無造作で豪快な、亜希流「巻く・はおる」アイテム 五選

2017年10月22日
ストールを首もとにあしらう姿がトレードマークともいえるほど。巻きもの使いに昔から定評がある亜希さん。そのスタイルがアラフィーになった今、激変。もっと無造作に豪快に。亜希流「巻く・はおる」の今をフィーチャー!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.ムートンの白ストール
「まさに、ガバッと、バサッと、巻いたりはおったり。今の気分を象徴してくれるようなタフさにひと目惚れしたムートンストール。ドレスアップからデニムスタイルまで幅広く使えるところもいい。今日は、プリント柄ワンピにウエスタンブーツを合わせ、ミックス感を楽しみます。」

黒のトリミングとウールの裏地で、どこかカジュアル顔に仕上がったムートンストール。数カ所に配置されたスナップボタンをとめれば、ショールのような使い方も楽しめる。

ストール¥28,000/ボウルズ(ハイク)ワンピース¥36,000/ショールーム セッション(マリハ) ブレスレット¥4,500・手首に巻いたネックレス¥12,000/ピッコログランデ(セルジュ) リング¥29,000・靴¥28,000/チャオパニック・カントリーモール(ヴィンテージ)
2.イエローのファーストール
「ファーのストールなんて、以前の私なら考えられなかったチョイス。でも、無難な色ではなく、あえてイエローを選び、遊び心たっぷりに、ガバッと巻くと考えたら、急にイメージがわいて。カジュアルなコーデュロイのオールインワンと一緒に、元気いっぱい、やんちゃな着こなしに。」

ゴージャスすぎないほどよいボリューム感で、特別なシーンにはもちろんのこと、日常使いにもぴったりのファーストール。上品なイエローは、ネイビーをはじめ、ベーシックカラーとの相性がいい色。

ストール¥100,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) オールインワン¥69,000/ショールーム セッション(サヤカ デイヴィス) バングル¥52,000/フラッパーズ(アロン)
3.シルク素材のスカーフ
「以前は、ちょっと穴があいちゃった薄手のカシミヤストールを、ヘッド巻き用として使っていたんです(笑)。今は気分が変わって、シルクのプリントスカーフを頭に。おかげでこんなきれいめコーデも生まれ、おしゃれの幅がぐっと広がった気がします。」

何パターンもの柄をリズミカルに配した、グリーンベースのスカーフを、旬のジャケットスタイルと一緒に。

スカーフ¥16,000/フラッパーズ(マニプリ) ジャケット¥74,000/アマン(アンスクリア) ニット¥32,000/ビューティフル ピープル 青山店(ビューティフル ピープル) パン
ツ¥32,000/ebure リング¥145,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥89,000/ベータ(エド ロバート ジャドソン)
4.ヴィンテージカーディガン
「撮影中に、ヘアメイクさんにもライターさんにも、「亜希さんの花柄って珍しい!」っていわれたのですが、これは花柄が気に入ったというよりも、とにかく、この懐かしさがたまらなくいとおしくて。そう、子供のころに持っていたチョッキみたいな感覚かな。」

小さめのサイズ感がキュートな花柄モチーフのカーディガンをちょこんと肩がけ。チュール素材のマルチカラースカートをコーディネートして、全身のテイストをヴィンテージライクに統一。

カーディガン¥22,000/チャオパニック・カントリーモール(ヴィンテージ) キャミソール¥18,000/マスターピースショールーム(サイ) スカート¥518,000/ロンハーマン(ボニー ヤング)
5.赤のチェックストール
「最後の一枚は、ピンクのストールという候補もあったのですが、散々迷った末、結局、私らしい赤のチェックストールに決定。昔だったら首もとにぐるっと巻いていたかな。でも今は、毛布みたいにバサッと無造作にはおるのが気分。これだけでも決まるのが、赤がもつ底力。」


赤、ダークグレー、ライトグレーを効果的に配置したブロックチェックのカシミヤストールを主役に、同系色のコーディネートでメンズライクにまとめて。

ストール¥62,000/ゲストリスト(ジョンストンズ×ハウント別注/ハウント代官山) シャツ¥65,000/ロンハーマン(クリスティン アルカレイ) パンツ¥90,000/ビューティフル ピープル 青山店(ビューティフル ピープル) メガネ¥34,000/フォレストパイン・デザインラボ(パイン) リング¥18,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(KAORU) 靴¥68,000/ボウルズ(ハイク)

What's New新着記事

  • エクラ世代スタッフが推薦! 一番の「私的お気に入りブランド」 五選

    "大人のための服づくり"を掲げるブランドが続々登場する中での、正直な「今、一番の私的お気に入り」を取材。5つの推薦文からわかるのは「好きなものは変えなくていい。似合うブランドを見つければいい!」というメッセージ。ぜひ響くブランドを見つけて!

    eclat五選

    2018年10月18日

  • コンシーラーで解決! たるみ消しスポット 五選

    コンシーラーがあれば、実は簡単に「たるみ消し」も可能! ヘア&メイクアップアーティストの広瀬あつこさんいわく、エクラ世代にこそコンシーラーを使ってほしいとか。「シミ、毛穴、くすみを消すのに使ってる人が多いと思うのですが、それだけではもったいない。うまく使えば、実はたるみまで消せるんです!」。ポイントはつけすぎないこと。たるみの始点の影だけを消すイメージで、コンシーラーを最小限に置き、薄くのばすだけ。つけすぎるとヨレたり、肌から浮いてしまうから。これからは、コンシーラーで、簡単にリフトアップ!

    eclat五選

    2018年10月17日

  • 大人のためのソウル旅②伝統韓食の進化系&本当においしいお肉の店 五選

    今、ソウルの「食」はどうなっている? コースで楽しめる伝統韓食の進化系に、ワイン持ち込みOKのお肉の店。ソウルの味を大人の目線で味わえるホットスポットをご紹介。

    eclat五選

    2018年10月15日

  • 大人のためのソウル旅① 韓医学メソッドでほどける体と心 五選

    韓医学メソッドとは韓国で独自の発展を遂げた東洋医学に基づく美容健康法。揉む、流す、温めるの施術で美を整えてくれる、日本人でも安心の5軒を、韓国ツウのライターNが体験ルポで紹介。最新コスメ情報もお届け!

    eclat五選

    2018年10月15日

  • おしゃれプロが責任リコメンド! 今、買いたいブランド 五選

    誌面づくりに携わるリアル・エクラ世代の面々。一歩先をいくファッション情報に精通している彼女たちが、本当に気に入って愛用しているブランドは? "大人のための服づくり"を掲げるブランドが続々登場する中での、正直な「今、一番の私的お気に入り」を取材。

    eclat五選

    2018年10月14日

FEATURE
ランキング