顔下半分をミニマム化! たるみ引き締めマッサージ 五選

2017年9月29日
「肌の調子は悪くないのに、なんだか老けた」「若いころと顔つきが違ってきた」と思ったら、すぐに鏡をチェック! 目の下から顔の下半分が大きくなっていない? いつものお手入れの中で美容液やクリームを塗るついでに、広がった顔下半分をもとの位置に戻すようマッサージ。毎日続けて、気づけば小顔に! 硬くなった頭皮をゆるめ、顔の下半分にたまった老廃物を流していくのがポイント。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.頭をほぐし、咬筋や側頭筋をまずほぐす
耳裏に5本の指の腹を当て、ポニーテールラインに沿って後頭部に向かって引き上げていく。5回繰り返す。

2.頰のあたりをほぐし&コリやすいツボを押して頰位置を戻す
美容液やクリームを塗る。親指以外の4本指の第2関節の節で、内から外に斜め上に回転させる。10回繰り返す。
次に、ゲンコツを頰骨の高い個所の真下に置き、ぐっと押し入れる。そのままゲンコツを垂直に持ち上げ、10秒キープ。

3.こめかみの奥の筋肉ごと持ち上げる
こめかみに手根を置き、両手で頭をぐっとはさむ。そのまま斜め上に引き上げ。約10秒キープする。

4.ヤッホースライドで老廃物を流す
親指をあご下にひっかけ、ほかの4本の指をほうれい線の上にのせて、内から外に向かいスライドさせる。5回。

5.首すじから鎖骨まで流して終了
指の腹で耳下から首すじに沿って鎖骨まで、心地よいぐらいのタッチで流していく。老廃物をリンパのゴミ箱へ。

教えてくれたのは

エステティシャン 瀬戸口めぐみさん
美容家として活躍し、手のひらを使った独自の美容理論を構築。国内外問わず、多くの女優を顧客にもつ。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング