パリ&ミラノでキャッチ!白革スニーカー&個性派スニーカー 五選

2018年1月28日
こなれた足もとをつくる白革スニーカーは、もはやマダムの定番。スポーティブランドのものよりも、上質なワンポイントが加わったハイブランドのものに人気がシフトしている模様。くわえて、根強いスニーカー支持者たちの進化傾向は、柄・色・デザインへと向かい、マダムの足もとはますます個性的に。スリッポンからハイカットまで、デザインもさまざま!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.白革スニーカー@PARIS
アンヌ(ファイナンス関係勤務)
動きに合わせて揺れるネイビーのマキシ丈のプリーツスカートに、上品なベージュのマントをさらりとオン。シンプルでも存在感のあるワンツーコーデの足もとにスタイリッシュなゴールデングースのスニーカーがマッチ。
2.白革スニーカー@PARIS
アニー(ネイリスト)
インナーからアウター、その上にはおったニットまでもがネイビーという、リズミカルなワントーン。その足もとに効かせた白のレザースニーカーはマーク ジェイコブス。ほどよいボリュームでこなれ感をプラス。
3.白革スニーカー@PARIS
タリー(ブランド経営)
ヘアカラーに近い明るめのベージュをポイントにした、上品なデニムカジュアルが素敵なマダムは、グッチの白スニーカーをチョイス。ロック調にアレンジされたウェブストライプが、ラフなスタイリング足もとからを華やがせて。
4.個性派スニーカー@MILANO
カルメン(グラフィックデザイナー)
長めコートと短めジャケットのドッキングアウターはマルニ。白襟が清楚なトップスに、ジョガーパンツとネイビーでまとめた個性的なモードスタイルのマダム。ザディグエヴォルテールのパンチあるスニーカーで遊び心を。
5.個性派スニーカー@MILANO
エマヌエル(ファブリックリサーチャー)
かつてのオートクチュールメゾンで、プレタポルテを展開するヴィオネのコートに、ジル・サンダーのバッグを合わせていたマダム。アディダスのスニーカーを一点投入し、洗練されたカジュアルスタイルに仕上げたテクが素敵。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング