50代のための紅葉スポット!①日本の心を感じる、神社仏閣の美

2017年10月3日
空が高くなり、秋の気配が色濃くなってきた今日この頃。お出かけ好きなJマダムたちに聞く、とっておきの紅葉スポットを5回連載でお届け。第一回は、日本の美が息づく寺院と神社編。
写真提供/宝厳院
日本全国のラグジュアリーホテルや由緒ある名店など、ハイクラスなお出かけスポットに詳しいチームJマダムのYさん。紅葉の季節に必ず訪れるのが、京都・嵐山にある宝厳院だ。

「母や夫、友人と毎年訪れている大好きなお寺。室町時代の禅僧が作庭し、嵐山の景観を取り入れた借景回遊式庭園「獅子吼の庭」が有名です。静寂の中で紅葉を見つめながら鳥の声や木々が風に揺れる音などに耳を澄ませていると、心がすーっと洗われるようです」

11月から12月にかけて夜間特別拝観も。
京都電鉄嵐山本線(嵐電)嵐山駅から徒歩約3分。京都駅からJRやバスでも。

宝厳院
http://www.hogonin.jp/
写真提供/霧島神宮
九州南部の有名スポットやグルメに詳しいKさんがおすすめするのは、深い山間に佇む霧島神宮。霊峰・高千穂峰を背に立ち、神代までさかのぼる由緒ある神社だ。

「三の鳥居から見る本殿と紅葉の風景が厳かです。日本神話に縁のある霧島神宮はパワースポットとしても有名なので、紅葉の季節にはたくさんの人が集まります。霧島神宮周辺はドライブや登山でも人気なので、混雑を避けたいなら11月下旬から12月に時期をずらし、標高の低い妙見温泉、安楽温泉や日当山温泉郷などに立ち寄るプランもおすすめです」

JR日豊本線霧島神宮駅よりバスで約10分。大型駐車場あり。

霧島神宮
http://www.kirishimajingu.or.jp/

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

  • アラフィー女性のホンネ:やってみたら、意外と簡単だったこと①

    「無理」、「できるわけない」、「恥ずかしい」とあきらめていたことに思い切って挑戦してみたら意外と簡単で、気持ちまで前向きに……そんなチームJマダムたちの”プチトライ”を公開! マンネリ気味な日常から抜け出すヒントがもらえそうだ。

    Jマダム通信

    2018年8月11日

  • アラフィー女性のホンネ:ああ、懐かしのバブル時代②

    華やかなりしバブル時代、そして若かりしあの頃を振り返る第2弾。チームJマダムのみなさんは、どんな時に「自分はバブル世代だな」と思うのだろう。「あるある」から世代論的なコメントまで、なかなか興味深い回答が寄せられた。

    Jマダム通信

    2018年7月28日

FEATURE
ランキング