50代女性のホンネ:私はこうして夫を手のひらで転がしています!?

2017年9月25日
若い世代では、家事や育児を手伝ってくれる男子も少なくないけれど、アラフィー世代は微妙なところ。できることなら何もしたくない、亭主関白でいたい、という夫やパートナーも多い様子。そこで今回は、Jマダムたちに夫(あるいはパートナー、恋人)の操縦術を聞いてみた。
手のひらで転がす作戦は予想通り(?)、9割の人が「ほめる」。「いつでもどこでも、とくに朝の玄関でほめ殺し。『今日も素敵よ、素敵』と言うと、『首から下ね』と言いますがまんざらでもない様子。本気にするなんて、単純で可愛い」(K・47歳)。そして、「おだてる」。「へぇ〜、すご〜い、知らなかった〜、さすがだわぁと、相づちはつねに多めに。夫はライドが高いので、知っていることでも『教えて〜』と言ったり、弱いところを見せると俄然、張り切ります」(M・50歳)。「ほめておだてれば動くなんて、本当に男はいくつになっても子ども。たまに、あぁめんどくさいっ!と思うけど、背に腹は変えられません」(S・53歳)。ちなみにこんな証言が。「パートナーのことを人前で『この人、全然モテないの』とけなす女性はだいたい、夫婦間が上手くいってない」(H・52歳)。ほめたりおだてたりはできなくても「けなさない」。これ、大事。
演技といえば、「主人が仕事から帰ってきた時、玄関まで全速力で走って息を切らしながら笑顔で『おかえり〜』と出迎えに行きます。すごく喜びます」(N・51歳)。相手も薄々気づいているはず……でも、うれしいのね。さらに、明らかに「演技」とわかっていても言うことを聞いてくれる秘策はコレ。「夫がメロメロになっている愛犬になりかわって頼みごとをする」(Y・54歳)。すると……「私が普通に言っても聞いてくれない、たとえば家事の手伝いとかもやってくれる」。ならばよろこんで、犬にでも猫にでもなりましょう。ワン! ミャオ〜

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:2018年 うれしかったこと、トホホだったこと①

    北の国から雪の便りが届くようになり、街にはクリスマスのイルミネーションが輝いて、いよいよ師走らしくなってきた。2018年は、チームJマダムのみなさんにとってどんな1年だったのだろう。まずは、「トホホだったこと」。あちこちから「あるある」「わかるわ〜」の声が聞こえてきそうだ。

    Jマダム通信

    2018年12月8日

  • アラフィー女性のホンネ:老後、夫とふたりきりの生活に不安はある?

    前回に続き、夫のリタイア後について。「不安」はないか聞いてみると、アラフィーというのは、夫との関係性はもちろん、自分の人生についてあらためて考え直す時期なのだなあと実感する結果となった。

    Jマダム通信

    2018年11月24日

  • アラフィー女性のホンネ:「夫とふたりきり」の生活になったらしたいこと

    ふと気がつけば街の樹々の葉も色づきはじめていて、季節はすっかり秋。夜が長くなると考えごとをする余裕もでてきたのでは? そこで、みなさんに聞いてみました。「夫のリタイア後、何をしたい?」

    Jマダム通信

    2018年11月10日

  • アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言

    ハロウィンが近づいてきて、街にはカボチャやおばけがいっぱい。さすがにもう、子どもたちのように怖がることはないけれど、大人の社会にはもっと背筋の凍るようなことが……。Jマダムたちの心を凍りつかせた一言について、聞いてみた。

    Jマダム通信

    2018年10月27日

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

FEATURE
ランキング