「次に来る!」おしゃれプロがリアルに買い足した最旬服 五選

2018年1月8日
ワードローブの新陳代謝に欠かせない旬アイテムの買い足し。"来る服"の候補探しに役立てて。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.久しぶりに手がのびたキャメルのニット
(エディター・ライター宮崎桃代さん)
「黒やグレーの服が多いクロゼットに今季、キャメルのニットを投入。小柄な私にはチャレンジングなボリュームなので、頼れる黒の細身パンツとパンプスを合わせます。コートはビッグフォルムのチェスターをはおり、ニットだけキャメルでほかは全部黒。大きめのピアスをして’90年愛たっぷりに着こなす予定」。

¥34,000/モールド(チノ)
2.ピンクカシミヤのほめられニット
(エクラ編集部U)
「久しぶりにピンクが着たくて、ベーシックなVネックニットを選びました。スカートに合わせると甘さが出てしまうので、デニムやワイドパンツなどマニッシュなパンツで着こなします。着ていると"いいね"と声をかけられて気持ちも上がりますね」。

¥46,000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ ロンドン)
3.環境に優しいサングラスをコートスタイルのポイントに
(エディター・ライター向井真樹さん)
「キャラメル色の上品フレームにひと目惚れ。ドイツ、フレアー社のサングラスは、ノンアレルギー素材や工業廃水を出さない生産工程を大事にしながら、職人が一本一本ハンドクラフトで仕上げていると聞いて感激。ねじを使っていないので驚きの軽さ。冬のサングラスの素敵さを極めます」。

¥39,600/ミーティングポイントスクェアー(フレアー)
4.モードとカジュアルの二面性をアクセントに
(スタイリスト青木貴子さん)
「シンプルなセーターにニットのロングスカートという、ロング&リーンスタイルに持ちたいリバーシブルのムートントート。レザーを表にするとモード、ムートンのときはカジュアルと、かなり雰囲気が変わるので毎日手がのびてしまいます。コートの上からでも肩かけできるのもうれしい」。

¥55,000/ストラスブルゴ(ファーリング バイ ギアーニ)
5.ネイビーコーデにカラーベルトを斜めがけ
(アパルトモン ショップ プレス西川知子さん)
「単品はベーシックですが、小物使いやレイヤードのバランスで今年らしいスタイルを楽しみたいと思います。トラッドカラーにトラのモチーフが輝くベルトを斜めがけにしましたが、バッグにストラップとしてつけても楽しめます。こんな遊びも大人ならではですね」。

ニット¥139,000(ケイト)・ロングシャツ¥29,000(リジエール)・パンツ¥36,000(アパルトモン)・斜めがけしたベルト¥22,000(ガブリエレ フランツェン)/以上アパルトモン 東京店

What's New新着記事

  • 隠れ家の趣き タイ チェンマイのラーンナースタイルホテル 5選

    東南アジアで一番人気を誇る観光国タイは、4つの地域に分けられる。ビーチリゾートに恵まれた南部タイ、首都バンコクを含む中部タイ、イーサンと呼ばれる東北部タイ、そしてチェンマイを中心とする北部タイ。クメールやモン文化の影響を受けている他の3つの地域とは異なり、北部タイには13世紀末から16世紀の中頃まで断続的に続いたラーンナー王朝の影響が色濃く残されている。ラーンナー王朝は、チェンマイを首都に定め、豊かな土壌に恵まれて米作が盛んになり、仏教を信仰して多くの寺院を建立した。なだらかなカーブを描く大きな屋根を特徴とする寺院建築や、独特のテキスタイル、クラフトなど、その総称がラーンナー文化と呼ばれている。1995年、このラーンナースタイルの寺院建築をホテルデザインに取り入れたフォーシーズンズ チェンマイがオープン。これが起爆剤となり、次々にラーンナースタイルのホテルや、西洋建築と融合したラーンナーコロニアルのホテルが誕生した。いまやその数50軒を越えるが、そのなかから、隠れ家の趣きがある、ゲストたちに好評な5軒をセレクトした。

    eclat五選

    2018年1月15日

  • 品格小物と美脚靴でワンランク上の装い、今夜はデニムでレストラン 五選

    デニムがファッションとしての地位を確立した今、ドレスアップする場面でもデニムが市民権を獲得。デニムをはきこなしてきたエクラ世代だからこそ楽しめる、きちんと感とこなれ感のある大人な上質コーディネートで、さあ、レストランへ出かけよう!

    eclat五選

    2018年1月15日

  • パリ&ミラノマダムたちは、パワーのある「赤」に夢中だった! 五選

    2017年は、バッグで「赤」を取り入れていたヨーロッパマダムたち。この冬は主役級アイテムで、よりパワフルな「赤」が好まれている傾向に。「赤」の効力でさらにおしゃれが加速中!

    eclat五選

    2018年1月13日

  • お箸がとまらない! ワタナベマキさんが教える、香りでメリハリをきかせた和の「香り鍋」五選

    スープはシンプルな味付けにして、香味野菜や柑橘類の香りでメリハリをきかせるのが今どきの“香り鍋”。eclat2月号では料理家のワタナベマキさんがレモン鍋・梅干し鍋・柚子こしょうすき焼き・柑橘鍋・塩鍋の作り方をご紹介。

    eclat五選

    2018年1月12日

  • 女らしさが際立つ、大人の個性派ウォッチ 五選

    今、注目するなら、女らしさをきわだたせる時計。文字どおりの"フェミニンさ"だけでなく、女性が身につけることでつややかに見える名品も存在する。大人っぽく時計を装いたいなら、ベルトと文字盤が同系色のワントーン。「女らしさ」の大本命には、小さく上質なダイヤモンドウォッチなど、とっておきの美時計を厳選!

    eclat五選

    2018年1月11日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング