次に欲しいのはこれ!パートナーと楽しむ「銀座スニーカー」 五選

2017年11月4日
スニーカーで銀座へ行くなら!? 今までのカジュアルとは一線を画す、特別な何かが必要だ。おしゃれを格上げして気分よく堂々と振る舞うことのできる、そんな一足を「銀座スニーカー」と命名。新しい視点は今後のスニーカー選びの指針になる!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.タウン歩きはシンプルシックな美フォルムをチョイス
星モチーフやロゴなど、キャッチーなデザインでシーズンを追うごとに人気沸騰のサンローラン。シルバーラメが輝くシューレースが映える黒レザーは、履き口の後ろに唇のワンポイントつき。スッと伸びたスマートなノーズがパンツの足もとをシックにまとめてくれる。彼のホワイトレザーは人気の定番。

(右)スニーカー¥100,000・ブルゾン¥250,000・シャツ¥106,000・パンツ¥165,000・ボウタイ¥32,000・バッグ¥235,000・(左)スニーカー¥65,000・コート¥333,000・シャツ¥85,000・パンツ¥68,000/イヴ・サンローラン(サンローラン)
2.ホワイトレザーをミンクとスタッズでアップデート
都心にいながら、空と光が感じられる気持ちのいいオープンテラスの一角にある、知る人ぞ知るプールサイド風のパブリックスペースへ! 面テープでとめる甲部分をパステルブルーのミンクで飾ったチャーミングな一足。ブランドのアイコン、スタッズが輝く上品なインパクトは、主役級の存在感。デニムでカジュアルはもちろん、クールなパンツも辛口に決まる。

スニーカー¥132,000・バッグ¥225,000(ともにヴァレンティノ ガラヴァーニ)・コート¥383,000・ニット¥200,000・パンツ143,000(ヴァレンティノ)/以上ヴァレンティノ インフォメーションデスク
3.冬のワントーンに活躍するミルキーベージュに注目
ライカカメラ直営店のギャラリーに立ち寄り。ワントーンコーデを意識しつつ、シューレースの黒が着こなしを引き締めアクセントに。

(右)スニーカー¥64,000/ゴールデン グース デラックス ブランド 青山(ゴールデン グース デラックス ブランド) コート¥50,000・ニット¥62,000・パンツ¥25,000/エストネーション ピアス¥35,500/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥360,000・ファーハンドル¥58,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) (左)スニーカー¥48,000(ソロヴィエール)・コート¥158,000(ラルディーニ)/以上エストネーション ニット¥31,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) メガネ¥36,000/ブリンク ベース(サヴィル ロウ)
4.着こなしの主役を張るハイカット+ダブルファーでGINZA SIXへ
2本のファーベルトが目をひくハイカットは、コートに合わせたくなるボリューム。ふわふわの素材感がムートンとリンクして、大人かわいい足もとに。スカートとも好相性。

スニーカー¥115,000/ブルーベル・ジャパン(ジュゼッペ ザノッティ) ジャケット¥158,000/ボウルズ(ハイク) ニット¥68,000/コロネット(フォルテ フォルテ) スカート¥72,000/マディソンブルー ピアス¥164,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム)
5.トレンドを意識するならカーキ×ブラックに決まり
甘味料を加えず完熟バナナと牛乳、または豆乳だけで作るバナナジュース専門店、「バナナジュース」でひと休み。大人配色のスニーカーがカジュアルな着こなしを新鮮に。

スニーカー¥20,000/アディダスグループお客様窓口(アディダス オリジナルス) ニットコート¥118,000/コロネット(フォルテ フォルテ) ニット¥32,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥27,000(サイベーシックス)・ベルト¥13,000(サイ)/以上マスターピースショールーム サングラス¥33,000/ブリンク ベース(エナロイド) イヤリング¥34,000/トゥモローランド(シャルロット・シェネ) ブレスレット¥18,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(フィリップ オーディベール) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

What's New新着記事

  • おいしい食材を使った旬のグルメNEWS 五選

    eclat3月号では、素材を引き立てるシンプルな味付けが魅力の『荒木町 たつや』、九州の食材の魅力を最大限に引き出す『リストランテ Kubotsu』、米にとことんこだわって作られた日本酒『守破離 no title.』など最新のグルメ情報五つをご紹介。

    eclat五選

    2018年2月21日

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

    「最近どうもデニムが似合わない」そんなモヤモヤを抱えているなら、ぜひブラックデニムを取り入れてみてほしい。インディゴにはないスタイリッシュさ、下半身をすっきりと細見えさせてくれるシャープさ、デニムならではのこなれ感はエクラ世代にこそうれしい要素。今どきなブラックデニムが一本あれば、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング