ごはんにぴったり 奈良県醤油工業協同組合ひしおの会の「古代ひしお」

2016年8月29日
古文書や記録を読み解いて再現された古代ひしお。黒大豆、大麦、食塩、こうりゃんを発酵させた香り高い風味が特長。
奈良時代、平城宮の貴族たちは「塩、酢、酒、ひしお」を小皿に入れ、全国から送られてきた魚や肉、野菜などの山海の幸を食べていたのだとか。さまざまな古文書や記録を読み解き、このひしおを再現。黒大豆、大麦、食塩、こうりゃんを発酵させ、醤油や味噌とも異なる香り高い一品に。刺身、あえもの、肉や魚料理、ごはんに。
90g ¥1,429 
●奈良県天理市二階堂上ノ庄町274の8 ☎0745・75・2887

What's New新着記事

FEATURE
ランキング