50代のための紅葉スポット!①日本の心を感じる、神社仏閣の美

空が高くなり、秋の気配が色濃くなってきた今日この頃。お出かけ好きなJマダムたちに聞く、とっておきの紅葉スポットを5回連載でお届け。第一回は、日本の美が息づく寺院と神社編。
50代のための紅葉スポット!①日本の心を感じる、神社仏閣の美_1_1
写真提供/宝厳院
日本全国のラグジュアリーホテルや由緒ある名店など、ハイクラスなお出かけスポットに詳しいチームJマダムのYさん。紅葉の季節に必ず訪れるのが、京都・嵐山にある宝厳院だ。

「母や夫、友人と毎年訪れている大好きなお寺。室町時代の禅僧が作庭し、嵐山の景観を取り入れた借景回遊式庭園「獅子吼の庭」が有名です。静寂の中で紅葉を見つめながら鳥の声や木々が風に揺れる音などに耳を澄ませていると、心がすーっと洗われるようです」

11月から12月にかけて夜間特別拝観も。
京都電鉄嵐山本線(嵐電)嵐山駅から徒歩約3分。京都駅からJRやバスでも。

宝厳院
http://www.hogonin.jp/
50代のための紅葉スポット!①日本の心を感じる、神社仏閣の美_1_2
写真提供/霧島神宮
九州南部の有名スポットやグルメに詳しいKさんがおすすめするのは、深い山間に佇む霧島神宮。霊峰・高千穂峰を背に立ち、神代までさかのぼる由緒ある神社だ。

「三の鳥居から見る本殿と紅葉の風景が厳かです。日本神話に縁のある霧島神宮はパワースポットとしても有名なので、紅葉の季節にはたくさんの人が集まります。霧島神宮周辺はドライブや登山でも人気なので、混雑を避けたいなら11月下旬から12月に時期をずらし、標高の低い妙見温泉、安楽温泉や日当山温泉郷などに立ち寄るプランもおすすめです」

JR日豊本線霧島神宮駅よりバスで約10分。大型駐車場あり。

霧島神宮
http://www.kirishimajingu.or.jp/

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

  • アラフィー女性のホンネ:アラフィーになって、新たにチャレンジしていること

    アラフォーから始めてよかったこと、始めておけばよかったことを振り返ってもらった今回のアンケート。さまざまな反省を踏まえ、あるいは気持ちも新たに、「アラフィーになってからチャレンジしていること」についても聞いてみた。

    Jマダム通信

    2019年3月9日

FEATURE
ランキング