50代のお出かけ① 遠出が気持ちいい秋。行きたいのはやっぱり…!

2017年10月7日
美しいもの、おもしろいこと、美味しい食べ物を求めてフットワークも軽く活動するJマダムたち。遠出にぴったりのこれからの季節、どこへ、何をしに出かける? Jマダムたちの遠出に密着!
ちょっと足を延ばして、ふだんは訪れないような場所に日帰りで出かける遠出。Jマダムたちに遠出の頻度を聞いたところ、「月に1回程度」が27%で最多。続いて「月に2~3回」と「2ヵ月に1回程度」が21%で並ぶ。つまり、半数近くのJマダムたちが、最低でも月に1回は遠出を楽しんでいることに。
わざわざ遠くまで出かけて、いったい何をしているのだろう。遠出の目的を聞いた結果が、下のグラフだ。1位は38ポイントを獲得した「紅葉狩り」。僅差で春のお花見が2位にランクイン。ベスト5にはもれたが、「季節の花の鑑賞」も22ポイント獲得し6位に入ったところをみると、自然を愛し、季節の移ろいを体感したいJマダムが多いようだ。
また、同じく6位には「洋服を買いに街へ」が入った。さらに7位には「美術展」「パワースポットめぐり」「コンサート」の3つが同点でランクインした。
それにしても、けっこうなペースで遠くまで足を延ばすJマダムたち。もしかして、遠出をしなければならないような趣味を持っている?
案の定、Jマダムたちの守備範囲はかなり広い。一番人気は「日帰り温泉」と「ご当地グルメ」。2位は「パワースポットめぐり」、そして「ドライブ」「御朱印集め」と続く。その他にも、田舎カフェや酒蔵、バラ園や庭園、窯元などを巡り歩くのが趣味という声も多かった。
「趣味はパワースポットめぐりとご当地グルメ、ドライブ。月に1度は必ず出かけています」(Iさん)「知らない町の商店街をのんびり歩くのが好き」(Tさん)「おいしい地酒を求めて酒蔵や居酒屋さんへ。ご当地名物のつまみにも出会えたら最高」(Iさん)「スキーが趣味なので、シーズン中は月に何度も日帰りで出かけます」(Kさん)
遠出をしたら、ランチも楽しみのひとつ。お店選びについて聞いてみたところ、「人気のご当地グルメ店を事前に調べておく」という回答が43%で圧倒的に1位。2位は30%を獲得した「人気の(ご当地グルメ以外の)レストランを事前に調べておく」だった。Jマダムたちは美食への追求もハンパない。その土地ならではのおいしいものを確実に食べたい!という意欲は旺盛のようだ。
一方で、気の向くままの現地調達派も。「その場所の空気感や気分を大切にしたいから、人が集まっている美味しそうなお店を見定めて入ります」(Wさん)。中には、「商店街などで土地の人に聞く」(Tさん)というツワモノもいた。
ちょっとした非日常を楽しめる遠出。思い切って出かけてみると、世界が広がるかも!

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

  • アラフィー女性のホンネ:やってみたら、意外と簡単だったこと①

    「無理」、「できるわけない」、「恥ずかしい」とあきらめていたことに思い切って挑戦してみたら意外と簡単で、気持ちまで前向きに……そんなチームJマダムたちの”プチトライ”を公開! マンネリ気味な日常から抜け出すヒントがもらえそうだ。

    Jマダム通信

    2018年8月11日

  • アラフィー女性のホンネ:ああ、懐かしのバブル時代②

    華やかなりしバブル時代、そして若かりしあの頃を振り返る第2弾。チームJマダムのみなさんは、どんな時に「自分はバブル世代だな」と思うのだろう。「あるある」から世代論的なコメントまで、なかなか興味深い回答が寄せられた。

    Jマダム通信

    2018年7月28日

FEATURE
ランキング