真冬の絶景と温泉を満喫! 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

真冬ならでは、雪国ならではのスペシャルな絶景と美味に出会える冬季限定プラン

2018年1月31日
寒い冬、暖かい南の島に行くのもいいけれど、美しい雪景色とあったかい温泉を堪能できる国内のリゾートホテルに滞在するのも最高! 青森県 奥入瀬渓流沿いに建つリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」は、2017年12月16日から冬季も営業中。温泉につかりながら氷瀑を眺められる露天風呂「氷瀑の湯」が話題を呼んでいる。氷瀑とは、厳しい寒さで氷結した滝のことをいい、冬の奥入瀬渓流ならではの絶景なのだそう。 この氷瀑や氷柱(渓流沿いの木々や岩から滴るしずくが凍って柱状になったもの)を見に行くツアーも用意されている。旅のもう一つの楽しみ、食事は旬の食材をコース料理でいただくメインダイニング「西洋膳処 奥入瀬」か青森名産のリンゴにとことんこだわるビュッフェレストラン「青森りんごキッチン」にて。岡本太郎作の巨大な暖炉が印象的なラウンジで窓越しに広がる雪景色を眺めたり、のんびり読書をしたり。都会の喧騒を忘れて心も体も癒される理想のリゾートライフがここにある! 
2017年4月にオープンした渓流露天風呂で、温泉につかりながら氷瀑が眺められる「氷瀑の湯」。宿泊者限定で2018年3月29日まで。
天井が高く、開放感あるラウンジ。中央の巨大な暖炉が岡本太郎作の「森の神話」。夜にはライトアップされていっそう幻想的な景色となる。
  • 渓流を望む露天風呂とテラスが付いた和室は3室。雪景色をした渓流を独り占めするかのように贅沢な時間を過ごせる。
  • メインダイニング「西洋膳処 奥入瀬」では、旬の食材を日本人の下に合うように仕立てた洋食のコース料理を提供。料理と相性のよい東北のお酒も取り揃えている。
  • 青森名産のりんご尽くしのビュッフェレストラン「青森りんごキッチン」。オリジナルのインテリアにも、津軽びいどろやBUNACOなど、青森の工芸品を使用。
  • シャトルバスでライトアップされた銚子大滝の氷瀑などを見に行く「氷瀑ライトアップツアー」(宿泊者限定)。ライトアップはシャトルバスが通ったときにしか照射されないので、ツアーに参加した人だけの特別な光景(2018年3月18日まで)。
  • 氷柱が美しい雲井の滝までシャトルバスで巡る「冬の奥入瀬渓流ガイドツアー」(宿泊者限定)。ネイチャーガイドが案内してくれる(2018年3月29日まで)。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング