど、アラフィー世代は微妙なところ。できることなら何もしたくない、亭主関白でいたい、という夫やパートナーも多い様子。そこで今回は、Jマダムたちに夫(あるいはパートナー、恋人)の操縦術を聞いてみた。
50代女性のホンネ:私はこうして夫を手のひらで転がしています!?_1_1
手のひらで転がす作戦は予想通り(?)、9割の人が「ほめる」。「いつでもどこでも、とくに朝の玄関でほめ殺し。『今日も素敵よ、素敵』と言うと、『首から下ね』と言いますがまんざらでもない様子。本気にするなんて、単純で可愛い」(K・47歳)。そして、「おだてる」。「へぇ〜、すご〜い、知らなかった〜、さすがだわぁと、相づちはつねに多めに。夫はライドが高いので、知っていることでも『教えて〜』と言ったり、弱いところを見せると俄然、張り切ります」(M・50歳)。「ほめておだてれば動くなんて、本当に男はいくつになっても子ども。たまに、あぁめんどくさいっ!と思うけど、背に腹は変えられません」(S・53歳)。ちなみにこんな証言が。「パートナーのことを人前で『この人、全然モテないの』とけなす女性はだいたい、夫婦間が上手くいってない」(H・52歳)。ほめたりおだてたりはできなくても「けなさない」。これ、大事。
50代女性のホンネ:私はこうして夫を手のひらで転がしています!?_1_2
演技といえば、「主人が仕事から帰ってきた時、玄関まで全速力で走って息を切らしながら笑顔で『おかえり〜』と出迎えに行きます。すごく喜びます」(N・51歳)。相手も薄々気づいているはず……でも、うれしいのね。さらに、明らかに「演技」とわかっていても言うことを聞いてくれる秘策はコレ。「夫がメロメロになっている愛犬になりかわって頼みごとをする」(Y・54歳)。すると……「私が普通に言っても聞いてくれない、たとえば家事の手伝いとかもやってくれる」。ならばよろこんで、犬にでも猫にでもなりましょう。ワン! ミャオ〜

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

  • アラフィー女性のホンネ:アラフィーになって、新たにチャレンジしていること

    アラフォーから始めてよかったこと、始めておけばよかったことを振り返ってもらった今回のアンケート。さまざまな反省を踏まえ、あるいは気持ちも新たに、「アラフィーになってからチャレンジしていること」についても聞いてみた。

    Jマダム通信

    2019年3月9日

FEATURE
ランキング