エクラ編集部がセレクトする 自分用に買って帰りたい京都の味 五選

2017年9月29日
eclat10月号では、エクラ編集部員が選ぶ自分用に買って帰りたい最高の手みやげをご紹介。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.四条大宮 フルーツパーラーヤオイソの「スペシャルサンド」

 明治2年創業の果物店が作るフルーツサンドは、果物が上質なのはもちろん、食べごろの見極めも確か。生クリームも甘さが控えめで、果物の甘酸っぱさの引き立て役に。通常のフルーツサンドより果物が大きい豪華版。¥800

下京区四条通大宮東入ル立中町496 ☎ 075・841・0353 9:30 ~ 17:00(喫茶は16:45LO) 無休(年末年始を除く) カード不可
2.御所南 松屋常盤の「紫野味噌松風」

 創業以来360年、歴代天皇をはじめ、公家や茶人に愛される銘菓。白味噌に小麦粉、砂糖を加えて練り混ぜて焼き上げる製法は、大徳寺の和尚から伝授されたもので、表面は香ばしく、中はしっとりもちもち。¥800(税込)

中京区堺町通丸太町下ル橘町83 ☎ 075・231・2884 9:00 ~ 16:30 無休(正月を除く) カード不可
3.祗園 鍵善良房の「菊寿糖」
 
 長命を願う菊の花をかたどった白一色の凜と美しい干菓子。阿波特産の和三盆糖のみを使用し、口溶けがよく、後口もスッキリ。店には幕末の菓子型が残っていて、少なくとも150年以上前から作られているそう。20個入り¥900

東山区祗園町北側264 ☎ 075・561・1818 9:00 〜18:00 休月曜(祝日の場合営業、翌火曜休み)
4.東山七条
ハイアットリー ジェンシー 京都 トラットリア セッテ ペストリーブティックの「アップルバイ」

 アップルパイは事前予約で特別に作ってもらえる隠れた名品。ホテルメイドのクリスピーなパイ生地にカスタード、薄くスライスしたりんごを敷きつめ、焼き上げた、あっさりと食べられる軽さが魅力。¥2,000(2日前までの要予約)

東山区三十三間堂廻り644の2 ☎ 075・541・3204 11:00 〜21:00 無休
5.烏丸御池 喫茶マドラグの「持ち帰り用コロナの玉子サンドイッチ」

 行列ができるほど大人気の玉子サンドイッチは昨年から持ち帰りも可能に。今は亡き洋食コロナのマスター直伝、卵を4つ使い、蒸し焼きにした玉子焼きはふわふわでボリューム満点。¥800(税込、1日10食限定、2日前までの要予約)

中京区上松屋町706の5 ☎ 075・744・0067 11:30~21:00(LO) 休日曜 カード不可

What's New新着記事

FEATURE
ランキング