春のスカートスタイルで差をつけたいなら、こだわりカラーのマニッシュ靴を投入 五選

2018年3月4日
パンプスやサンダルと並んでエクラ世代のワードローブに欠かせないのが、レースアップやローファーなどのマニッシュ靴。今春はあえてミモレ丈のスカートに合わせて。ほんの少しひねりのあるカラーを選んで春らしさを極めたい。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.端正なマニッシュ靴をあえてスカートに合わせて
バーガンディとブラックの2色使いが特徴。しかも内側は、驚くほど美しいブルーグリーン。脱いでも自慢できそうなこだわり靴。過剰にフェミニンなパンプスよりも、
女性らしさをきわだたせてくれるといううれしい効果が!

靴(H2.5)¥188,000/ドゥロワー 青山店(エドワード・グリーン)
2.白の細身だから、マニッシュなのにエレガント
細身シルエットにトラッドなブローギングが施され、スカートに合わせやすいマニッシュすぎない一足。

靴(H1)¥112,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) ワンピース¥49,000(アンスクリア)・ベルト¥12,000(参考価格・アンボワーズ)/以上アマン バングル¥160,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(アリアナ ブッサード) バッグ¥138,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
3.ソックスとの相性もいいメタリックなローファー
ほっそりとしたロングノーズのローファーはトラディショナルなタッセルつき。メタリックシルバーが個性的。

靴(H2.5)¥63,000/チャーチ 表参道店(チャーチ)コート¥86,000/アマン(アンスクリア)ニット¥24,000/スローン スカート¥23,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ラヴァンチュール マルティニーク)バッグ¥14,800/ショールーム セッション(ヤーキ) ソックス¥3,800/アングローバル(マーガレット・ハウエル)

4.紺ローファーで完成させる上品な街マリン
紫がかったネイビーがほかにはない個性を感じさせる端正なローファー。ホワイトのミディ丈スカートに合わせて、春らしい大人マリンスタイルを目ざしたい。

靴(H1.5)¥80,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) ニット¥90,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) スカート¥32,000/ebure(エブール) バングル¥46,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(ガブリエラ アーティガス) バッグ¥69,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(メゾン ボワネ)
5.ソールの色とのバランスが春らしい横顔に
ストライプのシャツ×膝下丈タイトスカートにはパンプスを合わせず、あえて明るいブラウンのローファーでこなれた印象に。ホワイトのソール、さらにヒール部分のブラウンとの色の割合が絶妙で、立ち姿に個性を与えてくれる素敵な一足。

靴(H2.5)¥74,000・バッグ¥236,000/トッズ・ジャパン(トッズ) シャツ¥22,000/wb スカート(共布リボンベルトつき)¥58,000/ヨシエ イナバ

What's New新着記事

FEATURE
ランキング