50代のための紅葉スポット!④歴史探訪、ロマンチックに!

2017年10月24日
エクラ世代にうれしい紅葉スポット情報第4弾は、歴史ロマンに浸りながらゆったりと散策できる穴場スポット2か所をご紹介。夫やパートナー、気心の知れた女友達としみじみ秋を味わって。
旧古河庭園。紅葉の奥に瀟洒な洋館が。
特に計画せず、思い立ったときに近隣の紅葉を見に出かけるという、チームJマダムのKさん。

「フラッと訪れるのに最適なのが、東京の北部に点在する六義園や小石川後楽園、小石川植物園などの歴史ある庭園です」

それらの中でも特におすすめなのが、旧古河庭園だそう。

「小高い丘に建つ洋館と洋風庭園、日本庭園が楽しめ、歴史と異国情緒を一度に味わえます。大人の散策にぴったりですよ!」

鹿鳴館と同じ英国人建築家による洋館に紅葉が映える。11月はバラも楽しめる。

旧古河庭園
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index034.html
三渓園。園内には歴史的建造物が点在。
横浜の三渓園も、東京からすぐ行ける紅葉の名所。横浜の穴場スポットに詳しいUさんによると、「日本の庭園と建築が堪能できる大人の空間です」だそう。明治期に開園した約17万㎡の広大な庭園で、京都などから移築された歴史的建造物が点在する。

「秋に特別公開される建物の紅葉が美しいと聞いたので、今年は予定を立てて行くつもり」

横浜駅、根岸駅、桜木町駅、元町・中華街駅からバスあり。

三渓園
http://www.sankeien.or.jp/

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

  • アラフィー女性のホンネ:やってみたら、意外と簡単だったこと①

    「無理」、「できるわけない」、「恥ずかしい」とあきらめていたことに思い切って挑戦してみたら意外と簡単で、気持ちまで前向きに……そんなチームJマダムたちの”プチトライ”を公開! マンネリ気味な日常から抜け出すヒントがもらえそうだ。

    Jマダム通信

    2018年8月11日

  • アラフィー女性のホンネ:ああ、懐かしのバブル時代②

    華やかなりしバブル時代、そして若かりしあの頃を振り返る第2弾。チームJマダムのみなさんは、どんな時に「自分はバブル世代だな」と思うのだろう。「あるある」から世代論的なコメントまで、なかなか興味深い回答が寄せられた。

    Jマダム通信

    2018年7月28日

FEATURE
ランキング