どんなシーンでも素敵に!女らしさをアップするワンピース 五選

2018年4月15日
着るだけでおしゃれムードを高めてくれるワンピースは、エクラ世代にうってつけのマストピース。今季の豊富なバリエーションから選んだのは、長めの着丈と品のよさにこだわった、大人仕様。ウエストマークやプリント柄など、女らしさをグッと高めてくれる5着をご紹介。シーンごとの着こなしポイントも見逃せない!
どんなシーンでも素敵に!女らしさをアップするワンピース 五選_1_1-1

1/5

どんなシーンでも素敵に!女らしさをアップするワンピース 五選_1_1-2

2/5

どんなシーンでも素敵に!女らしさをアップするワンピース 五選_1_1-3

3/5

どんなシーンでも素敵に!女らしさをアップするワンピース 五選_1_1-4

4/5

どんなシーンでも素敵に!女らしさをアップするワンピース 五選_1_1-5

5/5

1. 週の初めはニュートラルカラーで気分を一新!
ゆったりとしたビッグフォルムをサッシュベルトできゅっと絞って着こなすデザインは、今季ワンピースのメインストリーム。リラックスした雰囲気とコンシャスな見た目が同時に手に入るので、大人には見逃せない流行。パリッとしたコットンは光沢もあり、ゆとりあるシルエットも小気味よく着られておすすめ。

ワンピース(共布ベルトつき)¥38,000・カットソー¥6,500/アングローバル(イレーヴ) ピアス¥17,000/ドレステリア 銀座店(ルーベル) バッグ¥35,000/レリタージュ マルティニーク(ドラゴン) 靴¥21,000/ビームス ハウス 丸の内(ル クラベ ルージュ)
2.大切な予定のある日はジャケットをオン!
ジャケットと合わせれば仕事にも。たっぷりのフレアが旬の一着は、リネン風なのに軽くてしなやかな素材と切りっぱなしを巧みに配したデザインが絶妙。エクラ世代の仕事着は、堅くなりすぎないスタイルでまろやかに。

ノースリーブのワンピース(共布ベルトつき)¥43,000/ビームス ハウス 丸の内(フォンデル) ジャケット¥79,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) バングル¥15,000/ヴェルメイユ パー イエナ 名古屋店(メゾン ボワネ) ノート¥10,000/トゥモローランド(スマイソン) バッグ¥448,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)
3.ロマンチック系は辛口カラーで大人の味わいに
ウエストをゴムとコードでゆるりとマークする、ボリュームあるデザインも今シーズンよく見られる流行のひとつ。愛らしく、しかも体型カバーもできるので大人には好都合。落ち感のあるスムーズな素材と辛口の色を選ぶのが、かっこよく着るコツ。こんな装いなら、突然のランチの誘いにもすぐに乗れる!

ワンピース¥28,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ラヴァンチュール マルティニーク) ピアス¥66,000/ドゥロワー 青山店(ソフィ ブハイ) バッグ¥20,000/ビームス ハウス 丸の内(ジャンニ ノターロ) 靴¥35,000/マルティニーク丸ノ内(チェンバー)
4.後輩との食事はプリントのロング丈で上品カジュアルに
さらりとした感触のコットンリネンなら甘いデザインもさわやか。ふわりと広がるすそもエレガントになりすぎず、かえってリラックスした雰囲気に。親しみやすさと愛嬌を着こなしでアピールするのも大人のテクニック。スポーティなジャケットをはおり、今季流の甘辛ミックスを実践して。今夜はカラオケまで付き合うわと、微笑もう。

ワンピース¥100,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) ジャケット¥75,000/エディション 表参道ヒルズ店(アンドレア ジャーペイリー) バッグ¥42,000/アマン(ペリーコ) 靴¥24,000/アングローバルショップ 表参道(スペルタ)
5.重ね着前提の透ける素材。
最新の装いで裏青山のショップへ
透ける素材で、両サイドには深いスリット。今季ははおるように着るオーバードレスタイプも大人気。シンプルなタンクに重ねて女らしく、デニムに重ねてモードにと進化したワンピース姿も楽しみたい。小花を散らしたシフォン素材で出かければ"流行をわかってるヒト"に見えるはず。リボンはベルトにしても。

ワンピース(共布リボンつき)¥26,000/ソレイアード 自由が丘店(ソレイアード)バングル¥16,000/ヴェルメイユ パー イエナ 名古屋店(ドミニク ドゥヌーヴ) バッグ¥30,000/ティアラ(ヴィゾーネ) 靴¥78,000/ドゥロワー 青山店(ニナリッチ)

What's New新着記事

  • 大人カジュアルに華を効かせる「フレッシュUPの赤リップ」 五選

    例えば、仲のいい女友だちとカフェ・ランチ、軽やかにおしゃれしてサロンでヘアカット、気軽な仲間と週末ドライブ旅行……。カジュアルシーンをフレッシュアップする赤を一本。

    eclat五選

    2019年3月22日

  • 大人に効く。今どき「しゃれ見えメガネ」 五選

    一本のメガネから、おしゃれの新たな可能性が見つかる。いつもの着こなしに、今っぽさが加算される。年齢に伴う顔の変化で、むしろ似合うメガネの幅は広がっていく。これは楽しんだほうが勝ち!

    eclat五選

    2019年3月20日

  • 着るだけで映えるのは“色だけ甘い”セミスイート・トップス 五選

    春の花を思わせるスイート色といえば、ピンク、ピーチ、イエロー、ラベンダー。リップやシャドウに使うカラーが大人をきれいに見せてくれる。形は甘さ抑えめに。着なれたシャツやシンプルな形のニットなら取り入れやすいはず。

    eclat五選

    2019年3月20日

  • 大人のファッションも肌も美しく魅せる「品ありベージュリップ」 五選

    「ヌーディなのに華があるのがベージュリップの魅力です」と、ヘア&メイクの千吉良恵子さん。でも、肌色に自信がもてない大人には難易度が高そう。「ほんのり血色を感じるピンクみのあるベージュを選ぶのがコツ。そして薄くなってきているアラフィーの唇に、厚みと潤い感を演出してくれるクリーミーな質感もマスト。この質感が、ベージュの特性であるきちんと感と、大人に必要な洗練された気品を引き出します」。

    eclat五選

    2019年3月19日

  • ポンとひと塗りで女らしく。「幸せ感を上げる赤リップ」 五選

    「肌色も印象もパーンと明るくする効果が一番高いのが赤リップ」と、ヘア&メイクの千吉良恵子さん。でも、悪目立ちしてしまうのではとなかなか気軽に使えないエクラ世代も少なくないよう。「透けるような軽い質感なら、カジュアルでフレッシュな印象に使えます。コーラルなどあいまいな色を使うより、キリッとクリアな赤を一本持っているほうが大人の味方に」。

    eclat五選

    2019年3月18日

FEATURE
ランキング