50代女性のホンネ:ああ、涙のダイエット・成功編

2018年3月10日
3月に入り、寒さも少しゆるんできた今日この頃。街に春の服が並び始め、急にウエストまわりやフェイスラインが急に気になり出した人も多いはず。そこで、今回のテーマは「ダイエット」。まずは、成功編からまいりましょう。
回答を寄せてくれた方の9割が「ダイエットの経験あり」。その動機としては「着たい洋服を着たいから」が5割強。「どうも、洋服を着こなせなくなってきた」(MG・48歳)という人から、「大好きなスカートを久々にはこうと思ったらウエストのホックが止まらず。気がついたらそんな服ばかりで、たくさん買い換えることに(泣)」(FK・53歳)と経済的にダメージを受けてしまった人も。ほかに「同窓会」を挙げた人も多かった。アラフィーは、同級生からの「全然、変わらないね」のひと言がうれしいお年頃のようで。そしてその逆の反応は、ダイエット魂に火をつけるきっかけに。「2年前、高校の同窓会に出席した時。当時より約20キロ太っていたので、同級生たちにびっくりされて恥ずかしい思いをした」というHHさん(52歳)は、その後がんばって10キロダウンしたそう。体型維持に必要なのは、やはり「周囲の目」。それが好きな人の目ならいっそう……「憧れの人が、やせた女性が好きだったので。1年で5キロのダイエットに成功」(NC・50歳)。イェイ!
みんな、どんなダイエット法を実践していた(いる)の? 第1位は「食事制限」が全体の4割で、そのうち糖質制限が過半数だった。ほかに「夜8時以降は食べ物を口にしない」(KY・5歳)、「夕方6時以降はお水だけ」(KS・52歳)など夕食をセーブする、あるいは食べない、という人が2割。みなさん、王道を行っています。が、その一方で「ランニング、ゆで卵ダイエット、グローバルダイエット、シアーズ博士の『世にも美しいダイエット』、ヒルズダイエット、りんごダイエット、プロテインダイエット、タヒチアンダイエットなどなど、あらゆるダイエットを経験」(AT・44歳)、「たくさんやりすぎて、思い出せない(笑)」(YF・51歳)という人も全体の3割だったことをご報告。試行錯誤、紆余曲折、右往左往、悪戦苦闘……すべて「ダイエット」と読むのです!
では、ダイエットに成功する秘訣は何なのだろう。成功者たちから寄せられた声は大きく分けて3つ。1つめは「毎日、体重計に乗る」(KO・49歳)で全体の2割だった。とにかく毎日、体重を意識することが肝要のようで、中には「毎日鏡に全身を写し、現実を知る」(MK・53歳)という人も。2つめは「やせたい、キレイになりたいという強い意志のみ」(MK・51歳)で、それを支えるのは「イメージ」(SE・47歳)。「体重計の数字より『この服が着られる体型になる』を目標にしたほうが結果がでやすい」(MM・48歳)、「入らなくなったパンツを目につくところに掛けておき、それを履いてさっそうと歩く自分をイメージしていたら、それが現実に!」(YU・52歳)。ふむふむ、脳を使うことが大切なのね。そして3つめは「無理をしない」。ほかの2つの「自分に厳しく」とは裏腹のようだけど、「無理をすると必ずリバウンド。体調も崩します」(KH・52歳)、「年齢的にも、美しくやせることが大事かと。そのためにも無理は禁物」(FH・50歳)。一見、当たり前のように思えるこの結論は、さまざまな失敗から導き出されたもののよう。そこで次回は、「ダイエット失敗編」。どうぞお楽しみ(?)に。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング