日常の感謝は〇〇で伝えるのがJマダム流!

日ごろのちょっとしたお礼を友人や知人に伝えたいとき、Jマダムたちが活用しているのが〇〇。その中でもダントツで人気だったのが…⁉ Jマダムたちの流儀に迫る!
日常の感謝は〇〇で伝えるのがJマダム流!_1_1
自宅まで車で送ってもらったり、久しぶりのランチのために時間をやりくりしてくれたり。身近な友人や知人に日ごろの感謝の気持ちを表すとしたら、どうやって?
チームJマダムの面々にそんな質問をしてみたところ、ダントツ1位だったのが「プチギフトを渡す」(40%)。プチギフトとは、相手が気負わずに受け取ってくれるようなちょっとした贈り物のこと。続いて多かったのが、「旅行後にお土産を渡す」(25%)。3位は「日常より1ランク上のレストランでランチをご馳走する」(16%)だった。
ちなみに、プチギフトを贈った経験について聞くと、「贈ったことがない」人はなんとゼロ。「よく贈る」人は半数以上の58%、「たまに贈る」人は36%いた。Jマダムたちの間ではプチギフト文化が根付いているようだ。

日常の感謝は〇〇で伝えるのがJマダム流!_1_2
Jマダムたちの間でプチギフトといえば、いったいどんなアイテムが人気なのか?
それを聞いたのが上のグラフ。圧倒的な大差で1位に輝いたのが、「スイーツ」(42ポイント)。その内訳をみてみると、「デパ地下スイーツ」や「お取り寄せスイーツ」をおさえて「地元の人気店のスイーツ」が人気だった。味をよく知っていて自信をもって贈れるし、いつでもすぐ手に入る利便性のよさが評価されているのかも。
2位の「美容・入浴グッズ」(15ポイント)では、人気ブランドのネイルや入浴剤、フェイスパックなどがあがっていた。値段が手ごろで相手に気を遣わせないし、話題性もある贈り物として重宝されているようだ。
日常の感謝は〇〇で伝えるのがJマダム流!_1_3
Jマダムたちがどんな商品を贈っているのか、具体例を聞いてみよう。
「子どもがいる人には、家族みんなで食べられるようなクッキーの詰め合わせを選びます」(Iさん)「人気カフェのプリペイドカード。実用的だし、自分ももらったらうれしいので」(Hさん)「お花屋さんで見つけたソープフラワー。見てきれい、使ってもきれいになれる、女性が喜ぶギフト」(Aさん)「インテリア雑貨店のプチスイーツは、パッケージがおしゃれなのでよく利用しています」(Kさん)「フェイスパック、ハンドクリーム、入浴剤は皆さん喜んでくれますね」(Sさん)「緑茶や紅茶のティーパック。あまり好き嫌いがないし、軽いので相手の負担にもならないかと」(Kさん)
相手が喜んでくれてこその、プチギフト。感謝の押し付けにならないよう気遣いができるのが、多くの経験を積んできたJマダムならではの美徳なのかも。

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

  • アラフィー女性のホンネ:アラフィーになって、新たにチャレンジしていること

    アラフォーから始めてよかったこと、始めておけばよかったことを振り返ってもらった今回のアンケート。さまざまな反省を踏まえ、あるいは気持ちも新たに、「アラフィーになってからチャレンジしていること」についても聞いてみた。

    Jマダム通信

    2019年3月9日

FEATURE
ランキング