インテリアのグリーン②スワッグの余りもミニコーナーで活躍!

2018年3月13日
流行のスワッグやリースを作った後、残ったグリーンがもったいない! チームJマダムのSさんは、そんなグリーンも余すところなく活用している。そのアイデアを拝借!
ヒノキでスワッグを作ったSさん。たくさん余って処分するのも忍びない。かといって、長さが短いものばかりなので使い道に悩むところ。

「円柱形で背の低い透明の花器に水を張り、ヒノキをたっぷり束にしてストンと挿しておくだけでも絵になります。そしてもうひとつ、私はトイレの小さな飾り棚にもあしらってみました」

それが上の写真。ガラスの深皿に白い花留めを置き、そこにヒノキの葉を挿していく。これなら葉が短くても倒れる心配がないし、小さなコーナーでも収まりがいい。

「一緒にアロマスティックも置いていますが、ただガラス瓶を置くだけでは味気ないのでひと工夫。愛犬の散歩のときに拾い集めた小枝を輪切りにした木の上にグルーガンで接着して、鳥の巣のような形に。そこにガラス瓶を置き、背景にヒノキの葉をあしらいました。こうすると、ミニコーナーに森のような世界観が広がり、見ていて楽しくなります」

ちょっとしたアイデアとひと手間で、グリーンがもっと楽しくなる。小さなコーナーこそ、腕の見せ所なのかも。

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ;”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

  • アラフィー女性のホンネ:やってみたら、意外と簡単だったこと①

    「無理」、「できるわけない」、「恥ずかしい」とあきらめていたことに思い切って挑戦してみたら意外と簡単で、気持ちまで前向きに……そんなチームJマダムたちの”プチトライ”を公開! マンネリ気味な日常から抜け出すヒントがもらえそうだ。

    Jマダム通信

    2018年8月11日

  • アラフィー女性のホンネ:ああ、懐かしのバブル時代②

    華やかなりしバブル時代、そして若かりしあの頃を振り返る第2弾。チームJマダムのみなさんは、どんな時に「自分はバブル世代だな」と思うのだろう。「あるある」から世代論的なコメントまで、なかなか興味深い回答が寄せられた。

    Jマダム通信

    2018年7月28日

FEATURE
ランキング