50代のための紅葉スポット!④歴史探訪、ロマンチックに!

エクラ世代にうれしい紅葉スポット情報第4弾は、歴史ロマンに浸りながらゆったりと散策できる穴場スポット2か所をご紹介。夫やパートナー、気心の知れた女友達としみじみ秋を味わって。
50代のための紅葉スポット!④歴史探訪、ロマンチックに!_1_1
旧古河庭園。紅葉の奥に瀟洒な洋館が。
特に計画せず、思い立ったときに近隣の紅葉を見に出かけるという、チームJマダムのKさん。

「フラッと訪れるのに最適なのが、東京の北部に点在する六義園や小石川後楽園、小石川植物園などの歴史ある庭園です」

それらの中でも特におすすめなのが、旧古河庭園だそう。

「小高い丘に建つ洋館と洋風庭園、日本庭園が楽しめ、歴史と異国情緒を一度に味わえます。大人の散策にぴったりですよ!」

鹿鳴館と同じ英国人建築家による洋館に紅葉が映える。11月はバラも楽しめる。

旧古河庭園
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index034.html
50代のための紅葉スポット!④歴史探訪、ロマンチックに!_1_2
三渓園。園内には歴史的建造物が点在。
横浜の三渓園も、東京からすぐ行ける紅葉の名所。横浜の穴場スポットに詳しいUさんによると、「日本の庭園と建築が堪能できる大人の空間です」だそう。明治期に開園した約17万㎡の広大な庭園で、京都などから移築された歴史的建造物が点在する。

「秋に特別公開される建物の紅葉が美しいと聞いたので、今年は予定を立てて行くつもり」

横浜駅、根岸駅、桜木町駅、元町・中華街駅からバスあり。

三渓園
http://www.sankeien.or.jp/

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

  • アラフィー女性のホンネ:アラフィーになって、新たにチャレンジしていること

    アラフォーから始めてよかったこと、始めておけばよかったことを振り返ってもらった今回のアンケート。さまざまな反省を踏まえ、あるいは気持ちも新たに、「アラフィーになってからチャレンジしていること」についても聞いてみた。

    Jマダム通信

    2019年3月9日

FEATURE
ランキング