キラリと光るプチギフト①年始にぴったり! 日本の伝統菓子

2018年1月2日
ちょっとしたお礼や挨拶に贈るプチギフト。日本の職人技が光る伝統菓子なら、親しい親戚への手土産や友人との新年会にぴったり! 手土産自慢のJマダムふたりが提案する。
冬になると体調を崩しがちな目上の人が多いのが気になっているというMさん。折を見てそんなかたに贈るのが、『吉野拾遺』という吉野屑で作られた葛湯。

「何年か前に知人からいただいたとき、葛湯と聞いてもピンとこなかったのですが、実際にいただいてみると甘すぎなくてとてもおいしく、体がポカポカと温まって幸せな気分に。それ以来、冬のちょっとしたお礼や、疲れぎみ、風邪ぎみのかたなどによくさし上げています」

熱湯を注いで混ぜるだけで、上品な甘さの滋養に富んだ葛湯に。

吉野拾遺/松屋本店
8個入り ¥1010(税込)ほか。
http://www.yoshinoshui.com/
話題のスイーツは必ず食べに行くというSさんのおすすめは、『霜ばしら』という繊細な飴細工。

「白いらくがん粉の中に、本物の霜柱のようにキラキラ輝いて見える薄い飴細工。舌の上でサラサラと溶けてなくなってしまうはかなさをぜひ体験してほしいと、いろいろなかたにさし上げています。皆さん口をそろえて、「初めての食感!」と驚かれますよ」

仙台で300年以上続く老舗菓子処の逸品。10月~翌年4月までの冬季限定商品。
手作り品のため発送に時間がかかる場合も。

霜ばしら/九重本舗玉澤
1缶 ¥2052(税込)ほか。
http://www.tamazawa.jp/

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:2018年 うれしかったこと、トホホだったこと①

    北の国から雪の便りが届くようになり、街にはクリスマスのイルミネーションが輝いて、いよいよ師走らしくなってきた。2018年は、チームJマダムのみなさんにとってどんな1年だったのだろう。まずは、「トホホだったこと」。あちこちから「あるある」「わかるわ〜」の声が聞こえてきそうだ。

    Jマダム通信

    2018年12月8日

  • アラフィー女性のホンネ:老後、夫とふたりきりの生活に不安はある?

    前回に続き、夫のリタイア後について。「不安」はないか聞いてみると、アラフィーというのは、夫との関係性はもちろん、自分の人生についてあらためて考え直す時期なのだなあと実感する結果となった。

    Jマダム通信

    2018年11月24日

  • アラフィー女性のホンネ:「夫とふたりきり」の生活になったらしたいこと

    ふと気がつけば街の樹々の葉も色づきはじめていて、季節はすっかり秋。夜が長くなると考えごとをする余裕もでてきたのでは? そこで、みなさんに聞いてみました。「夫のリタイア後、何をしたい?」

    Jマダム通信

    2018年11月10日

  • アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言

    ハロウィンが近づいてきて、街にはカボチャやおばけがいっぱい。さすがにもう、子どもたちのように怖がることはないけれど、大人の社会にはもっと背筋の凍るようなことが……。Jマダムたちの心を凍りつかせた一言について、聞いてみた。

    Jマダム通信

    2018年10月27日

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

FEATURE
ランキング